学部後期課程
HOME 学部後期課程 死生学演習Ⅱ
学内のオンライン授業の情報漏洩防止のため,URLやアカウントの記載は削除しております。
最終更新日:2022年10月20日

授業計画や教室は変更となる可能性があるため、必ずUTASで最新の情報を確認して下さい。

死生学演習Ⅱ

死生学基礎文献購読
 死生学の重要文献を日本語で講読する演習。講義形式と演習形式を併用する。
【授業の趣旨】
 本演習は今まで、シリーズ『死生学』全5巻(2012年度)、アリエス『死を前にした人間』、ゴーラー『死と悲しみの社会学』、キューブラー=ロス『死ぬ瞬間』、加藤周一ほか『日本人の死生観』、エルツ「死の宗教社会学」(2013年度)、ニーメイアー『喪失と悲嘆の心理療法』、樽川典子『喪失と生存の社会学』、デーケン『新版 死とどう向き合うか』、シュナイドマン『シュナイドマンの自殺学』、新谷尚紀『お葬式』(2014年度)、清水哲郎『ケア従事者のための死生学』、平山正実『死生学とはなにか』、石丸昌彦『死生学入門』、岸本英夫『生と死』、竹内整一『花びらは散る 花は散らない』、島薗進『日本人の死生観を読む』、森岡正博『生者と死者をつなぐ』(2015年度)、ジャンケレビッチ『死』、フランクル『死と愛』、宇都宮輝夫『生と死を考える』、澤井敦・有松賢『死別の社会学』、高橋祥友『自殺予防』(2016年度)、ベッカー『死の拒絶』、門林道子『生きる力の源に―がん闘病記の社会学』、山本俊一『死生学のすすめ』、高橋聡美『グリーフケア』(2017年度)、ボードリヤール『象徴交換と死』、リフトン『ヒロシマを生き抜く』、カステンバウム『死ぬ瞬間の心理』、メイヤロフ『ケアの本質』(2018年度)、ケーガン『「死」とは何か?』、岩崎大『死生学』、大林雅之『生命の問い』、高橋隆雄『生命・環境・ケア』、島薗進『ともに悲嘆を生きる―グリーフケアの歴史と文化』(2019年度)、ハンス・ヨーナス『生命の哲学―有機体と自由』、ドイツ連邦議会審議会『人間の尊厳と遺伝子情報―現代医療の法と倫理(上)』、『受精卵診断と生命政策の合意形成―現代医療の法と倫理(下)』、川島大輔・近藤恵編『はじめての死生心理学―現代社会において,死とともに生きる』、ロバート・リフトン『現代(いま)、死にふれて生きる―精神分析から自己形成パラダイムへ』(2020年度)を講読してきた。本年度は生命倫理分野の書を中心に読んでいきたいと考えている。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
04220052
FLE-HU4203S1
死生学演習Ⅱ
池澤 優
A1 A2
火曜3限
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
法文1号館 316教室
講義使用言語
日本語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
文学部
授業計画
 本年度は生命倫理分野の書を中心に以下の6冊を読んでいく。 レオン・カス編著、倉持武訳『治療を超えて―バイオテクノロジーと幸福の追求(大統領生命倫理評議会報告書)』、青木書店、2005。 ミヒャエル・クヴァンテ『人間の尊厳と人格の自律-生命科学と民主主義的価値』、法政大学出版会、2015。 生命環境倫理ドイツ情報センター、松田順・小椋宗一郎訳『エンハンスメント―バイオテクノロジーによる人間改造と倫理』、知泉書館、2007。 小門穂『フランスの生命倫理法―生殖医療の用いられ方』、ナカニシヤ出版、2015。 香川知晶・小松美彦『生命倫理の源流―戦後日本社会とバイオエシックス』、岩波書店、2014。 安藤泰至『「いのちの思想」を掘り起こす―生命倫理の再生に向けて』、岩波書店、2011。  但し、講読する書は授業開始時までに変更することがあり得る。  講読書はそれぞれアメリカ、ドイツ、フランス、日本における代表的な生命倫理学者によるものである。各文化の死生観や生命観が先端医療技術をめぐる議論にどのように反映しているか(もしくは反映していないか)を考えていきたいと思っている。
授業の方法
 先ず、担当講師が今までに読んだ本を要約する形で、死生学の概要を概論する。この部分は講義形式となる。  次に、講読においては、各書を適宜な長さに区切り、それぞれに担当者を決める。担当者は担当部分を要約して発表し、必要に応じてコメントを加える。その際、レジュメを作成し、配布することが要請される(レジュメは簡単なもので構わない)。他の参加者は、それに基づいて討論を行う。他の参加者は、毎回の講読予定箇所をあらかじめ読んでおくことが望ましいが、それは絶対的な義務ではない。標準的には演習一回につき二人の担当者が発表することを予定している。一人の発表時間は概ね40分程度。
成績評価方法
 発表と出席による。発表の内容が成績に反映することはない。万一、履修者数が多い等の理由で、発表の機会を得られなかった場合は、発表者と同様のレジュメの提出によって、発表をしたものと見なす。
教科書
 上記参照。講読書はグーグルドライブに用意する。
参考書
 授業中に指示する。
履修上の注意
 ドタキャンは他の参加者の迷惑になるので、厳に慎んでいただきたい。一度予約した日時に発表が困難になった場合は、速やかにその旨を届け出てもらいたい。病気等の突発事による場合は、下記のメールアドレス、または電話に連絡していただいて構わない。