学部後期課程
HOME 学部後期課程 日本政治思想史
学内で開催されるオンライン授業の情報漏えい防止のため,2020年4月4日以降は授業カタログの更新を見合わせています

日本政治思想史

日本政治思想史
 東アジアの一地域、日本列島において人々は、いわゆる「政治」をめぐって、いかなる思想の営みをくりひろげてきたのか。この問いを、遠い過去から現在までの長い持続と断続のうちで考察する。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
0120581
FLA-PS4712L1
日本政治思想史
苅部 直
A1 A2
火曜3限、金曜3限
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
法文1号館 22番教室
講義使用言語
日本語
単位
4
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
法学部
授業計画
 主として、古代から明治期までの諸思想を題材にしながら、さまざまな話題をほぼ時代順にとりあげたい。同時に、「日本の思想」が近代においてどのように論じられてきたのかをふりかえりながら、話を進める予定。
授業の方法
 通常の講義方式。人数によっては、こちらから受講者に質問し、議論するような方式もとりいれたい。懇切丁寧なレジュメや板書、パワーポイントのスライドは一切ないので、各自ノートをしっかりとること。
成績評価方法
 期末試験による。講義の内容を正確に暗記するしているか否かを問うのでなく、内容をきちんと咀嚼した上で、自分の見解をいかに説得的に展開できるかを問う、応用問題である。講義の内容をそのまま書きつづった答案や、授業に出ていないことが明かな答案は0点とし、単位を与えない。(もちろん、卒業を控えた受講者の場合でも同様である。)
教科書
 特定の教科書は用いない。参考書については、教室で随時紹介する。
参考書
『日本思想史講座』全5巻(ぺりかん社) 斉藤喜門編『受講ノートの録り方』(蒼丘書林)
履修上の注意
予習は特に必要ないが、高校科目の「倫理」「日本史」の知識に自信のない人は、尾藤正英『日本文化の歴史』(岩波新書)、もしくは清水正之『日本思想全史』(ちくま新書)に目を通しておくと気が楽になるかも。授業の初回(9月29日の予定。掲示を確認すること)に詳細を説明するので、必ず出席すること。
実務経験と授業科目の関連性
大学教員としての実務経験なら、そろそろベテランと言ってもいい年数になっているし、講義の内容にも密接に影響しているはず。(大学が実務=workの場ではない、なんて常識は、どこの国にもありませんよね。)