学部後期課程
HOME 学部後期課程 分析化学無機化学実験
学内のオンライン授業の情報漏洩防止のため,URLやアカウントの記載は削除しております。
最終更新日:2022年4月21日

分析化学無機化学実験

本実験では化学研究を遂行していくために必須な分析化学および無機化学の基礎を、実験を通して体系的に学ぶ。
・ 分析化学、溶液化学、錯体化学、放射化学、無機物質合成などの原理・方法ならびに各論を習得する。
・ 実験を行う上で欠かせない測定の3要素である、確度、精度、感度を体得する。
・ 実験結果からの考察・結論の導き方および実験ノート・レポートの作成法について指導を受ける。
・ 実験結果について深く考察し、新規な発見をもたらす研究手法の基礎を学ぶ。
・ 化学者として必須の安全知識を習得する。

In this course, students systematically learn the fundamentals of analytical and inorganic chemistry, which are essential for conducting future chemical research of their own, through experiments.
Students acquire the principles and methods of analytical chemistry, solution chemistry, coordination chemistry, radiochemistry, and inorganic synthesis.
They understand three essential elements of measurements; accuracy, precision, and sensitivity.
Students will be instructed on how to discuss and draw conclusions from experimental results and also how to write lab notes and reports.
They will learn the basic ways of research that allow them to deeply discuss the results of experiments and make novel discoveries.
Knowledge for experimental safety will be also acquired.
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
0530011
FSC-CH3314E2
分析化学無機化学実験
実験担当教員
S1 S2 A1 A2
月曜3限、月曜4限 他
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
化学本館 1203
講義使用言語
日本語/英語
単位
4
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
不可
開講所属
理学部
授業計画
授業計画は4月に配布される。 The course schedule will be distributed in April. 実験項目は以下の通りである。 1.実験講義:化学実験の基礎講義、実験ノートの書き方、実験室での安全、環境安全 2.重量・容量の精密測定 3.物質の精製、容量分析、ガラス細工 4.検出法の基礎:分光分析、ガスクロマトグラフィー、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR) 5.無機湿式系統分析:ケイ酸塩全分析 6.機器分析:電気化学分析法 7.放射化学の基礎:放射線計測、同位体希釈法 8.無機化合物の合成:コバルト錯体、ルテニウム錯体、フェロセン、酸化物半導体 The following are the experimental sections. 1. Experimental lectures: a basic lecture on chemical experiments, writing lab not and report, laboratory safety, environmental safety 2. Precise measurements of weight and volume 3. Purification of substances, volumetric analyses, glasswork 4. Basis for detection methods: spectroscopy, gas chromatography, polymerase chain reaction (PCR) 5. Wet systematic analysis for inorganic materials: complete analysis of silicate salts (sample preparation, quantitative analysis) 6. Instrumental analyses: electrochemical analysis 7. Fundamental of radiochemistry: radiometry, isotope dilution method 8. Synthesis of inorganic compounds: cobalt complex, ruthenium complex, ferrocene, an oxide semiconductor
授業の方法
実験を行う。ただし、各課題は数回程度に分け、各実験の注意点などについて講義する。 いくつかの実験課題はビデオ視聴により代替する可能性がある。 Each experiment section consists of several experiments and lectures. A few experimental sections could be replaced by video lectures.
成績評価方法
(1)出席と(2)各実験手法、結果ならびに考察をまとめたレポート(実験報告書)の内容に基づき評価する。 原則として、全日の出席、全レポートの提出を単位取得のための要件とする。 Evaluation will be based on (1)attendance and (2) experimental reports including methods, results, and discussions. In principle, attendance on all days and submission of all reports are required to obtain credits.
教科書
実験テキスト「分析化学無機化学実験」、東京大学理学部化学科編を配付する。 An experimental textbook "Analytical and Inorganic Chemistry Experiments (Ed.: Department of Chemistry, School of Science, The University of Tokyo)" is provided.
参考書
参考書:梅澤喜夫ら、「分析化学実験」、東京化学同人 (1999)/ D. C. Harris, “Quantitative Chemical Analysis”, 8th ed., W. H. Freeman (2010).
履修上の注意
本実験の単位取得は、4年生進級の要件となっている。 Credits for this experiment is a requirement for the promotion to the 4th grade.