学部後期課程
HOME 学部後期課程 保全生態学
学内で開催されるオンライン授業の情報漏えい防止のため,2021年9月17日以降は授業カタログの更新を見合わせています

保全生態学

保全生態学
人間は生態系サービスに依存することで存在を維持している。我々は、その生態系サービスのかなりの部分を生物多様性がもたらしていることを知らなければならない。本講義では、生物多様性の意味とその価値を科学的に学び、生物多様性が加速度的に失われている現状を知るとともに、生物多様性の保全や健全な生態系の維持にはどのような指針や技術が必要なのか、生態系の修復にはどのような管理手法が求められるのかを学ぶ。さらに、農業の生産性と生態系の保全とをどのように両立させるべきかを考えるために、環境保全型の持続的農業のあり方についても学ぶ。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
060310520
FAG-CE3S04L1
保全生態学
曽我 昌史
A1 A2
A1: 水曜2限、A2: 集中
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
講義使用言語
日本語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
農学部
授業計画
1)保全生態学とは何か 2)生物多様性の危機 3)土壌・大気・水の役割 4)湿地と湖沼の保全生態学 5)河川の保全生態学 6)草原の保全生態学 7)森林の保全生態学 8)里山の保全生態学 9)都市の保全生態学 10)水田生態系における生物多様性 11)環境保全型農業 12)遺伝子組換え生物と環境保全 13)生態系と防災・減災
授業の方法
オンライン講義(一部集中) 10月6日は初回の講義です。はじめの10分間は学生の皆さんがアクセスするのを待っています。アクセスがおおむね済んだ時点で20分間程度、授業のアウトライン、成績評価方法、授業用資料などの説明をし、注意事項を述べます。この回のURLは、シラバス(本ページ)の一番下にある「オンライン授業URL」で通知します。なお、講義URLは講義ごとに変わりますので、その都度、確認してアクセスしてください。
成績評価方法
出席及び、11月24日(水)と12月16日(木)の2回の試験により評価する。
教科書
特になし。その都度配布する。
参考書
1)「保全生態学入門-遺伝子から景観まで」鷲谷いづみ・矢原徹一.文一総合出版. 2)「人間活動と生態系」日本生態学会編 共立出版 3)「水田生態系における生物多様性」農林水産省農業環境技術研究所編 養賢堂 4)「保全遺伝学入門」R.Frankam, J.D.Ballou, D.A.Briscoe著・西田睦監訳.文一総合出版. 5)「国連ミレニアム エコシステム評価 生態系サービスと人類の将来」横浜国立大学21世紀COE翻訳委員会責任翻訳.オーム社
履修上の注意
通常講義:A1ターム水曜2限 ただし、10月20日(水)は休講とし、10月27日(水)は1・2限に開講する。 集中講義日程:12月9日(木)と16日(木)の3〜5限
その他
講義の内容や資料は、講師や第三者の著作物です。必ず以下のルールを遵守してください。 ・本講義のスクリーンショット撮影、録画や録音等は一切禁止します。 ・本講義では、自身の学習目的でのスクリーンショット撮影、録画や録音等は認めますが、それらを許可なくSNSで共有したり、別のウェブサイト等にアップロードすることは禁止します。 ・許可なく講義画面のスクリーンショットを撮影することや、講義の録画・録音すること、これらを第三者がわかるような形でアップロードすることは、不正行為と見なされます。講義のZoom URLを第三者に提供することも不正行為と見なされます。 2021年度シラバス作成教員:曽我昌史