ホーム > 大学院版 > 人文社会系研究科 > 東京大学探索―埋蔵文化財と文化資源学

Home > Graduate > Humanities and Sociology > Cultural Resource Studies and the Archaeological Heritage of the University of Tokyo

2018年度 人文社会系研究科 21185001 東京大学探索―埋蔵文化財と文化資源学 木下 直之

東京大学は、1983年に臨時遺跡調査室(現在の埋蔵文化財調査室)を開設して以来、本郷キャンパスの発掘を営々と続けてきた。東京でこれほど徹底的に掘られ続けている場所はほかにない。かつての加賀藩邸跡に東京大学がほぼそのまま存在しているがゆえに、発掘成果は近世考古学という学問領域の成立に大きく貢献し、発掘対象は古いほどよいとされてきた考古学の在り方を根底から変えた。 本講義では、発掘の成果に加えて、地上に「埋蔵」されているもの(見えているのに気づかないもの)にも目を向け、東京大学本郷キャンパスがどのように形成され、今日の姿に至ったかをたどる。東京大学の「文化資源」を発掘しようとする試みでもある。 文化資源学研究室と埋蔵文化財調査室が組み、さらに史料編纂所、大学文書館、総合研究博物館、生産技術研究所の教員が参加し、リレー形式で東京大学の姿を明らかにする。見学会もある。東京大学に入学しても、大半の学生は東京大学を知らずに卒業していく。それはもったいない。

2018 Humanities and Sociology 21185001 Cultural Resource Studies and the Archaeological Heritage of the University of Tokyo Naoyuki Kinoshita

共通科目コード Common Course Code GHS-CR6E01L1
開講学期 Semester S1S2
開講時限 Period
水曜2限 Wed 2nd
単位数 Credits 2
学年 Academic Year M1 M2 D1 D2 D3
他学部聴講 Open to other faculties 可 YES
教室 Classroom
法文2号館 2番大教室
授業使用言語 Language in Lecture 日本語 Japanese
講義題目 Title 東京大学探索ー埋蔵文化財と文化資源学
授業計画 Schedule 開講日に指示する。
授業の方法 Teaching Methods リレー形式の講義
成績評価方法 Method of Evaluation 出席回数とレポート
教科書 Required Textbook
なし
参考書 Reference Books 授業中に指示する。
履修上の注意 Notes on Taking the Course 学内での見学会あり。

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account