ホーム > 検索結果

Home > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
04195041
FLE-HU4210L1
文化資源学特殊講義Ⅰ
Topics in Cultural Resources Studies I
松田 陽
MATSUDA Akira
S1S2 火曜2限
Tue 2nd
ユネスコと文化遺産

今日ユネスコは、世界遺産、無形文化遺産、世界の記憶(Memory of the World)、ジオパークの登録事業を通して、世界中の文化遺産の保護に関わっている。またこれらの登録事業の他にもユネスコは、武力紛争時の文化財の保護、文化財の不法取引の禁止、紛争終了後の文化遺産修復に関連した活動に従事している。こうしたユネスコの活動は、一国際機関という枠組みを超え、各国の文化遺産保護の体制に影響を与え、さらに「文化遺産とは何か」という理論的な検討・理解を世界中に推し進めてきた。以上を念頭に置き、本授業ではユネスコが行ってきた/行っている文化遺産の保護に関する活動とその意義および影響を考える。戦後から今日に至るまでのユネスコ活動史の中で文化遺産保護がどのように位置づけられ、どう発展してきたのかを整理し、それを踏まえてユネスコの将来の展望を考査する。授業では国際条約やその運用指針の文言を確認しながら、ユネスコと世界の文化遺産政策との関わりについて具体的に考察する。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 316教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
04195021
FLE-HU4209L1
文化資源学入門Ⅰ
Introduction to Cultural Resources Studies I
松田 陽
MATSUDA Akira
S1S2 月曜3限
Mon 3rd
文化遺産と現代社会

文化遺産は素晴らしい、したがって残さねばならない――本講義では社会に流布するこの通説を一旦離れ、誰がどのような意図で文化遺産をつくり出し、そのつくり出された文化遺産を誰がどう使うのかを多角的に考える。ここで採用したいのは、文化遺産を現象として捉える視点である。個別に文化遺産と呼ばれているモノやコトを理解するのではなく、なぜそれらのモノやコトが文化遺産となったのか、そしてなりえるのかを考えることによって、文化遺産という社会現象のメカニズムを明らかにしたい。検討するテーマは、文化遺産と文化財の関係、法律・行政、震災遺構、陵墓、記憶と記録、古墳と民間信仰など(授業の進行具合に応じて調整する可能性がある)。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 113教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
04195142
FLE-XX4304L1
文化資源学特殊講義Ⅴ
Topics in Cultural Resources Studies V
丸井 雅子
A2 集中
Intensive 
この講義では、ユネスコ世界遺産に登録されている文化遺産に焦点を当て、それをめぐる国際協力の歴史的展開をたどりながら、現代社会における文化遺産の多様な価値を、特に地域社会の視点から描き出します。 20世紀末、世界文化遺産の新たな普遍的価値として「景観」という概念が加わりました。アンコール遺跡(カンボジア)の世界遺産登録が契機であるとされます。「文化遺産保護」と「景観保護」の二大規範に規定され続けるアンコール遺跡地域における、地域住民の暮らし・信仰・生存戦略を考えます。 文化遺産とそれをめぐる国際協力をグローバル・イシューと位置付ける一方で、文化遺産を包摂するそれぞれの地域(ローカル)の経験や知恵を描き出すことの重要性に気づく、これが授業の目標でもあります。

1.世界遺産条約の成立背景と経過を理解する 2.文化遺産保護をめぐる国際協力の規範に対する批判的な見方を養う 3.地域社会の視点に立脚して、実際の国際協力事業を再検証できるようになる 4.自らのテーマに基づき、地域と文化遺産に関連するプレゼンテーションを実施、小論文にまとめる

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
21195103
GHS-CR6B01L1
ユネスコと文化遺産
UNESCO and cultural heritage
松田 陽
MATSUDA Akira
S1S2 火曜2限
Tue 2nd
ユネスコと文化遺産

今日ユネスコは、世界遺産、無形文化遺産、世界の記憶(Memory of the World)、ジオパークの登録事業を通して、世界中の文化遺産の保護に関わっている。またこれらの登録事業の他にもユネスコは、武力紛争時の文化財の保護、文化財の不法取引の禁止、紛争終了後の文化遺産修復に関連した活動に従事している。こうしたユネスコの活動は、一国際機関という枠組みを超え、各国の文化遺産保護の体制に影響を与え、さらに「文化遺産とは何か」という理論的な検討・理解を世界中に推し進めてきた。以上を念頭に置き、本授業ではユネスコが行ってきた/行っている文化遺産の保護に関する活動とその意義および影響を考える。戦後から今日に至るまでのユネスコ活動史の中で文化遺産保護がどのように位置づけられ、どう発展してきたのかを整理し、それを踏まえてユネスコの将来の展望を考査する。授業では国際条約やその運用指針の文章を原文(英語)で確認しながら、ユネスコと世界の文化遺産政策との関わりについて具体的に考察する。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 316教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
21195105
GHS-CR6B01L1
地域研究としての文化遺産国際協力
Area Studies based approach to International Cooperation in Cultural Heritage
丸井 雅子
A2 集中
Intensive 
この講義では、ユネスコ世界遺産に登録されている文化遺産に焦点を当て、それをめぐる国際協力の歴史的展開をたどりながら、現代社会における文化遺産の多様な価値を、特に地域社会の視点から描き出します。 20世紀末、世界文化遺産の新たな普遍的価値として「景観」という概念が加わりました。アンコール遺跡(カンボジア)の世界遺産登録が契機であるとされます。「文化遺産保護」と「景観保護」の二大規範に規定され続けるアンコール遺跡地域における、地域住民の暮らし・信仰・生存戦略を考えます。 文化遺産とそれをめぐる国際協力をグローバル・イシューと位置付ける一方で、文化遺産を包摂するそれぞれの地域(ローカル)の経験や知恵を描き出すことの重要性に気づく、これが授業の目標でもあります。

