学部前期課程
HOME 学部前期課程 教育臨床心理学

教育臨床心理学

臨床心理学概論
臨床心理学は、多様な個々のクライエントの具体的福祉向上をめざす、実践(心理臨床)のための「学」である。しかし、それを学問体系として、あるいは、科学として理解するためには、精神分析学や精神医学とならび、認知・発達・社会などの心理学諸分野の知識が不可欠である。本講義では、「発達」をキーワードに、「臨床心理学の成り立ち」と、それに基づく「臨床心理学の代表的な理論」と介入法、教育支援についての理解を目的とする。
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
50076
CAS-GC1C52L1
教育臨床心理学
石垣 琢麿
A1 A2
月曜2限
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
駒場13号館 1313教室
講義使用言語
日本語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
不可
開講所属
教養学部(前期課程)
授業計画
授業内容の概要は以下のとおり。 1.発達の心理学 2.発達に関する諸問題 3.青年期の心理 4.児童・青年期に好発する心理的問題 5.学校教育における諸問題
授業の方法
講義形式ではあるが、スライドやビデオを適宜提示して補完する。
成績評価方法
期末試験を行う。
履修上の注意
質問は適宜受け付ける。