ホーム > 検索結果

Home > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
0705706
FEC-WW4809L1
労働法
Labor Law
荒木 尚志
Takashi Araki
A1A2 月曜3限 木曜2限
Mon 3rd Thu 2nd
労働法

本講義では、報道等でもしばしば目にする雇用・労働をめぐる身近な事象(例えば、採用内定・内々定、セクハラ、パワハラ、ワーク・ライフ・バランス、時間外労働規制、過労死・過労自殺、非正規雇用、同一労働同一賃金、解雇の金銭解決、企業別組合など)が日本の雇用システムの中でどのように位置づけられ、そして法的にどのような問題として把握されるのかの検討を通じて、労働法の体系的理解へと誘う。また、雇用システムが大きく変化し、「働き方改革」が求められている現在、労働法が果たすべき役割についても、諸外国との比較を交えて考察する。

単位 Credit:4
教室 Room: 法文1号館 25番教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
0119451
FLA-PL3502L1
労働法
Labor Law
荒木 尚志
Takashi Araki
A1A2 月曜3限 木曜2限
Mon 3rd Thu 2nd
労働法

本講義では、報道等でもしばしば目にする雇用・労働をめぐる身近な事象(例えば、採用内定・内々定、セクハラ、パワハラ、ワーク・ライフ・バランス、時間外労働規制、過労死・過労自殺、非正規雇用、同一労働同一賃金、解雇の金銭解決、企業別組合など)が日本の雇用システムの中でどのように位置づけられ、そして法的にどのような問題として把握されるのかの検討を通じて、労働法の体系的理解へと誘う。また、雇用システムが大きく変化し、「働き方改革」が求められている現在、労働法が果たすべき役割についても、諸外国との比較を交えて考察する。

単位 Credit:4
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 25番教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
25-6946
GLP-LS6501S9
演習(労働法:労働法政策の現代的課題)
Labor Law Seminar
荒木 尚志
Takashi Araki
A1A2 月曜5限
Mon 5th

少子高齢化、長時間労働問題、非正規雇用の増加、正規・非正規の格差拡大など、雇用システムは大きく変化し、雇用労働政策はめざましく展開している。2018年の働き方改革関連法では、長時間労働規制、高度プロフェッショナル制度などの労働時間規制改革、正規・非正規の格差是正のための「同一労働同一賃金」政策など、新たな立法もなされ、政策論とともに新制度の解釈論の検討も必要となる。その他にも、副業・兼業の場合の労働法規制のあり方、解雇の金銭解決制度、債権法改正に対応した労働関係における消滅時効制度の見直し、労働組合組織率低下の中での従業員代表制導入論など、今後の法政策上の課題も目白押しである。 本演習では、変容しつつある労働法の最先端の理論的・政策的課題について、3-4名から構成される報告グループに、2つのテーマについて報告してもらう。法政策論を展開するには、実は現在の法制度や判例状況の正確な理解が不可欠であり、労働法全体を政策論という観点から整理し体得する演習となろう。

単位 Credit:2
教室 Room: 法学政治学系総合教育棟 305号室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
25-302-44
GLP-LP6128S1
労働法(労働法政策の現代的課題)
Labor Law (Special Study)
荒木 尚志
Takashi Araki
A1A2 月曜5限
Mon 5th

少子高齢化、長時間労働問題、非正規雇用の増加、正規・非正規の格差拡大など、雇用システムは大きく変化し、雇用労働政策はめざましく展開している。2018年の働き方改革関連法では、長時間労働規制、高度プロフェッショナル制度などの労働時間規制改革、正規・非正規の格差是正のための「同一労働同一賃金」政策など、新たな立法もなされ、政策論とともに新制度の解釈論の検討も必要となる。その他にも、副業・兼業の場合の労働法規制のあり方、解雇の金銭解決制度、債権法改正に対応した労働関係における消滅時効制度の見直し、労働組合組織率低下の中での従業員代表制導入論など、今後の法政策上の課題も目白押しである。 本演習では、変容しつつある労働法の最先端の理論的・政策的課題について、3-4名から構成される報告グループに、2つのテーマについて報告してもらう。法政策論を展開するには、実は現在の法制度や判例状況の正確な理解が不可欠であり、労働法全体を政策論という観点から整理し体得する演習となろう。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法学政治学系総合教育棟 305号室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
25-6391
GLP-LS6404L1
労働法
Labor Law
山川 隆一
YAMAKAWA RYUICHI
S1S2 火曜4限 金曜4限
Tue 4th Fri 4th
労働法

 「雇われて働く」ことを基軸とする労働関係を規律する労働法につき、その基礎的な理解の習得と応用力の養成を目的とする。具体的には、労働法上の基本概念を把握したうえ、個々の労働者と使用者との個別的な労働関係をめぐる法的ルール、及び、労働組合と使用者等との集団的な労働関係をめぐる法的ルールを検討し、あわせて、労働市場や労働紛争処理をめぐる事項も取り扱う。法改正の動向等にも適宜言及する予定である。

単位 Credit:4
教室 Room: 法学政治学系総合教育棟 305号室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
25-302-37
GLP-LP6128L1
労働法
Labor Law (Special Study)
山川 隆一
YAMAKAWA RYUICHI
S1S2 火曜4限 金曜4限
Tue 4th Fri 4th
労働法

