ホーム > 検索結果

Home > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
3736-028
システム創成学特別講義1
System Innovation Special Lecture 1
各教員
S1S2 金曜5限
Fri 5th

特別講義を通じて,研究・産業界等の先端的技術,社会情勢・問題点などに関する幅広い知識を習得する。さらに,研究に対する社会からの要請を理解し,将来の進路選択・問題発見にそれらの知識を役立てることを目的とする. 講義テーマは,システム創成学専攻の4重点分野(人工物ネットワーク,社会経済システム,グローバル循環システム,先端知デザイン)から概ね均等に提供する.未知の話題に対して,講義を通じて積極的に理解する姿勢を身に付ける.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 工3号館 工31号講義室 Faculty of Engineering Bldg.3 #31
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
41921562
GME-HN6562L2
創傷看護学特論II
Special Lecture in Wound Care NursingII
仲上 豪二朗
Gojiro Nakagami
A2 月曜5限 月曜6限
Mon 5th Mon 6th

難治性潰瘍の管理は、発生の予測・予防に始まり、創のアセスメント、治療などが含まれ、創傷管理に従事する看護師は多岐にわたる知識を要求される。従って、創傷看護学研究には他分野融合による看護理工学的取り組みが求められる。本講義では、若手研究者育成を目指した日本で唯一の看護学研究センターである東京大学大学院医学系研究科附属グローバルナーシングリサーチセンター ケアイノベーション創生部門に所属する多分野の研究者から、各分野における基礎研究から実践までを含んだ最新の知見を学び、また討議を通じて創傷看護学に対する科学的思考能力を身に着けることを目的とする。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 医学部3号館 3号館1F N101講義室、医学部3号館 S101、医学部3号館 S102、医学部3号館 S201、医学部3号館 S202
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
41911131
GME-ML6131L2
医学共通講義XXXI
General Lectures in Medical Sciences XXXI
鄭 雄一
Yuichi Tei
A1A2 金曜2限
Fri 2nd
医工学概論

世界的に少子高齢化が急速に進行する現状において、低侵襲診断・治療、分子標的創薬、再生医療などの先端医療開発システムの実現、すなわちライフイノベーションが、現在かつ将来にわたって人類社会の主要な課題の一つである。ライフイノベーションは、多要素が複雑に絡み合っており、単一のディシプリンで成し遂げられる可能性は極めて低く、複数のディシプリンの協働と融合が必須である。 そこで、本講義では、医学及び工学の融合領域(バイオメディカルサイエンス)において最先端研究を行っている学内の医学系研究者を中心に、学外の講師もお招きして、生体イメージング、生体材料、ビッグデータ解析、遺伝子診断、再生医学、医療用ロボットを含めた医療機器に関する最新の成果を講義していただく。これにより、互いの分野のニーズとシーズをより理解し、発展させ、実用化プランを描くのに必要な知識を得る。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 工5号館 工56号講義室 Faculty of Engineering Bldg.5 #56
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
4926521
先端表現情報学基礎ⅠA
Basic Lectures on Emerging Design and Informatics IA
山中 俊治
Shunji Yamanaka
S1S2 水曜1限
Wed 1st
先端表現情報学基礎 IA Basic Lectures on Emerging Design and Informatics IA

デザインについての理論,方法論として,人工物のための美学,潜在発想力強化などについての講義,演習を行う. In this course about design theory and methodology, lectures and practices on the on the following issues are given, the aesthetics of artifacts and Idea generation potentiality supplements.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 工学部新2号館 工223号講義室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
FEN-SI3401L1
FEN-SI3401L1
システム創成倫理
Ethics for Engineers in Systems Innovation
増田 昌敬
Yoshihiro Masuda
S1S2 木曜6限
Thu 6th

学生がこれから研究者,技術者になるにあたって,プロフェッショナルとしての倫理観を身につけておくことは必須である。工学部では毎年,科学倫理・技術倫理やこれに深く関わる分野を専門とされる講師の先生による「工学部倫理講演会」を開催しており,これらの講演を聴講することで,倫理観を醸成することを目的とする。システム創成学科では,技術倫理,技術者倫理は「FEN-SI3w52L1 社会のための技術」で学ぶが,その理解を深めるために積極的に履修することを勧める。なお,システム創成学科に所属する学生で,「FEN-SI3w52L1 社会のための技術」を履修した学生のみ,単位を取得することができる。

単位 Credit:1
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
3799-231
GEN-CO6y19L1
高齢社会総合研究学特論X
Advanced Course on Gerontology and Aging Ⅹ
鎌田 実
KAMATA Minoru
A1A2 金曜5限 金曜6限
Fri 5th Fri 6th

ジェロンテクノロジー(Gerontechnology)とは,高齢者を支援するためのシステムを扱う研究分野である.本科目では,高齢者の生活や社会活動などを支援するための情報・機械システムについて,オムニバス形式で講義を行う.本講義の内容は次の通りである. ・衰えた運動器・感覚器の機能補助を行うための運動支援・認知機能支援システム ・日進月歩での発展が著しい情報機器を用いた支援手法と,それら機器の使用の支援手法 ・高齢者就労など社会的課題に対応するための仕組みとシステム

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 工8号館 722演習室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M300-0091S
横断型 University-wide
現代科学技術概論III
Introduction to Contemporary Science and Technology III
江間 有沙
EMA Arisa
S1S2 木曜5限
Thu 5th
人工知能が浸透する社会について考える

