学部後期課程
HOME 学部後期課程 数理代数学
学内で開催されるオンライン授業の情報漏えい防止のため,2021年6月3日以降は授業カタログの更新を見合わせています

数理代数学

群と表現
群とは対称性を表す数学的概念であり、「群の表現」とは群による対称性を持った線型空間のことである。群とその表現を考えることによって、様々な数学的対象の対称性を線型代数を用いて統一的に把握することができる。このような方法論は、物理学や化学においても重要である。この講義では群についての簡単な解説から始めて、(有限)群の表現論を目標とする。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
08E1044
FAS-EA3B44L1
数理代数学
高木 俊輔
A1 A2
集中
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
講義使用言語
日本語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
教養学部
授業計画
以下の内容を扱う予定であるが、進度に応じて多少の変更はありえる。 (1) 群、部分群、剰余群 (2) 環と加群、準同型定理 (3) 群の表現 (4) 群の指標 (5) ヤング図形と対称群の表現
授業の方法
授業はZoomを用いたオンライン講義形式で行う。
成績評価方法
レポートによる。詳細は授業中もしくはITC-LMSにて指示する。
教科書
教科書は指定しない。
参考書
授業中に適宜紹介する。
履修上の注意
特になし。