学部後期課程
HOME 学部後期課程 心理学演習Ⅷ
学内で開催されるオンライン授業の情報漏えい防止のため,2021年9月17日以降は授業カタログの更新を見合わせています

心理学演習Ⅷ

認知と感情の心理学
人間の判断や行動は、冷静な状況分析(“認知”)だけでなく、抗いがたい“感情”にも影響される。むしろ前者よりも後者の方が強い影響力をもつという主張や、感情が認知以上に“合理的な”結論を導くという主張もある。本授業では、そうした人間の複合的な心理の特徴やメカニズムを扱った文献を精読し、その内容について議論を行うことで、人の心、および、それを研究することの面白さや難しさなどに触れることを目指す。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
04214168
FLE-HU4X05S1
心理学演習Ⅷ
鈴木 敦命
A1 A2
木曜5限
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
法文1号館 215教室
講義使用言語
日本語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
文学部
授業計画
初回にガイダンスを行い、発表の担当スケジュールなどを決定する。その後は、担当の受講生の話題提供をもとに議論を行う。
授業の方法
ハイブリッド授業とする。オンライン授業と対面授業のどちらを主とするかは、社会情勢や受講生の希望を踏まえながら随時検討する。毎回、担当の受講生が話題提供をし、その内容に関して全員で議論を行う。話題提供は、基本的には、割り当てられた文献(英語の書籍の一部や学術論文など)の内容をまとめた発表による。初回にガイダンスを実施し、担当スケジュールなどを決める。話題提供は2回程度担当してもらう予定である。担当以外の受講生にも、予習・復習を課す予定である。
成績評価方法
担当回の発表や資料の質、予習・復習課題の質、普段の議論への参加(出席状況を含む)などから総合的に成績を評価する。試験は行わない。
教科書
精読する文献は授業中に指示する。
参考書
授業中に随時紹介する。
履修上の注意
1. 授業にはZoom、ITC-LMS、ECCSクラウドメールを利用するので、事前にこれらに登録し、使い方を確認しておくこと。 2. 初回に担当スケジュールなどを決めるので、遅刻せずに出席(Zoomによるオンラインミーティング参加)をすること。参加にはZoomへのサインイン(メールアドレスとパスワードの入力)が必要。 3. 発表担当の割り当てを考えると、履修者数の上限は15名程度である。Sセメスターに「認知と感情の心理学」を履修した学生の履修を優先するので、Aセメスターに新たに履修を希望する者は、事前に鈴木に連絡し、履修の可否を確認すること。 4. オンライン授業URLは *****上で後日告知します。