 「人工知能」が新聞紙面で見ない日はないほど、自動運転・農業・医療・金融・サービス業等様々な人工知能が紹介され、社会的な関心は高まっています。そのため、国内外で人工知能技術の開発初期段階からの原則策定や、技術の倫理的、法的、社会的影響(Ethical, Legal and Social Implications)の議論が行われています。このような議論には多様な分野の知見が求められており、今後、情報系研究者も倫理・法・社会的知見を持つこと、政策関係者や実務家、人文・社会科学の研究者も情報技術に関する知見を持つことが必要となります。  本授業では、「どうやったら技術を社会に受容してもらえるのか」「技術が私たちの社会をどう変えてしまうのか」という技術決定論的あるいは受け身な態度ではなく、「どのような社会を目指し、そのために技術や人は何ができるか」といった視点から「人工知能と社会」における論点を考えます。そのため、人工知能関連技術と密接に関係する分野や学問領域で話題提供いただくゲスト講師をお招きします。  また授業は人文・社会科学系、理工系の学生に開かれており、異分野の学生同士での対話の仕方も学び、ディスカッションを通して各々特定のテーマについての最終レポートを作成します。また、学生には授業前にテーマに関する資料を予習し、質疑応答やディスカッションに主体的に参加することが求められます。  本授業への最大受け入れ可能人数は最大30名です。受講者多数の場合、分野のバランスを考慮しつつ選抜を行います。そのため、本授業への参加を希望される方は必ず初回授業(4月11日)への参加をお願いします。どうしても初回に参加できない場合は、教員に事前に連絡をしてください。   なお、本授業は総合文化研究科、情報理工学系研究科、情報学環・学際情報学府、公共政策大学院の合併授業です。

単位 Credit:2
教室 Room: 国際学術総合研究棟 講義室B International Academic Research Bldg. Lecture Hall B
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
3799-153
GEN-CO5400L0
工学倫理
Engineering Ethics
浅見 泰司
Yasushi Asami
S1 木曜6限
Thu 6th

工学系研究科では、倫理教育を補完することを目的に、夏学期に大学院共通講義として「工学倫理」を開講しています。 科学・技術倫理やこれに深く関わる分野を専門とされる講師の先生方をお招きし、ご講演をいただきます。2019年度は計7回の講演会を開催します。 -------- The Lectures on Engineering Ethics is held every S1S2 at the Graduate School of Engineering to complement the activities of each department. We invite lecturers in the fields of scientific and technical ethics and, this year, we will provide a series of 7 lectures.

単位 Credit:1
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 25番教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
41921421
GME-HN6421L2
看護管理学特論I
Special Lecture in Nursing AdministrationI
武村 雪絵
Yukie Takemura
S1 水曜1限 水曜2限
Wed 1st Wed 2nd
医療・看護における組織現象を理解するための看護管理学の主要概念を学ぶ

看護管理学とは、看護の力を効果的に患者に届け社会に活かす方法を探求する学問であり、看護の視点や価値観を組織活動に活かすことを追究する学問である。本科目では、看護管理学において重要な概念である「組織」と「人」を理解する基盤となる理論を学び、さらに組織における人の行動に影響を与える「環境」について学ぶ。授業においては、ケースを用いて組織開発のアプローチを探求するワークを行う。また、法律、行政、病院経営、医療システム社会工学、建築の各分野で活躍する講師からの講義を受け、ディスカッションを行う。これらを通じて看護管理学の概要及び医療・看護で生じ得る組織現象を理解し、組織に働きかける際、あるいは、組織を研究する際に必要となる知識やパースペクティブを涵養することを目的とする。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 医学部3号館 S201、医学部3号館 S202
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
4890-1047
GIF-CO5523L1
横断型 University-wide
GCL情報理工学特別講義Ⅲ(人工知能が浸透する社会について考える)
GCL Special Lecture in Information Science and Technology Ⅲ
國吉 康夫
Yasuo Kuniyoshi
S1S2 木曜5限
Thu 5th
人工知能が浸透する社会について考える

 「人工知能」が新聞紙面で見ない日はないほど、自動運転・農業・医療・金融・サービス業等様々な人工知能が紹介され、社会的な関心は高まっています。そのため、国内外で人工知能技術の開発初期段階からの原則策定や、技術の倫理的、法的、社会的影響(Ethical, Legal and Social Implications)の議論が行われています。このような議論には多様な分野の知見が求められており、今後、情報系研究者も倫理・法・社会的知見を持つこと、政策関係者や実務家、人文・社会科学の研究者も情報技術に関する知見を持つことが必要となります。  本授業では、「どうやったら技術を社会に受容してもらえるのか」「技術が私たちの社会をどう変えてしまうのか」という技術決定論的あるいは受け身な態度ではなく、「どのような社会を目指し、そのために技術や人は何ができるか」といった視点から「人工知能と社会」における論点を考えます。そのため、人工知能関連技術と密接に関係する分野や学問領域で話題提供いただくゲスト講師をお招きします。  また授業は人文・社会科学系、理工系の学生に開かれており、異分野の学生同士での対話の仕方も学び、ディスカッションを通して各々特定のテーマについての最終レポートを作成します。また、学生には授業前にテーマに関する資料を予習し、質疑応答やディスカッションに主体的に参加することが求められます。  本授業への最大受け入れ可能人数は最大30名です。受講者多数の場合、分野のバランスを考慮しつつ選抜を行います。そのため、本授業への参加を希望される方は必ず初回授業(4月11日)への参加をお願いします。どうしても初回に参加できない場合は、教員に事前に連絡をしてください。   なお、本授業は総合文化研究科、情報理工学系研究科、情報学環・学際情報学府、公共政策大学院の合併授業です。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 国際学術総合研究棟 講義室B International Academic Research Bldg. Lecture Hall B
講義使用言語 Language:日本語 Japanese

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 12968 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account