学部後期課程
HOME 学部後期課程 伝統芸能論I
学内のオンライン授業の情報漏洩防止のため,URLやアカウントの記載は削除しております。
最終更新日:2022年10月20日

授業計画や教室は変更となる可能性があるため、必ずUTASで最新の情報を確認して下さい。

伝統芸能論I

鬼の能を読むー「葵上」の世界ー
 能の中から、鬼を主人公とする作品を輪読形式で読んでいく。映像での導入の後、各自の発表では、言葉を精緻に読み込みながら、そこに描き出されている世界について、それぞれの関心に従って深く掘り下げてもらいたい。報告、議論を通じて、能の言葉や演劇としての特質とともに、能における鬼について考えることが目標である。
 まずは、『源氏物語』に取材した「葵上」をとりあげる。身ごもっている光源氏の正妻葵上にとりついてしまう高貴な才女、六条御息所の生き霊(鬼女)を主人公とした作品だ。能「葵上」は『源氏物語』を下敷きにしながらも、それとは異なる世界を描き出し、六条御息所の心の深淵に分け入り、また、「小書」を多様に持ちながら、演劇としてのさまざまな効果が模索されてきた。さらに、同作品は、三島由紀夫が近代能楽集中で「一等気に入ってゐる」という「葵上」や(「女の業」)、野田秀樹が日英二カ国、二カ国語で上演した『The Diver』に至るまで多くの近現代演劇にインスピレーションを与えてきた。現代でも随一の人気曲、能「葵上」の魅力に多角的に迫りたい。
なお、状況が許せば能楽堂で能楽鑑賞も行いたい。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
08C1111
FAS-CA4C11L1
伝統芸能論I
沖本 幸子
A1 A2
水曜3限
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
駒場14号館 605号室
講義使用言語
日本語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
教養学部
授業計画
①ガイダンス、②映像鑑賞「葵上」、③~⑫輪読、⑬まとめ
授業の方法
輪読形式。各自発表してもらう。
成績評価方法
発表および平常点
教科書
プリントで配布する
参考書
授業内で指示
履修上の注意
初回のガイダンス(オンライン)に出席すること。受講人数によっては扱う作品を増やしたり、形式を若干変更する可能性もある。