経済学部 Economics

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
0701101
経済原論
Principles of Political Economy
清水 真志
Masashi Shimizu
A1A2 月曜4限 月曜5限
Mon 4th Mon 5th
経済原論

資本主義経済を形成するさまざまな要素の間の関係や、それらの発生根拠についての理論的考察を行うことで、資本主義経済の全体像の把握を目指す。この講義では、前半部では「流通論」と「生産論」とを取り扱う。後半部では「機構論」を取り扱う。

単位 Credit:4
教室 Room: 駒場13号館 1323教室 Komaba Bldg.13 Room 1323
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
0701101-01
FEC-ET2101L1
経済原論Ⅰ
Principles of Political Economy Ⅰ
清水 真志
Masashi Shimizu
A1 月曜4限 月曜5限
Mon 4th Mon 5th
経済原論Ⅰ

資本主義経済を形成するさまざまな要素の間の関係や、それらの発生根拠についての理論的考察を行うことで、資本主義経済の全体像の把握を目指す。この講義では、経済原論の前半部に当たる「流通論」と「生産論」とを取り扱う。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場13号館 1323教室 Komaba Bldg.13 Room 1323
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
0701101-02
FEC-ET2102L1
経済原論Ⅱ
Principles of Political Economy Ⅱ
清水 真志
Masashi Shimizu
A2 月曜4限 月曜5限
Mon 4th Mon 5th
経済原論Ⅱ

資本主義経済を形成するさまざまな要素の間の関係や、それらの発生根拠についての理論的考察を行うことで、資本主義経済の全体像の把握を目指す。この講義では、経済原論の後半部に当たる「機構論」を取り扱う。経済原論の前半部に当たる「流通論」と「生産論」についての理解が前提となる。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場13号館 1323教室 Komaba Bldg.13 Room 1323
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
0701102
ミクロ経済学
Microeconomics
神取 道宏
Michihiro Kandori
A1A2 火曜1限 火曜2限
Tue 1st Tue 2nd
ミクロ経済学

経済学は、「文科系」の学問にしては珍しく体系だった理論から成り立っています。つまり、少数の基本原理があり、そこからさまざまな分野での応用や政策提言が導かれるこという形を取っています。本講義で学ぶ「ミクロ経済学」は、その中でも一番の基礎となる基本原理を学ぶ部分にあたり、マクロ経済学・ファイナンス・財政・貿易・国際金融・産業組織・開発経済など、これから皆さんが学ぶ多くの科目を理解するために必要不可欠な分析道具を提供するものです。  具体的には、企業や消費者がどのように行動し、またそれらがお互いにぶつかり合うといかなる結果をもたらすのかを統一的な視点から解明します。また、そうしてもたらされた結果の良し悪しを、国民一人ひとりの判断に基づいて民主的に評価するための基本的な分析手法を学習します。 0. 序 経済学の目的と方法 I. 価格理論 - 市場原理の特長と問題点     1. 消費者行動     2. 生産と企業行動     3. 市場均衡     4. 市場の失敗     5. 独占      II. ゲーム理論と情報の経済学     1. 戦略的状況とは     2. 静学的ゲームとナッシュ均衡     3. 動学的ゲームと戦略の信頼性     4. 情報の経済学: モラルハザードと逆淘汰

単位 Credit:4
教室 Room: 駒場13号館 1323教室 Komaba Bldg.13 Room 1323
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
0701102-01
FEC-ET2103L1
ミクロ経済学Ⅰ
Microeconomics Ⅰ
神取 道宏
Michihiro Kandori
A1 火曜1限 火曜2限
Tue 1st Tue 2nd
ミクロ経済学 I

経済学は、「文科系」の学問にしては珍しく体系だった理論から成り立っています。つまり、少数の基本原理があり、そこからさまざまな分野での応用や政策提言が導かれるこという形を取っています。本講義で学ぶ「ミクロ経済学」は、その中でも一番の基礎となる基本原理を学ぶ部分にあたり、マクロ経済学・ファイナンス・財政・貿易・国際金融・産業組織・開発経済など、これから皆さんが学ぶ多くの科目を理解するために必要不可欠な分析道具を提供するものです。  具体的には、企業や消費者がどのように行動し、またそれらがお互いにぶつかり合うといかなる結果をもたらすのかを統一的な視点から解明します。また、そうしてもたらされた結果の良し悪しを、国民一人ひとりの判断に基づいて民主的に評価するための基本的な分析手法を学習します。 「ミクロ経済学I」では、以下の第1章3節「市場均衡」の前半までを説明する予定です。 0. 序 経済学の目的と方法 I. 価格理論 - 市場原理の特長と問題点     1. 消費者行動     2. 生産と企業行動     3. 市場均衡     4. 市場の失敗     5. 独占      II. ゲーム理論と情報の経済学     1. 戦略的状況とは     2. 静学的ゲームとナッシュ均衡     3. 動学的ゲームと戦略の信頼性     4. 情報の経済学: モラルハザードと逆淘汰

