学部後期課程
HOME 学部後期課程 表象文化基礎論演習
学内のオンライン授業の情報漏洩防止のため,URLやアカウントの記載は削除しております。
最終更新日:2022年10月20日

授業計画や教室は変更となる可能性があるため、必ずUTASで最新の情報を確認して下さい。

表象文化基礎論演習

食べられそうになるとき
環境人文学の成立に大きな役割を果たしたオーストラリアの思想家ヴァル・プラムウッド(Val Plumwood, 1939-2008)は、1985年、国立公園でカヌーを漕いでいるところ、クロコダイルに襲われ、あやうく食べられそうになりながら、まさしく九死に一生を得た。この経験を出発点とする論攷を集めた著作『クロコダイルの眼』(The Eye of the Crocodile, 2013)を読みながら、捕食関係とその逆転——人間中心主義/人間例外主義とその逆転——について考える。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
08C1102
FAS-CA4C02S1
表象文化基礎論演習
森元 庸介
S1 S2
金曜3限
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
駒場8号館 8-209
講義使用言語
日本語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
教養学部
授業計画
初回はイントロダクション、以降は購読と討議。
授業の方法
上記のとおり。
成績評価方法
平常点とレポート。
教科書
Val Plum Wood, The Eye of the Crocodile, 2013.
参考書
授業中に考える。
履修上の注意
とくにない——が、わたくし自身ははこの問題系について、むしろおそろしく反動的な側に属すると思うので、みなさんに蒙を啓いてくださるようお願いする立場である。 また、原則として対面でおこなうが、必要な場合にそなえて Zoom URLを準備する。Zoom での受講が必要な場合は、事前に連絡すること。