学部後期課程
HOME 学部後期課程 量子力学II[数理自然科学コース]
学内のオンライン授業の情報漏洩防止のため,URLやアカウント、教室の記載は削除しております。
最終更新日:2023年10月20日

授業計画や教室は変更となる可能性があるため、必ずUTASで最新の情報を確認して下さい。
UTASにアクセスできない方は、担当教員または部局教務へお問い合わせ下さい。

量子力学II[数理自然科学コース]

量子力学 II Quantum mechanics II
量子力学 I の授業などで量子力学に触れている学生が量子力学の基礎を習得することを授業の目標とする。量子力学では状態や時間発展をどのように記述するか、角運動量の理論、結合定数が小さい場合の近似法、散乱問題などを説明する。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
08E1016
FAS-EA3B17L1
量子力学II[数理自然科学コース]
大川 祐司
S1 S2
金曜4限
マイリストに追加
マイリストから削除
講義使用言語
日本語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
教養学部
授業計画
予定している授業の章立ては以下の通りである。 1. 量子力学における状態と運動方程式 2. 角運動量 3. 近似法 4. 散乱
授業の方法
初回の4月7日は15時10分から Zoom を用いたオンライン授業を行う。 4月14日以降は対面での授業で、14時55分から15時10分までは質問に基づいたディスカッションの時間とし、15時10分からは黒板を用いた講義を行う。
成績評価方法
Sセメスターの終わりに実施する試験
教科書
指定しない。
参考書
J. J. サクライ「現代の量子力学(上)」吉岡書店 J. J. サクライ「現代の量子力学(下)」吉岡書店 猪木慶治・川合光「量子力学 I 」講談社 猪木慶治・川合光「量子力学 II 」講談社
履修上の注意
量子力学 I の授業などで量子力学に触れていることを前提とする。