学部後期課程
HOME 学部後期課程 タイ語(3)
学内で開催されるオンライン授業の情報漏えい防止のため,2021年5月7日以降は授業カタログの更新を見合わせています

タイ語(3)

タイ語初級(第三外国語)
 半年間で、タイ語の基本的な文法とタイ文字を修得することを目指します。
 辞書を使えばタイ語の新聞や雑誌を読むことができるレベルに到達することを目指す人は、Aセメスターも継続して履修することを勧めます。Sセメスターの履修だけでも、タイを旅行する際、簡単な会話をしたり、看板に書かれているタイ文字を読んだりできるようになります。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
08A9463
FAS-AA4M07L1
タイ語(3)
浅見 靖仁
S1 S2
水曜3限
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
講義使用言語
日本語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
教養学部
授業計画
第1回:オリエンテーション+タイ文字の読み方 第2回:テキスト第1課(タイ文字の読み方と声調) 第3回:テキスト第2課(肯定文と否定文の作り方) 第4回:テキスト第3課(疑問文の作り方) 第5回:中間試験+テキスト第4課(「いる」の言い方) 第6回:テキスト第5課(「ある」の言い方) 第7回:テキスト第6課(現在進行形+「〜したい」の言い方) 第8回:テキスト第7課(if文) 第9回:テキスト第8課(「〜しなければならない」の言い方) 第10回:テキスト第9課(時間に関する表現) 第11回:テキスト第10課(関係代名詞) 第12回:テキスト第11課(「〜したことがある」の言い方) 第13回:期末テスト
授業の方法
 Sセメスターは、水野潔『ニューエクスプレス・プラス タイ語』(白水社、2018年、1,900円)をテキストにして授業を行います。授業では、文法や語法の解説と発音のチェックが中心になります。作文能力やタイ文字の書き方は、毎週出すタイ語作文の宿題によって向上させます。なお、テキストは2007年に出版された新版も2018年に出版された旧版も内容はほとんど全く同じですので、旧版の古本を購入しても授業の履修に支障はありません。
成績評価方法
宿題10 %、中間試験10%、期末試験80%
教科書
水野潔『ニューエクスプレス・プラス タイ語』白水社、2018年、1,900円
参考書
毎回授業でプリントを配布します。それを参考書として使ってください。
履修上の注意
毎週宿題を出すので、学習意欲の弱い学生には不向きです。 Sセメスターだけの履修も可。