学部後期課程
HOME 学部後期課程 ペルシャ語(3)
学内で開催されるオンライン授業の情報漏えい防止のため,2021年5月7日以降は授業カタログの更新を見合わせています

ペルシャ語(3)

ペルシア語を読む・ペルシア語を話す
 (以下、2021年3月19日に更新)
ペルシア語はアラビア語の文字28文字に独自の文字4文字をプラスした、32文字を用いて言葉を記述しています。見慣れぬ文字にわくわくしたり不安を感じたりすることは面白い体験です。
本授業では、イランのペルシア語を学びますが、アフガニスタンのダリー語、タジキスタンのタジク語などもペルシア語の兄弟言語で、意思の疎通も可能です。

かつてペルシア語は、古い歴史や文化を知るために学習する言語でした。現在では(と言ってもコロナ前ですが)日本とイランは人の往来も多く、日本で長年暮らしビジネスで活躍するイランの人たちや、アフガニスタンから来たダリー語話者のコミュニティ、そして、その子どもたちや二つのバックグラウンドをもつ世代もたくさんいます。

ペルシア語は、おしゃべり文化をもつ言語でもあります。
みなさんには今年もオンラインでしかお会いできませんが、ペルシア語を話すことにチャレンジし、自分の口と耳で文法と会話の基礎を習得して下さい。ペルシア語でも日本語でも履修者にたくさん話して
もらう授業です。
また、イスラームやイラン社会を知るための画像、映像、映画、その他作品の視聴も行います。

 ペルシア語は、英語と同じインド・ヨーロッパ語族で、文法的にも感覚的にも理解しやすい言語です。覚えるべき文法規則も少なく、語順は日本語と同じであるため、最も習得しやすい言語のひとつであるとも言われます。言語のなじみやすさを入口として、広くアジアや中東の文化にも関心を向ける契機としてください。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
08A9471
FAS-AA4M09L1
ペルシャ語(3)
前田 君江
S1 S2
火曜1限
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
講義使用言語
日本語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
教養学部
授業計画
第1回授業) ガイダンスとペルシア文字学習のポイント (第2回授業)文字テストと文字学習の補足 (第3回以降)テキストに沿ってすすめる。
授業の方法
(4月4日追加情報) 履修希望者は4月5日までに講師宛にメールで知らせて下さい(*****)。 以後の授業指示はメールを通じて行います。なお、それ以降の履修希望も受け付けます。 (以下は3月19日に更新) 履修希望者は、4月3日(土)までに、講師宛にメールで知らせて下さい(*****)。以後の授業指示はメールを通じて行います。 毎週の授業は以下の手順で行います。 8:15~ 接続可能 8:30-8:45 イラン音楽・ペルシア語ニュース等のストリーム(接続自由) 8:30-8:45 小テスト(メールにて送信)+自分で答え合わせをしてスマホ撮影して送信 8:45-10:00 授業
成績評価方法
小論文と期末試験(文法テスト)で評価する予定。小論文は授業内で視聴した映画等の感想を中心とするもの。期末試験はオンラインでの口述試験。
教科書
(授業テキスト) ソホラーブ・アーザルパランド、前田君江 『ペルシア語の文法~初級編~』 三恵社 ISBN9784866930053 ¥1350+税 授業でのテキスト使用は第3週以降の予定です。
参考書
授業内で指示する。
履修上の注意
(4月4日追加情報) 履修希望者は4月5日までに講師宛にメールで知らせて下さい(*****)。 以後の授業指示はメールを通じて行います。なお、それ以降の履修希望も受け付けます。 (以下は3月19日に更新) 履修希望者は、4月3日(土)までに、講師宛にメールで知らせて下さい(*****)。以後の授業指示はメールを通じて行います。