 「雇われて働く」ことを基軸とする労働関係を規律する労働法につき、その基礎的な理解の習得と応用力の養成を目的とする。具体的には、労働法上の基本概念を把握したうえ、個々の労働者と使用者との個別的な労働関係をめぐる法的ルール、及び、労働組合と使用者等との集団的な労働関係をめぐる法的ルールを検討し、あわせて、労働市場や労働紛争処理をめぐる事項も取り扱う。法改正の動向等にも適宜言及する予定である。

単位 Credit:4
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法学政治学系総合教育棟 305号室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
0119029S
FLA-SE4502S2
労働法演習
Seminar in Labor Law
荒木 尚志
Takashi Araki
S1S2 月曜5限
Mon 5th
労働法最新重要判例演習

雇用・労働問題は「内々定取消し」「過労死・過労自殺」「長時間労働」「同一労働同一賃金」「解雇の金銭解決」「セクハラ・パワハラ」「ブラックバイト」「非正規雇用」など、マスコミでも多く取り上げられており、特に、2018年には「働き方改革」のための法改正もなされ、皆さんにとっても身近な法律問題だと思います。これらの問題は、労働裁判としても争われ、法律を具体的な社会問題に解釈・適用するとはどういうことか、さらには、雇用システムの変化に対応してこれからの労働法政策のあり方をどう考えるべきかについての格好の素材を提供しています。 そこで、このゼミでは、最新の(つまり、判例評釈も出ていないため、皆さんが自分の頭で考えるしかない)重要裁判例を取り上げながら、変化する雇用システムの下で生起する法的問題について、法解釈論と立法政策の双方について議論します。そして、生の判例を読む力、事実関係を正確に認識・分析し、法的な論理を組み立てて説得的な議論を展開する力の修得を目指します。 実際のゼミの運営は、男女・学年を混合した4人の報告グループを作り、各グループが2件の報告を担当します。荒木ゼミではゼミ生が主役。皆さんがとことん議論をすることを重視し、教師は最後の15分まで口を開きません。司会進行もゼミ生が担当します。ゼミでは、全員に取り上げた判例について一言コメントを求めますので、荒木ゼミではゼミ生が一度も発言せずに終わることはあり得ません。是非、議論する醍醐味を味わって欲しいと思います。労働法未修者も歓迎します。 なお、5限の授業ですが、午後7時頃までは議論が白熱しているのが通例ですので、参加に当たっては留意して下さい。 労働委員会・ハローワーク等の見学やゲストスピーカーの講演、合宿等のイベントも例年実施しています。

単位 Credit:2
教室 Room: 法文1号館 19番教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
25-6731
GLP-LS6422L1
会社労使関係法
Corporate and Industrial Relations Law
荒木 尚志
Takashi Araki
A1A2 金曜5限
Fri 5th
会社労使関係法

今日の企業経営においては、資金調達、投資、製造・販売活動という側面が重要であることはいうまでもないが、そうした企業の事業活動を実際に担い、企業を支える従業員(労働者)の適切な管理、教育訓練、従業員を事業活動へ積極的に関与させ、勤労意欲を高める方策、従業員への適切な利益配分といった側面も、同様に重要である。前者の側面はもっぱら会社法で、後者の側面はもっぱら労働法で取り扱っているが、実際の企業の運営においては、しばしば両者が密接に絡み合う形で発生する。この授業では、会社における労使関係の問題を会社法・労働法双方の見地から、理論的考察を行うとともに、実務に即した形でも検討することで、問題を総合的に検討する法的考察能力を養うことをねらいとする。

単位 Credit:2
教室 Room: 法学政治学系総合教育棟 201号室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
25-6392
GLP-LS6404L1
労働法
Labor Law
荒木 尚志
Takashi Araki
S1S2 火曜4限 金曜4限
Tue 4th Fri 4th
労働法

企業運営に不可欠の人的・組織的側面にかかわる雇用・労使関係の法的ルールを取り扱う。基本概念を踏まえた上で、労働関係の設定・展開・終了に関わる個別法、集団的労働条件規制や企業組織運営に関わる集団法、新展開領域、紛争処理システム等を検討し、最後に、諸規範が相互に関連して問題となる場面を扱い、具体的な応用力を高めることを目指す。労働立法は大きな転換期にあるので、日本の雇用システムを比較法的視点から分析しつつ、今後の雇用・労働政策の方向についても随時議論する予定である。

単位 Credit:4
教室 Room: 法学政治学系総合教育棟 101号室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
25-6917
GLP-LS6501S9
演習(労働法:比較労働法)
Labor Law Seminar
荒木 尚志
Takashi Araki
S1S2 月曜2限
Mon 2nd
比較労働法演習

本演習では、外国語論文を読み、労働法の諸課題について、比較法的視点から検討する。今回の演習では、ホワイトカラーなど、工場労働を前提とした労働上の規制では適切に対応できない労働者についての新たな規制や適用除外の在り方など、労働法が直面する現代的課題について、アメリカなど諸外国の状況を踏まえつつ検討する予定である。本演習の具体的内容については、参加者の希望も考慮して確定する。英語文献を講読する予定である。

単位 Credit:2
教室 Room: 法学政治学系総合教育棟 304号室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 7227 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account