学部後期課程
HOME 学部後期課程 生命情報表現論
過去(2023年度)の授業の情報です
学内のオンライン授業の情報漏洩防止のため,URLやアカウント、教室の記載は削除しております。
最終更新日:2024年4月22日

授業計画や教室は変更となる可能性があるため、必ずUTASで最新の情報を確認して下さい。
UTASにアクセスできない方は、担当教員または部局教務へお問い合わせ下さい。

生命情報表現論

ゲノム研究の進展により生命科学は仮説駆動型からデータ駆動型の科学に変貌しつつある。このような科学を推進するには、多種多様で複雑なデータや知識を計算機でうまく扱えるようにすることが不可欠である。本講義では、その基礎となる理論や技術について解説する。
With the advancement of genome research, life science is transforming from a hypothesis-driven to a data-driven science. To promote such science, it is essential for computers to be able to successfully handle a wide variety of complex data and knowledge. In this lecture, the underlying theories and techniques will be explained.
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
0560562
FSC-BI3B42L1
生命情報表現論
角田 達彦
A2
月曜3限
マイリストに追加
マイリストから削除
講義使用言語
日本語
単位
1
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
理学部
授業計画
7回にわたり、以下のような内容を講義する。(講義の内容や順序は変更される可能性有り) 1.生命情報表現論イントロ: 生命情報の表現法と解析法の研究開発がなぜ必要か?(12/4) 2.人工知能研究と知識表現: コンピュータサイエンスで開発された種々の知識表現法と推論(関係代数とSQL、述語論理、プロダクションシステム、フレーム)、NoSQL、深層学習の基礎(12/4) 3.非構造化知識の処理:情報検索、検索エンジン、質問応答システム、自然言語処理とテキストマイニング、電子カルテと医療情報(12/11) 4.ゲノム配列、ゲノムアノテーションと遺伝子進化、疾患ゲノム解析: ゲノム配列データの表現、系統樹、ゲノムアノテーション、パラログ・オルソログ、GWAS、疾患多様性解析、次世代シークエンサー技術とがんオミクス解析(12/11、12/18) 5.グループ議論とプレゼンテーション(12/25) 6.生命科学におけるネットワークデータの表現法とシステム解析: 相互作用、遺伝子共発現、パスウェイ、システム生物学、分子から細胞へ(1/15) 7.深層学習のオミクス解析応用と知識発見・データの共有: 深層学習のオミクス解析応用と知識発見、オープンデータ・オープンアクセス、CCライセンス(1/22) 8.グループ議論とプレゼンテーション(1/29) 期末試験(1/29)
授業の方法
今期は対面による講義と議論、プレゼンテーションを基本とする。 13:00 - 14:45 の 105 分を基本とする。 パワーポイントを利用した講義形式、一部グループ議論とプレゼンテーション。 資料(パワーポイントのコピー)はオンラインで配布する。
成績評価方法
筆記試験(期末試験)を基本とするが、状況により、小テストやレポートなどに変更する可能性もある。
教科書
特になし
参考書
特になし
履修上の注意
12月4日(月)開講予定 12/4 12/11 12/18 12/25 1/15 1/22 1/29(講義と期末試験) 追試・追レポート等がある場合は、理学部3号館412講義室前掲示板、生物情報HP(http://www.bs.s.u-tokyo.ac.jp/*****)に掲載するので注意すること。
その他
対面を予定しています。