大学院
HOME 大学院 サステイナビリティ学特論 ―アジアの米・稲 (Sustainability Science Course – Rice in Asia)
学内で開催されるオンライン授業の情報漏えい防止のため,2020年4月4日以降は授業カタログの更新を見合わせています

サステイナビリティ学特論 ―アジアの米・稲 (Sustainability Science Course – Rice in Asia)

サスティナビリティ学特論―アジアの米・稲 Sustainability Science Course – Rice in Asia
日本とアジアで最も身近な生物資源の1つである「米・稲」を通して、持続可能な開発の姿を明らかにすることを目標とする。講義、ビデオの視聴、参加型演習、食料農業統計データベースの活用により、(1)世界の多様な稲生態系と生産現場を概観し、(2)食料問題や作物生産に関する基礎知識を学び、(3)サステイナビリティ、レジリエンス、平和構築、ステークホルダー、無知のベールなどの概念について理解を深める。さらに、(4)多様な社会の構成員がどのように食料生産技術を選択するのか、また先端的な科学知識をどのように技術に繋げるのか、主体的に考える。「米・稲」の多面的な知識を得て、アジアの稲作現場への視野を広げられ、持続可能な開発とそのために必要な技術について分析する基礎的能力を身に付けられる。

The course aims to clarify images of sustainable development through rice, one of the most popular biological resources in Japan and Asia. Through lecture, video, participatory practices, and exercise of food and agricultural statistical database, (1) overviews of diversity of rice ecosystems and fields of production, (2) basic knowledge of food problem and crop production, and (3) key concepts of sustainability, resilience, peace-making, stakeholder, veil of ignorance, are presented. Students actively learn how to choose food production technologies by diverse members of society and how to link most advanced knowledge of natural sciences with technologies. Students will acquire knowledge of various aspects of rice, broader views toward rice farming fields in Asia, and basic ability to analyze sustainable development and necessary technologies.
MIMA Search
時間割/共通科目コード
コース名
教員
学期
時限
3990111
サステイナビリティ学特論 ―アジアの米・稲 (Sustainability Science Course – Rice in Asia)
鴨下 顕彦
A1 A2 W
集中
マイリストに追加
マイリストから削除
教室
講義使用言語
日本語、英語
単位
2
実務経験のある教員による授業科目
NO
他学部履修
開講所属
農学生命科学研究科
授業計画
ユニット1 米・稲を学ぶ―専門分野とサステイナビリティアプローチ、統計データベース ユニット2 緑の革命と持続可能な開発―人口と食料、生態系、収量と遺伝・環境・管理 ユニット3 ステークホルダー解析と技術の開発・選択-灌漑開発、参加型技術開発・普及 ユニット4 遺伝子組み換え作物とゲノム編集技術 ―セラリーニ事件、規制 ユニット5 多様な作物生産技術―ストレス抵抗性の改良、気候変化への適応策と緩和策、革新的アグロノミー技術、種子生産技術 ユニット6 平和構築と稲 Unit 1 Learning of rice – discipline and sustainability approach, statistical database for production and trade Unit 2 Green revolution and sustainable development – population and food, ecosystems, yield and gene-environment-management Unit 3 Stakeholder analysis and technology development & choices – irrigation development, participatory technology development and dissemination Unit 4 Genetically modified crops and genome editing technology - Seralini affair, regulation Unit 5 Various crop production technologies - improvement of crop stress resistance, adaptation and mitigation to climate change, innovative agronomy, seed multiplication Unit 6 Peace-making and rice
授業の方法
講義と参加型演習による *条件によっては圃場観察・作業・調査を含む lecture and participatory practice *depending on various conditions, field observation, field works, field survey included
成績評価方法
(1) 授業参加態度(40%)、(2) 小課題(30%)、(3)最終レポート発表(30%)による総合評価 wholistic evaluation by (1) active participation attitude to class(40%), (2) responses to small quiz(30%), (3) final report presentation(30%)
教科書
なし non
参考書
1. 生産農学基礎 Basics of Production Ecology (1) 食料生産の生態学I,II,III 農林統計協会。1995年 (1)' Crop Ecology: Productivity and Management in Agricultural Systems. 2nd Edition, by DJConnor, RS Loomis, KG Cassman, 2011, Cambridge University Press (2) Crop yields and global food security. Will yield increase continue to feed the world? by T Fischer, D Byerlee, G Edmeades, 2014. ACIAR (3) 「アジアの生物資源環境学」(アジア生物資源環境研究センター編、2013年、東京大学出版会)、第9章 農業生産システムを選択する――地域農学の視点. 2. 稲作 Rice Production (1)「最新農業技術 作物」 1巻(農山漁村文化協会、2009年)、熱帯アジアの稲作. pp107-120. (2)「アジア・アフリカの稲作」(堀江武編、2015年、農山漁村文化協会) (3)「稲学大成」(松尾孝嶺 [他] 編、1990年、農山漁村文化協会,、第1巻 形態編、第2巻 生理編、第3巻 遺伝編) (3)' Science of the rice plant (T Matsuo et al (Eds), Food and Agriculture Policy Research Center, 1993-1997, v. 1. Morphology, v. 2. Physiology, v. 3. Genetics, Supplementary v. (Indices)) (4) 米の日本史-稲作伝来、軍事物資から和食文化まで (佐藤 洋一郎、2020年、中公新書) 3. サステイナビリティ Sustainability (1) 「よみがえれ!科学者魂」(佐々木聰・雨宮隆・鴨下顕彦・露本伊佐男・中田聡 著、2009年、丸善) サステイナブル・アグリカルチャー pp155-183. (2) Sustainable Rice Platform: Standard for Sustainable Rice Cultivation (ver 2.1) 2020 www.sustainablerice.org (3) Resilient Asia: Fusion of Traditional and Modern Systems for Sustainable Future. (K Takeuchi et al (Eds), 2018, Springer) 4. その他 Other readings (1) 世界で仕事をするということ (グロ ブルントラント、2004、 PHP研究所) (1)' MADAM PRIME MINISTER (Gro Brundtland, 2004, Farrar, Straus and Giroux) (2) 公正としての正義 再説(ジョン・ロールズ、2004年、岩波) (2)' Justice as fairness: A restatement (by John Rawls, edited by E Kelly, 2001, Harvard University Press) (3) 私の仕事 国連難民高等弁務官の10年と平和の構築 (緒方貞子、2017年、朝日文庫) (4) 天、共に在り アフガニスタン三十年の闘い (中村哲、2013、NHK出版)
履修上の注意
10/8 (Thu) (10:25-12:20, 13:00-14:45, Yayoi 7B 234/235), 10/14 (Wed) (8:30-16:40, Nishitokyo) 10/21 (Wed) (8:30-16:40, Nishitokyo) 10/22 (Thu) (13:00-14:45, Yayoi 7B 234/235) 10/28 (Wed) (8:30-16:40, Nishitokyo) 西東京キャンパスと弥生キャンパスで開催 Held at Nishitokyo campus/ Yayoi campus UTASに履修希望登録し、事前テストをダウンロードして、第1回講義前週(10/3)までに回答を、*****へ送ること。 Register to take the course in UTAS, download pre-test and e-mail your answers to ***** before the first lecture.
その他
*第1回講義:2020年10月8日10:25-12:20, 13:00-14:45 弥生キャンパス (7号館B棟234/235室)  *The first lecture date and time; 10:25-12:20, 13:00-14:45, October 8, 2020 Yayoi campus (meeting room 234/235, Bldg. 7B)