学部後期課程
HOME 学部後期課程 物理化学特論II
学内のオンライン授業の情報漏洩防止のため,URLやアカウント、教室の記載は削除しております。
最終更新日:2023年10月20日

授業計画や教室は変更となる可能性があるため、必ずUTASで最新の情報を確認して下さい。
UTASにアクセスできない方は、担当教員または部局教務へお問い合わせ下さい。

物理化学特論II

本科目では、通常の学部の講義では多くは取り扱われない現在の物理化学のトピックスについて、物理化学系教員がそれぞれの各分野の先端研究を具体例をあげて平易に解説する。

In this course, faculty members in physical chemistry will explain current topics in physical chemistry, which are not usually covered in undergraduate courses, in plain language with specific examples of advanced research in each field.
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
0530065
FSC-CH4109L2
物理化学特論II
合田 圭介
S1 S2
金曜1限
マイリストに追加
マイリストから削除
講義使用言語
日本語/英語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
理学部
授業計画
講義スケジュール(毎回の担当教員と講義課題)は概ね以下の通りである。 変更がある場合には、化学科掲示板等で周知する。 Changes will be announced.    回  月日   担当教員 題目    1 4月 7日  松田 先端X線分光による原子層の化学と物理の研究 Chemistry and physics at atomic layers, studied by advanced X-ray spectroscopy    2 4月14日 井上 タンパク質が持つ多彩な機能の摂理を物理化学で理解する Understanding the providence of a variety of functions of proteins in terms of physical chemistry    3 4月21日 佐々木 固体表面と触媒 Chemical reactions on solid surfaces and heterogeneous catalysis    4 4月28日 岩崎 高強度レーザー場による原子・分子の光励起過程 Atoms and molecules in intense laser fields    5 5月12日 雨宮 金属超薄膜の構造・化学状態と磁性 Structure, chemical state and magnetic properties of metal ultrathin films    6 5月19日 吉信 二酸化炭素の有効利用を目指したモデル触媒における表面素反応過程 Elementary reaction processes on model catalyst surfaces for the effective use of of carbon dioxide    7 5月26日 真船 金属クラスターの構造と反応性 Structure and reactivity of metal clusters    8 6月 9日 森 分子性(超)伝導体と有機エレクトロニクス(6/16より変更) Molecular (super)conductors and organic electronics    9 6月16日 鳥居 エキゾチック原子・分子の物理・化学 (6/9より変更) Physics and Chemistry of Exotic Atoms and Molecules   10 6月23日 岡林 分子スピントロニクスの基礎と素子応用 Molecular Spintronics   11 6月30日 山室 中性子準弾性散乱による原子・分子の運動解析 Dynamics of Atoms and Molecules Studied by Quasielastic Neutron Scattering 12 7月 7日 小安 共有結合クラスターの構造変遷と化学反応 Structural transitions and reactions of covalent clusters 13 7月14日 加藤 波動関数理論と密度行列汎関数理論 Wave function theory and density matrix functional theory 
授業の方法
講義 Lectures
成績評価方法
成績は授業時に提示される課題により評価する。 Grades are determined by assignments made during lectures.
教科書
教科書は使用せず、適宜資料を配布する。 Textbooks will not be used. Printouts will be handed out when necessary.
参考書
オムニバス形式での講義のため、毎回の講義担当教員ごとに必要に応じ参考書を紹介する。 Omnibus style lectures.
履修上の注意
*