学部後期課程
HOME 学部後期課程 臨床・疫学研究の実例
2024年6月24日9時からメンテナンスを行います
短時間で終了する予定ですが、ログイン状態がリセットされるので再度ログインして下さい

学内のオンライン授業の情報漏洩防止のため,URLやアカウント、教室の記載は削除しております。
最終更新日:2024年4月22日

授業計画や教室は変更となる可能性があるため、必ずUTASで最新の情報を確認して下さい。
UTASにアクセスできない方は、担当教員または部局教務へお問い合わせ下さい。

臨床・疫学研究の実例

臨床・疫学研究の実例
疫学研究(臨床試験研究も含む)の方法論について、実際の応用事例を中心にして講義する。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
02244
FME-IH3c10L1
臨床・疫学研究の実例
松山 裕
A1
火曜3限
マイリストに追加
マイリストから削除
講義使用言語
日本語
単位
1
実務経験のある教員による授業科目
YES
他学部履修
開講所属
医学部
授業計画
対面の日とオンラインの日の両方がある見込みです。 9月を目途に最終アナウンスをします。 10月08日(火) 疫学研究のデザイン(大庭 幸治) 10月15日(火) 環境疫学(山崎 新) 10月22日(火) 医療ビッグデータを活用した生活習慣病(NCD)の臨床疫学(曽根 博仁、オンライン見込み) 10月29日(火) 栄養疫学の基礎理論と実際(村上 健太郎) 11月05日(火) 運動疫学、地域コホート研究(原田 亜紀子、オンライン見込み) 11月12日(火) 臨床試験方法論の実践: がん治療開発を例に(野村 尚吾) 11月19日(火) データベースによる薬剤疫学・薬剤監視(小出 大介)
授業の方法
講義 対面の日とオンラインの日の両方がある見込みです。 9月を目途に最終アナウンスをします。
成績評価方法
出席(50%)と毎回の小レポート(50%)
教科書
なし
参考書
なし
履修上の注意
疫学と生物統計学を履修していること。大学院生の聴講も歓迎する。講義順は変更になることがあるので、最新の情報を確認すること。
実務経験と授業科目の関連性
医療機関、公衆衛生担当部署、研究支援組織での勤務経験を有する教員や非常勤講師が実務経験を活かして臨床・疫学研究について講義する。