学部後期課程
HOME 学部後期課程 文化資源学特殊講義ⅩⅠ
学内で開催されるオンライン授業の情報漏えい防止のため,2020年4月4日以降は授業カタログの更新を見合わせています

文化資源学特殊講義ⅩⅠ

現代社会の中の日本の伝統演劇(Traditional Theatre in Contemporary Japan, its history and innovations)II 
明治時代以前に日本で継承されてきた芸能は、雅楽、能楽、歌舞伎、そしてさまざまな邦楽、舞踊など、それぞれ様式が確立された時代が異なる芸能が別個のものとして共存してきた。明治以降、西洋から移入してきた音楽やダンス、演劇などが加わり、古今東西にルーツを持つ芸能、舞台芸術が、重層的に共存しているのが日本の演劇の特徴です。このような背景に、日本の伝統演劇、特に歌舞伎と文楽の歴史的発展が扱われ、今日の社会におけるその顕現と役割が議論される。毎週英語ないしは日本語の資料を事前に読んだ上で受講することは求められる。参加者は全員、発表の担当をすること。また担当回以外にもテクストを読んできた上で、積極的なコメント・質問が求められる。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
04205148
FLE-XX4304L1
文化資源学特殊講義ⅩⅠ
BERGMANN ANNEGRET
A1 A2
月曜4限
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
法文1号館 311教室
講義使用言語
日本語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
文学部
授業計画
第1回:ガイダンス 第2回:演劇は何か – 日本の演劇の特徴 第3回:風流 第4回:歌舞伎の起源 第5回:歌舞伎-劇場 第6回:歌舞伎の型 第7回:歌舞伎の構造 第8回:明治時代の改良運動 第9回:人形浄瑠璃 第10回:現代社会の中の文楽 第12回: 現代社会の中の歌舞伎 第13回:歌舞伎〜伝統とインノベション 第14回:現代演劇と歌舞伎との関連 第15回: 討論 第16回:まとめ
授業の方法
輪読 (報告と討論)
成績評価方法
授業での発表・討論、学期末レポートから総合的に判断します。
教科書
授業中に指示する
参考書
授業中に指示する
履修上の注意
特になし