1.世界遺産条約の成立背景と経過を理解する 2.文化遺産保護をめぐる国際協力の規範に対する批判的な見方を養う 3.地域社会の視点に立脚して、実際の国際協力事業を再検証できるようになる 4.自らのテーマに基づき、地域と文化遺産に関連するプレゼンテーションを実施、小論文にまとめる

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
21195010
GHS-CR6E01L1
文化遺産と現代社会
Cultural Heritage and Modern Society
松田 陽
MATSUDA Akira
S1S2 月曜3限
Mon 3rd

文化遺産は素晴らしい、したがって残さねばならない――本講義では社会に流布するこの通説を一旦離れ、誰がどのような意図で文化遺産をつくり出し、そのつくり出された文化遺産を誰がどう使うのかを多角的に考える。ここで採用したいのは、文化遺産を現象として捉える視点である。個別に文化遺産と呼ばれているモノやコトを理解するのではなく、なぜそれらのモノやコトが文化遺産となったのか、そしてなりえるのかを考えることによって、文化遺産という社会現象のメカニズムを明らかにしたい。検討するテーマは、文化遺産と文化財の関係、法律・行政、震災遺構、陵墓、記憶と記録、古墳と民間信仰など(授業の進行具合に応じて調整する可能性がある)。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 113教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
21190703
GHS-GC6F01L1
世界遺産と場所の資源化にみる宗教地理学
Geography of Religion on the World Heritages and the Places as Tourism Resources
松井 圭介
A1A2 月曜3限
Mon 3rd
世界遺産と場所の資源化にみる宗教地理学/Geography of Religion on the World Heritages and the Places as Tourism Resources

本講義では,主に日本国内をフィールドとして,ある場所が特別な意味や価値を付与されることにより,聖地として構築されていく過程を検討しつつ,現代社会においてある場所が聖地として資源化・商品化されていく様子や課題について検討する。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 113教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
04190543
FLE-HU4E03L1
宗教学宗教史学特殊講義Ⅲ
Topics in Religious Studies and History of Religions III
松井 圭介
A1A2 月曜3限
Mon 3rd
世界遺産と場所の資源化にみる宗教地理学/Geography of Religion on the World Heritages and the Places as Tourism Resources

本講義では,主に日本国内をフィールドとして,ある場所が特別な意味や価値を付与されることにより,聖地として構築されていく過程を検討しつつ,現代社会においてある場所が聖地として資源化・商品化されていく様子や課題について検討する。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 113教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
08C284703
FAS-CA4Q40S1
特殊研究演習XIII(3)
Special Topics XIII (3) (Seminar)
松浦 史明
MATSUURA Fumiaki
A1A2 未定
To Be Arranged 
アンコール・ワットを通して見る前近代東南アジアの歴史

この授業の目標は、アンコール・ワットという「歴史的なモノ」を通して前近代東南アジアの歴史を多角的に理解することで、自分自身の歴史の見方とその偏りを相対化しつつ、各人がもつ視座の強度を高め、人を動かす歴史の語り方を確立することです。 講義では、12世紀前半に現在のカンボジアの地に建立された「世界遺産」アンコール・ワットをめぐる様々な謎や疑問を入り口として、東南アジアのみならずインドや中国も含めた広い地域における歴史を、色々な角度から読み解きます。同時に、現在の歴史認識や文化遺産保護にまつわる諸問題も取り上げ、私たちはどのように過去と付き合い、語っていくべきかについて考えます。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 未定 To Be Arranged
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
21190041
GHS-XX6A01L3
世界の縄文研究
Jomon studies in the world
佐藤 宏之
Hiroyuki Sato
A2 集中
Intensive 
世界の縄文文化研究

以下のことを考察する。1.縄文学の歴史における日本人以外の考古学者(エドワード・モースから21世紀まで)の果たした役割とその影響、そして西洋から見た縄文観の発展について。2. 世界の考古学にとっての縄文研究の重要性。3. 世界の考古学が縄文研究に与える影響。

単位 Credit:1
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:英語 English

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 12789 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account