学部後期課程
HOME 学部後期課程 協同組合論
学内で開催されるオンライン授業の情報漏えい防止のため,2021年9月17日以降は授業カタログの更新を見合わせています

協同組合論

 日本の農業協同組合および地域生活協同組合を中心として、日本や世界の協同組織について、経済学の視点を踏まえて考察を行います。
 日本の協同組合事業は、めざましい発展を遂げてきました。准組合員や法人会員を含めた全ての協同組合員数はのべで4千万以上に達しています(生協 1800万、農協 900万、森林組合 170万、漁協50万、信用金庫 800万、信用組合 400万など)。特に農林水産物の生産・流通や食料品小売の分野において、協同組合が果たしている役割は重要です。
 本講義は、株式会社などと比較して協同組合の基本的な仕組みを解説するとともに、おもに農協と生協を題材として、協同組合が抱えている課題や今後の方向性について考察します。また近年では、営利と非営利分野の間で活動する新しい組織形態として、NPOやワーカーズコレクティブ(労働者協同組合)などが出現してきています。講義ではそれらを踏まえながら、社会経済における協同組織の可能性について理解を深めていきたいと考えています。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
060320871
FAG-CE3E19L1
協同組合論
萬木 孝雄
S2
集中
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
講義使用言語
日本語
単位
1
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
農学部
授業計画
 以下のような内容について6回分の講義を行い、7回目に期末試験を予定しています。時間割と日程は、初回のガイダンス出席者と相談をして確定します。 1)組織形態論から見た協同組合の特徴と意義 2)西欧における協同組合の成立 3)日本での導入と普及 4)協同組合に関係する経済理論 5)農業協同組合の事業と現在の課題 6)生活協同組合の事業と現在の課題 7)NPOに代表される非営利組織と協同組合の比較 8)競争的市場経済における協同組合の意義と限界
授業の方法
 授業の方法は、Zoomによる講義形式で行ないます。
成績評価方法
 期末試験60%、レポート30%、出席10%の配分で、成績が評価されます。  期末試験日時: 授業日程終了より1週間後を予定しています。
教科書
 河野直践『協同組合入門』、創森社、2006年、1,400円  上記は参考書の扱いですので、特に購入の必要はありません。
参考書
1)玉城哲『日本の社会システム』、農山漁村文化協会、1982年、1,200円 2)生源寺眞一・農協共済総合研究所編『これからの農協』、農林統計協会、2007年、3,600円 3)現代生協論編集委員会『現代生協論の探求・現状分析編』、コープ出版、2005年、2,100円
履修上の注意
 初回のガイダンスと授業を、6月11日(金)13時より行います。その中で、今回の授業日程を確定します。  日程の原案は、以下の通りです。 6月11日(金)3限と4限 1回目と2回目   18日(金)3限と4限 3回目と4回目   25日(金)3限と4限 5回目と6回目 7月 2日(金)3限     期末試験  例年の受講者数は30名程度ですので、毎回出欠を取る予定です。授業中での質問や意見交換などを、歓迎します。