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場13号館 1323教室 Komaba Bldg.13 Room 1323
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
0701102-02
FEC-ET2104L1
ミクロ経済学Ⅱ
Microeconomics Ⅱ
神取 道宏
Michihiro Kandori
A2 火曜1限 火曜2限
Tue 1st Tue 2nd
ミクロ経済学 II

経済学は、「文科系」の学問にしては珍しく体系だった理論から成り立っています。つまり、少数の基本原理があり、そこからさまざまな分野での応用や政策提言が導かれるこという形を取っています。本講義で学ぶ「ミクロ経済学」は、その中でも一番の基礎となる基本原理を学ぶ部分にあたり、マクロ経済学・ファイナンス・財政・貿易・国際金融・産業組織・開発経済など、これから皆さんが学ぶ多くの科目を理解するために必要不可欠な分析道具を提供するものです。  具体的には、企業や消費者がどのように行動し、またそれらがお互いにぶつかり合うといかなる結果をもたらすのかを統一的な視点から解明します。また、そうしてもたらされた結果の良し悪しを、国民一人ひとりの判断に基づいて民主的に評価するための基本的な分析手法を学習します。 「ミクロ経済学II」では、1章3節「市場均衡」の後半部分以降を学びます。 0. 序 経済学の目的と方法 I. 価格理論 - 市場原理の特長と問題点     1. 消費者行動     2. 生産と企業行動     3. 市場均衡     4. 市場の失敗     5. 独占      II. ゲーム理論と情報の経済学     1. 戦略的状況とは     2. 静学的ゲームとナッシュ均衡     3. 動学的ゲームと戦略の信頼性     4. 情報の経済学: モラルハザードと逆淘汰

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場13号館 1323教室 Komaba Bldg.13 Room 1323
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
0701103
マクロ経済学
Macroeconomics
渡辺 努
WATANABE Tsutomu
A1A2 木曜1限 木曜2限
Thu 1st Thu 2nd
マクロ経済学

マクロ経済学の基礎について概説する。

単位 Credit:4
教室 Room: 駒場13号館 1323教室 Komaba Bldg.13 Room 1323
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
0701103-01
FEC-ET2105L1
マクロ経済学Ⅰ
Macroeconomics Ⅰ
渡辺 努
WATANABE Tsutomu
A1 木曜1限 木曜2限
Thu 1st Thu 2nd
マクロ経済学

マクロ経済学の基礎について概説する。 (1)マクロ経済学とは何か (2)国民所得会計 (3)GDPの決定 (4)資産市場(利子率、株価・地価、マネーサプライなど) (5)IS/LMモデル (6)オープン・エコノミー(為替レート、マンデル・フレミング・モデル) (7)古典派理論 (8)労働市場とインフレーション (9)消費/貯蓄と投資(ライフ・サイクル理論、q理論) (10)景気循環と経済成長(乗数/加速度モデル、非線形モデル、成長理論)

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場13号館 1323教室 Komaba Bldg.13 Room 1323
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
0701103-02
FEC-ET2106L1
マクロ経済学Ⅱ
Macroeconomics Ⅱ
中嶋 智之
Tomoyuki Nakajima
A2 木曜1限 木曜2限
Thu 1st Thu 2nd
マクロ経済学Ⅱ

消費、投資、経済成長などについてのマクロ経済学の基本理論について講義する。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場13号館 1323教室 Komaba Bldg.13 Room 1323
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
0701104
統計
Statistics
入江 薫
Kaoru Irie
A1A2 金曜3限 金曜4限
Fri 3rd Fri 4th
統計

 現代では統計学は経済学・経営学・経済史学などの社会科学の諸分野をはじめ自然科学・工学・医学など多くの諸科学で応用されている。したがってこれからこうしたそれぞれの分野を勉強・理解しようとする者にとって,統計学の知識と発想は必要不可欠となってきている。また,情報化社会などと呼ばれているなかで製造業をはじめ銀行業・保険業・証券業などファイナンス(金融)の実務,あるいは中央官庁での統計実務など実社会の分野においても"不確実性"を正面から扱う学問としての統計学の必要性が高まっている。  この講義では受講者が主に経済学・経営学などの分野に関心があることを考慮して,これらに関連する諸分野への応用を意識しながら,統計学の基礎について技術的・数理的側面(記述統計と数理統計)の解説を主として行う。具体的には以下の内容を扱う予定である。

単位 Credit:4
教室 Room: 駒場13号館 1323教室 Komaba Bldg.13 Room 1323
講義使用言語 Language:日本語 Japanese

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 397 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Facebookアカウントを使ってログイン
Sign in with Facebook account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account