学部後期課程
HOME 学部後期課程 有機化学IV(合成)
学内で開催されるオンライン授業の情報漏えい防止のため,2020年9月16日以降は授業カタログの更新を見合わせています

有機化学IV(合成)

本講義では、有機反応化学、有機合成化学、有機金属化学、立体化学の基礎につ いて概説する。本講義は必修ではないが、有機化学の重要な基礎を含むので、化学科の学生はなるべく受講することを推奨する。

This lecture includes fundamentals of organic reactions, synthetic organic chemistry, organometallic chemistry, and stereochemistry. Although this lecture is not compulsory, it is recommended that students in the chemistry department should attend as much as possible, since it includes an important basis of organic chemistry.
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
0530043
FSC-CH3204L2
有機化学IV(合成)
小林 修
A1 A2
木曜2限
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
化学本館 1302
講義使用言語
日本語/英語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
理学部
授業計画
講義スケジュールは以下の通りである。 1.有機反応化学、有機合成化学概要 2.有機金属化学概要 3.遷移金属を用いる有機反応 4.有機反応における選択性 5.グリーンケミストリー 6.コンビナトリアルケミストリー 7.不斉合成 8.全合成 1. Fundamentals of organic reactions and synthetic organic chemistry 2. Fundamentals of organometallic chemistry 3. Organic reactions using transition metals 4. Selectivity of organic reactions 5. Green chemistry 6. Combinatorial chemistry 7. Asymmetric synthesis 8. Total synthesis
授業の方法
毎回講義を行うと共に、一部演習を取り入れる。 There will be a lecture for every class and the lecture will include a practice question section. なお、英語、日本語の講義のみを受講しても単位を認定する。 Even if you attend only lectures in English or Japanese, credit for the course will be provided. 同内容の講義を英語と日本語で別々に実施する。 The same lecture will be done separately in English and Japanese.
成績評価方法
中間試験、期末試験の結果を総合し、成績評価を行う。また、毎回、授業の最後に簡単な小テスト(演習)を行うので、その結果も加味する。 The final grade will be based on the results of the mid-term and final exam. In addition, the grades of the practice questions (mini-quiz) done at the end of class will be counted for credit.
教科書
教科書は使用せず、毎回プリントを配布する。 No textbook will be assigned, and lecture notes will be provided instead.
参考書
参考書は授業で紹介する。 Reference textbook will be introduced during class.
履修上の注意
本講義は必修ではないが、有機化学の重要な基礎を含むので、化学科の学生はなるべく受講することを推奨する。 Although this lecture is not compulsory, since it includes an important basis of organic chemistry, it is recommended that students in the chemistry department should attend as much as possible.