ホーム > 学部前期課程版 > 教養学部(前期課程) > 学術フロンティア講義 (エコで安全で健康な社会を実現する機械工学)

Home > Under Graduate (1st and 2nd years) > Arts and Sciences > Academic Frontier Lecture Series

2018年度 教養学部(前期課程) 31377 学術フロンティア講義 (エコで安全で健康な社会を実現する機械工学) 牛田 多加志

機械工学は、エコで安全で健康な社会を実現するための重要な基盤技術として,社会や産業の発展に大きく貢献してきました.そして,機械工学は未来に向けてさらに飛躍的な発展を遂げようとしています.このような機械工学の全貌を外部講師も交えて分かりやすく解説します. ※このゼミは4月6日(金)6限(18:45~)に駒場キャンパス7号館743教室にて行われる工学部合同説明会への参加を予定しています。

2018 Arts and Sciences 31377 Academic Frontier Lecture Series Takashi Ushida

共通科目コード Common Course Code CAS-TC1100L1
開講学期 Semester S1S2
開講時限 Period
金曜2限 Fri 2nd
単位数 Credits 2
学年 Academic Year Other
他学部聴講 Open to other faculties 不可 NO
教室 Classroom
駒場12号館 1225教室
Komaba Bldg.12 Room 1225
授業使用言語 Language in Lecture 日本語 Japanese
講義題目 Title エコで安全で健康な社会を実現する機械工学
授業計画 Schedule 1 4月6日 牛田多加志 教授 牛田多加志 教授 2 4月13日 高木 周 教授 3 4月20日 丸山 茂夫 教授 4 4月27日 中尾 政之 教授 5 5月11日 鎌田 実 教授 6 5月19日 加藤秀樹 講師   (トヨタ自動車) 7 5月18日 大島 浩 講師   (JR東海) 8 6月8日 長谷川 信樹 講師(コマツ) 9 6月15日 割澤 伸一 教授 10 6月22日 鈴木 雄二 教授 11 6月29日 杉田 直彦 教授 12 7月6日 (予備日)
授業の方法 Teaching Methods 講義ごとに毎回,1名の教員が,独立したテーマで講義を行う.いずれも,エコ,安全,健康といった観点で,それらを実現する上で機械工学がいかに活用されているかについて分かりやすく解説する.
成績評価方法 Method of Evaluation 成績評価方法:出席 50%  レポート 50% レポート課題:関心を持った講義を2つ選択し,docまたは.pdf形式でファイルを作成して,7月8日までに牛田教授宛にメール添付で送付すること.
履修上の注意 Notes on Taking the Course 各講義はオムニバスですので,各講義における出席は必須です.レポート課題は2件課しますが,受講した講義から自由に選択可能です.

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account