学部後期課程
HOME 学部後期課程 ヨーロッパ政治論[ドイツ研究コース]
学内のオンライン授業の情報漏洩防止のため,URLやアカウントの記載は削除しております。
最終更新日:2022年10月20日

授業計画や教室は変更となる可能性があるため、必ずUTASで最新の情報を確認して下さい。

ヨーロッパ政治論[ドイツ研究コース]

EUの政治
EUの政治がどのように展開されるかについて主に制度と政策の視点から説明する。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
08C2338
FAS-CA4L05L1
ヨーロッパ政治論[ドイツ研究コース]
森井 裕一
S1 S2
火曜3限
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
駒場8号館 8-207
講義使用言語
日本語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
教養学部
授業計画
おおむね教科書に沿って進める。 1.イントロダクション:EUと複合危機 2.EUの歴史 3.制度と政策決定 4.規制をめぐる政治 5.EUガバナンスの変容 6.結束政策(地域開発) 7.農業と環境政策 8.域内市場政策 9.経済通貨同盟 10.社会政策、労働市場施策 11.移民・難民政策 12.治安と人の移動政策 13.貿易と対外政策 14. 共通外交安全保障政策 15.学修成果の確認
授業の方法
指定されたテキストを予習した上で、知識を深める。
成績評価方法
授業後にITC-LMSで毎回200字程度の課題提出(授業内容へのコメントなど)。 期末試験(感染症の状況により対面試験が困難であれば、期末レポート課題(4000字程度)の提出授業内で指示する)。
教科書
概ね以下の2020年に出版された教科書に沿って講義を進める。 Remona Coman, Amandine Crespy and Vivien A.Schmidt (eds.) Governance and Politics in the Post-Crisis European Union, Cambridge U.P, 2020. (ISBN-13 : 978-1108711777) Kindle版あり。 教科書が入手できなくても受講できるようにパワーポイントを用いて講義を行う予定。
参考書
遠藤乾編『原典 ヨーロッパ統合史ー史料と解説』名古屋大学出版会、2008年 森井裕一編『ヨーロッパの政治経済・入門【新版】』有斐閣、2022年
履修上の注意
ITC-LMSの指示を常に参照すること。