学部後期課程
HOME 学部後期課程 経済思想史
学内のオンライン授業の情報漏洩防止のため,URLやアカウント、教室の記載は削除しております。
最終更新日:2023年10月20日

授業計画や教室は変更となる可能性があるため、必ずUTASで最新の情報を確認して下さい。
UTASにアクセスできない方は、担当教員または部局教務へお問い合わせ下さい。

経済思想史

経済思想史
経済学・経済思想がどのような時代背景で形成されてきたか、またどのように社会に影響を与えてきたかを日本の歴史と合わせて考察することにより、経済学そのものの理解が深まり、また社会の中における経済の位置づけを理解できるようになる。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
0704401
FEC-EH4801L1
経済思想史
牧野 邦昭
S1 S2
水曜2限
マイリストに追加
マイリストから削除
講義使用言語
日本語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
経済学部
授業計画
1.導入:経済思想史と日本史の接点 2.古代・中世・近世初期の経済思想 3.近世前期の経済思想 4.近世後期の経済思想:ヨーロッパとの比較 5.幕末・明治初期の啓蒙思想 6.近代産業育成のための西洋経済思想の受容 7.資本主義の問題と社会政策 8. マルクス主義と経済ジャーナリズム 9. 金解禁論争と日本資本主義論争 10. 国家主義と経済思想 11. 経済理論研究の進展と経済学の制度化 12. 総力戦と経済学 13. 戦後復興の経済思想 14. 高度成長の経済思想 15.安定成長期~現代の経済思想、まとめ
授業の方法
講義
成績評価方法
試験70%、レポート30%
教科書
特になし
参考書
『新版 経済思想史 社会認識の諸類型』 大田一廣・鈴木信雄・高哲男・八木紀一郎編 名古屋大学出版会 2006年 ISBN:978-4-8158-0540-1 『経済学史 経済理論誕生の経緯をたどる』 野原慎司・沖公祐・高見典和著 日本評論社 2019年 ISBN:978-4-535-55927-1 『新版 戦時下の経済学者 経済学と総力戦』 牧野邦昭著 中央公論新社 2020年 ISBN:978-4-12-110103-7 『ハンドブック日本経済史』平井健介・島西智輝・岸田真編著 ミネルヴァ書房 2021年 ISBN:978-4-623-09194-2
履修上の注意
授業で使うスライド(ファイル)を毎回ITC-LMSで事前にアップロードするのでそれをノートパソコンやタブレット等で見ながら受講し、復習してください。