文学部 Letters

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
04180001
FLE-XX4101L1
研究倫理入門
Introduction to Research Ethics
小松 美彦
Yoshihiko Komatsu
A1A2 金曜4限
Fri 4th
 研究倫理を多角的に考える

 「研究倫理」という学問分野には大別2種類の内容がある。ひとつは、データ捏造・論文盗用・研究費の流用など、研究者個人・集団の不正行為をめぐるものである。またひとつは、人体実験・軍事研究など、広く人道にかかわるものである。近年の日本の研究倫理の授業では、前者に焦点が当てられ、守るべきルールが教授されがちである。しかも、そこでは、ルールを守ることが即ち倫理と見なされる傾向にある。  しかし、文学部の開講科目である本授業は、それとは異なる内容となる。すなわち、前者の研究倫理を押さえたうえで、研究とルール(法)と倫理の関係を考察し、後者の研究倫理に重心を置く。具体的な事柄としては、STAP細胞問題、第二次大戦中のナチスと日本による人体実験、大戦後の総括の有無から今日に至る生命科学技術と軍事研究などを扱う予定である。そして、守るべきルールが守られず、非人道的に思われる研究が繰り返される全体構造を、そのなかで既存の生命倫理などが果たした役割とともに、歴史的に考察する。以上を通じて、一個の学問分野を多角的に検討する基本姿勢を身につけ、受講者一人ひとりが(研究)倫理について熟考する契機とする。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 314教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
04180011
FLE-XX4102L2
Academic Writing I
Academic Writing I
猪熊 恵子
INOKUMA Keiko
S1S2 金曜2限
Fri 2nd

この授業では、パラグラフ・ライティングの基礎を確認するところから始めます。その基礎をもとに、一学期を通じて英語でリサーチ・ペーパー(1500-2500words程度/教養課程のレポート課題の英語版のようなもの)を書き上げることを目標とします。段階に応じてさまざまな課題の提出を求めますが、それらの課題を積み重ねることでリサーチ・ペーパーが完成するような授業編成となっています。そのため、積極的な授業への参加や文献収集作業はもちろん、粘り強く自分のライティングを推敲する作業等、多くのことが要求されます。この点をよく理解して授業に臨んでください。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 215教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
04180012
FLE-XX4102L2
Academic Writing II
Academic Writing II
猪熊 恵子
INOKUMA Keiko
A1A2 金曜2限
Fri 2nd

この授業では、パラグラフ・ライティングの基礎を確認するところから始めます。その基礎をもとに、一学期を通じて英語でリサーチ・ペーパー(1500-2500words程度/教養課程のレポート課題の英語版のようなもの)を書き上げることを最終目標とします。段階に応じてさまざまな課題の提出を求めますが、それらの課題を積み重ねることでリサーチ・ペーパーが完成するような授業編成となっています。そのため、積極的な授業への参加や文献収集作業はもちろん、粘り強く自分のライティングを推敲する作業等、多くが要求される授業です。この点をよく理解して授業に臨んでください。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 215教室
講義使用言語 Language:日本語/英語 Japanese/English
04180013
FLE-XX4102L3
Academic Writing III
Academic Writing III
David Taylor
David Taylor
S1S2 金曜5限
Fri 5th
アカデミック・ライティング(中級)

This course aims to develop basic academic writing proficiency through a wide variety of activities. Improvement is intended in the essential areas of grammatical accuracy, syntax, paragraphing, punctuation, and the opening, extension, and conclusion of academic papers. The course then concentrates on the central area of delivering argument in both shorter papers and dissertations. Repeated emphasis will also be placed on the application of new vocabulary and rhetorical forms of particular relevance to scholarly debate. Technical improvement will be achieved through class exercises, several essay assignments, and attendance at all classes, all of which are mandatory.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 215教室
講義使用言語 Language:英語 English
04180014
FLE-XX4102L3
Academic Writing IV
Academic Writing IV
中邑 啓子
Keiko Nakamura
A1A2 月曜2限
Mon 2nd
アカデミック・ライティング4(中級)

