学部後期課程
HOME 学部後期課程 幾何学XE
学内で開催されるオンライン授業の情報漏えい防止のため,2021年9月17日以降は授業カタログの更新を見合わせています

幾何学XE

幾何学XE/Geometry and Topolpgy XE
複素ベクトル場のなす複素葉層構造に関する入門講義を行う.
参考文献として,Transversality of holomorphic vector fields on C^n,
Seminar notes on Differential topology 11 (Feb. 1992), Kyoto University,を挙げておく.
これを(あまり難しくならない範囲で)現代化するのが本講義の一つの目標である.

An introduction to holomorphic foliations associated with holomorphic vector fields.
We will mostly explain `handmade' or elemtentary methods.
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
0505083
FSC-MA4525L1
幾何学XE
足助 太郎
S1 S2
月曜4限
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
数理科学研究科棟 002
講義使用言語
日本語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
理学部
授業計画
以下の順に述べる予定である. ・複素ベクトル場が複素曲線による葉層構造を定めること.これに関する基本的な事柄. ・特にC^2上の複素ベクトル場の振る舞いについて. ・時間が許せば,現代的な扱いに繋がるような進んだ事柄について. The topic of the course is as follows: - relation between holomorphic vector fields and holomorphic foliations by curves, and some realated fundamental facts. - Some descriptions of holomorphic vector fields on C^2. - If the time allows, we will also discuss some pathways to modern studies.
授業の方法
講義形式による.なお,オンライン方式で行う予定である('21/3/17現在) By giving lectures on line ('21/3/17).
成績評価方法
レポートを課す予定である,最終的には受講者数により定める. I plan to ask you to make a term paper, however, I will decide the evaluation method according to the number of students.
教科書
指定しない. N/A
参考書
指定しない. N/A
履修上の注意
講義は原則として一回あたり90分行うが,話の切りなどの都合で105分を限度に延長することがある. The couse wil be 90minuits for each, however, it might be extended up to 105minuits depending on timing/progress of the lecture.
その他
If there are students of whom the mother language is not Japanese, the course will be given in a hybrid form of Japanese and English: I will write in English and speak in Japanese.