学部後期課程
HOME 学部後期課程 表象文化論特殊研究演習IV
学内のオンライン授業の情報漏洩防止のため,URLやアカウントの記載は削除しております。
最終更新日:2022年10月20日

授業計画や教室は変更となる可能性があるため、必ずUTASで最新の情報を確認して下さい。

表象文化論特殊研究演習IV

アフリカ系芸術論
この講義では、芸術論に「アフリカ系」という形容詞をつけているとおり、アフリカ系美術を対象とします。アフリカ系芸術の代表的なものは、儀式で使用される仮面、彫像です。仮面や彫像は、現代美術マーケットで高騰しており、数千万円から数億円という価格で取引されています。もちろん21世紀の「現代的」なアート作品もアフリカから発信されています。しかし、この授業でとらえる「アート」とは、そうしたファイン・アートの枠組みで、美術マーケットで高値をつけ、展覧会に展示されるものにとどまりません。いや、むしろ、そうした既成のアート観念を超えて、アフリカ系の文化的営為を捉えるものです。したがって、この授業で取り上げるアートとは、口頭伝承、音楽、ダンス、といったものを含みます。本講義は、民族学・文化人類学的アプローチと歴史学的アプローチをとりながら、アフリカ系文化の基礎とその伝播をたどり、もっとも根源的な水準で、アフリカ系芸術を「理解」することを目指します。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
08C1128
FAS-CA4C28S1
表象文化論特殊研究演習IV
中村 隆之
A1 A2
木曜5限
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
駒場8号館 8-207
講義使用言語
日本語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
教養学部
授業計画
以下のトピックを受講者の関心を加味しながら適宜扱います。 「アフリカの口承文化」「大西洋奴隷貿易とアフリカ文化の持続」「アメリカスにおけるアフリカ系宗教」「アメリカスにおけるダンスと音楽」「スピリチュアル、ブルース、ジャズ」「ブラック・ミュージック論」「アフリカ系文学論」「アフリカ美術の問題圏」
授業の方法
講義と演習。
成績評価方法
レポート。
教科書
特になし。各回に資料を配布。
参考書
特になし。
履修上の注意
特になし。