This is an academic writing course for intermediate to high-intermediate learners of English. This course will start with a review of paragraph writing, covering topics such as paragraph structure, unity and coherence, supporting details, and plagiarism. From there, we will discuss different types of essays, namely process, cause/effect, comparison/ contrast, and argumentative essays. Throughout the course, we will also review sentence structure, such as types of sentences, parallel structures, noun/adverb/adjective clauses, and participial phrases. In addition, we will examine the writing process and cover basic research and documentation skills. This course is designed to help students improve their English academic writing ability, with the ultimate goal of producing research papers in their own areas of interest.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 217教室
講義使用言語 Language:英語 English
04180021
FLE-XX4103L3
多分野講義I
Topics in Cross-disciplinary Studies I
Gencheva-Mikami Iskra Vasileva
Gencheva-Mikami Iskra Vasileva
S1S2 金曜4限
Fri 4th
Jewish Balkans: From Classical to Late Antiquity

This course will focus on the role Jewish population played on the Balkan Peninsula during the Classical and Late Antiquity. It will explore the impact of the monotheistic thought on the formation of the Classical Greek and Roman culture and will discuss the dramatic religious and social developments in the Balkan area during the Late Antiquity.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 317教室
講義使用言語 Language:英語 English
04180022
FLE-XX4103L1
多分野講義II
Topics in Cross-disciplinary Studies II
小林 真理
Mari Kobayashi
S1S2 水曜5限 水曜6限
Wed 5th Wed 6th
メディア間翻訳・翻案研究:文学テクストの映像化・舞台化

人文学のテクスト研究を、翻訳やアダプテーション作品の制作プロセスとつなげる学際研究および社会連携の可能性について考える。 大学における言語テクストを対象とした研究が、実社会での文学の映像化・舞台化など言語表現の枠をはみ出す多様な表現方法と必ずしも有機的なつながりを持ち得ていない。同時に、これまでの作品評価が原作をどこまで「忠実に」再現しているか、という同一性に偏ってもいる。映像・舞台化作品が、原作の言語テクストから自立した作品として成り立ちうる可能性について、その際に文学研究が果たしうる役割について、学際的な文化資源学の視点から、時にゲストを交え、討論を行う。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 国際学術総合研究棟 3番大教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
04180023
FLE-XX2103L3
多分野講義III
Topics in Cross-disciplinary Studies III
David PEACE
David PEACE
A1A2 木曜4限
Thu 4th
Creative Writing & Reading in the 21st Century

The course aims to further the students’ reading and understanding of Twenty-first Century Literature by building and developing their skills in Creative Writing. Using examples and extracts from both classic and contemporary texts, the course will examine characteristics of literature in the Twenty-first Century with particular emphasis on the Short Story.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 217教室
講義使用言語 Language:英語 English
04180024
FLE-XX4103L2
多分野講義IV
Topics in Cross-disciplinary Studies IV
柴田 元幸
Motoyuki Shibata
A1A2 水曜2限
Wed 2nd
英語の小説を訳す/読む

英語で書かれた小説を訳す力、鑑賞する力を養う。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 315教室
講義使用言語 Language:日本語/英語 Japanese/English
04180025
FLE-XX4103L3
横断型 University-wide
多分野講義V
Topics in Cross-disciplinary Studies V
白波瀬 佐和子
Sawako Shirahase
S1S2 金曜4限
Fri 4th
Religious Culture in Japanese History

This course is a critical introduction to religious culture in Japanese history from the 8th century to the present. Religions make up a vital part of Japanese culture, as you may have attended Shinto festivals (matsuri) or weddings, or may have visited Buddhist and Confucian rituals and temples. In this course, we look into how in history religions became intertwined with Japanese cultural and political life. We will read and discuss how Japanese political and social life shaped the changes of religious doctrines and practices on the one hand and how religious themes and motifs informed historical experience in Japan on the other. Our goal is to appreciate and understand the fact that what we talk about as Japanese culture and religion are not unchanging ideas, doctrines, or institutions but have always been embedded in concrete human struggles both for political and social power and for making sense of human life. As such when you complete this course, you will have gained a deeper understanding of the historical process that gave rise to what is usually presented as the unique and essential Japanese culture. The course consists of a series of topics from Japanese history. For each class, we will read one or a few essays prior to class and I will then lecture on a topic, to be followed by class discussion on it. No prior knowledge of Japanese language or religions is necessary but you are required to be involved in the course, that is, you will do the reading, participate in class discussion, and conduct research for your final paper.

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 316教室
講義使用言語 Language:英語 English

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 790 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account