学部後期課程
HOME 学部後期課程 特殊研究演習「ジェンダー論演習」
学内のオンライン授業の情報漏洩防止のため,URLやアカウント、教室の記載は削除しております。
最終更新日:2023年10月20日

授業計画や教室は変更となる可能性があるため、必ずUTASで最新の情報を確認して下さい。
UTASにアクセスできない方は、担当教員または部局教務へお問い合わせ下さい。

特殊研究演習「ジェンダー論演習」

ジェンダーとセクシュアリティの社会学
ジェンダーとセクシュアリティに関する基本的な文献を読み、議論をします。
出席者は毎回本を読んでくることと、学期中1回報告をすることが求められます。
活発に議論に参加することも条件です。
詳細については開講時に説明します。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
08C312205
FAS-CA4T23S1
特殊研究演習「ジェンダー論演習」
瀬地山 角
A1 A2
火曜4限
マイリストに追加
マイリストから削除
講義使用言語
日本語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
教養学部
授業計画
初回も対面です! 1回目は割り当てなどの相談があるため、対面で行います。 2回目は 『女性のいない民主主義』前田健太郎(岩波新書)を予定していますので、継続して参加される方は準備をしていてください。 あとは順不同で 『ジェンダー格差』牧野百恵(中公新書)→著者を招いてのセッション(10月中) 『日本のポストフェミニズム』菊地夏野 『その名を暴け』カンター&トゥーイー 『「家族の幸せ」の経済学』山口慎太郎 『愛の空間』もしくは『パンツが見える』井上章一 『BLの教科書』守如子ほか編 『往復書簡 限界から始まる』上野千鶴子・鈴木涼美 『炎上CMでよみとくジェンダー論』もしくは『ジェンダーとセクシュアリティでみる東アジア』瀬地山 などを予定しています。学生のみなさんと相談しながら適宜加除修正します。
授業の方法
感染状況の急激な悪化などがない限り、対面で行う予定です。
成績評価方法
出席、発表、討論、学期末のレポートで評価します。
教科書
特になし
参考書
開講時に相談の上指定
履修上の注意
English, Chinese and Korean speaking students are welcome and presentations and discussions can be done in English as well, but listening and reading proficiency in Japanese language is desirable to join this class.