全学部共通授業科目 Common Undergraduate Courses

 全学部共通授業科目とは、複数の学部の学生を対象として、学部後期課程に開設される共通の授業科目をいいます。学部後期課程の学生が広く専門の枠を超えて履修するのが望ましいと考えた個々の授業科目を、開設学部が教育運営委員会に届け出たものであり、まとまった教育プログラムではありません。全学部共通授業科目は全体を検索表示することが可能であるとともに、開設部局等の中で全学部共通授業科目であることを示すために、各科目にもマークがついています。 Common Undergraduate Courses are offered to students in undergraduate program senior divisions spanning various education departments. The courses have been deemed by the faculty offering them to be ideal for a broad range of students in undergraduate program senior divisions, regardless of area of specialty, and the proposals of these courses have been submitted to the Education Steering Committee for approval. They are not an organized education program but individual courses. Common Undergraduate Courses can be displayed in their entirety and will appear in searches, also each class has a “Common” mark that indicates it is part of the Common Undergraduate Courses in the faculty.

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
02200
FME5c01P3
共通 Common
グローバル生命倫理
Global Bioethics
赤林 朗
Akira Akabayashi
A1 月曜5限 月曜6限
Mon 5th Mon 6th

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:英語 English
04180031
FLE-HU4201L1
横断型 University-wide 共通 Common
死生学概論
Introduction to Death and Life Studies
堀江 宗正
Norichika Horie
S1S2 木曜2限
Thu 2nd
死生学の射程

死生学に関連する研究をおこなっている文学部・人文社会系研究科の教員が、死生学の主なトピックを取り上げて、現在の研究状況を概説する。それぞれ、人間の死と、死にゆく過程での生をめぐる諸問題、またそれらに関する思想や実践が取り上げられる。死生に関する多様なアプローチを学び、学際的思考の基礎を養う。なお、本講義は「応用倫理概論」と共に、部局横断型プログラム「死生学・応用倫理教育プログラム」の基幹講義である。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文2号館 1番大教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
04180041
FLE-HU4202L1
横断型 University-wide 共通 Common
死生学特殊講義I
Topics in Death and Life Studies I
澤井 敦
SAWAI Atsushi
S1S2 月曜2限
Mon 2nd
死と不安の社会学

 普段あまり考えることはなくても、何かのきっかけから、自分はなぜ生きているのだろうと「生きる意味」を問う瞬間が誰の人生にもあるだろう。そうした問いについて考える時、「生」には「死」という終わりがあるという事実が否応なく私たちに迫ってくる。  とはいえこの死、とりわけ自分の死について、普段あまり考えることはないかもしれない。ただ、あまり考えることがなくても、死という終焉が必ず訪れるという事実は、漠然とした不安感となって、私たちの生をなかば無意識のうちに覆うものとなる。  哲学・心理学・精神医学などにおいて、以上のような事態はさまざまなかたちで考察されてきた。ただ、この授業でとりわけ焦点を当てたいのは、端的に言えば、死や不安の社会的様相である。  死という不可解かつ不可知の現象は社会的にどのように処理されてきたのか・いるのか、また死を基底とする不安感は社会や文化の変動に応じてどのような様相を呈することになるのか。このような問いについて社会理論の観点から考察することがこの授業の目的である。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文2号館 1番大教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
04180042
FLE-HU4202L1
横断型 University-wide 共通 Common
死生学特殊講義II
Topics in Death and Life Studies II
会田 薫子
Kaoruko AITA
S1S2 水曜6限
Wed 6th
臨床死生学・倫理学の諸問題

臨床死生学および臨床倫理学の諸問題に関して、おもに若手研究者や外部から招いたゲストの研究発表とそれに基づく討議を行う。発表者およびテーマについてメールにて予め知らせるので、参加者はメールアドレスを予め担当教員に知らせ、発表予定のテーマに関して予習をした上で授業に参加することが望ましい。医療・介護の現場の実践者ないし現場に臨む研究者の発表が多く、現代社会における実際の問題について理解し考察を深めることを中心とするが、当該学問領域の理論的な進展も扱う。なお、発表者の都合により、授業時間が動いたり、別の日時を設定することがあるので、履修希望者は年度初めに予め担当教員に具体的計画について問い合わせること。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文2号館 1番大教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
04180043
FLE-HU4202L1
横断型 University-wide 共通 Common
死生学特殊講義III
Topics in Death and Life Studies III
会田 薫子
Kaoruko AITA
A1A2 木曜3限
Thu 3rd
臨床老年死生学入門

超高齢社会における臨床死生学と臨床倫理学の問いに関する理解と思索をめざす。 予定トピック:超高齢社会の医療とケアに関わる諸問題(人口動態、老いて行くプロセスの諸問題、医療と介護の制度、End-of-Life Care(EOLC)の概念、EOLCと緩和ケアとその心理・社会・スピリチュアル面の諸問題、生命維持とその差し控え・終了に関わる問題、尊厳死・安楽死など)

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文2号館 1番大教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
04180044
FLE-HU4202L1
横断型 University-wide 共通 Common
死生学特殊講義IV
Topics in Death and Life Studies IV
早川 正祐
S1S2 木曜3限
Thu 3rd
共感とケアの哲学

 医療・福祉はもちろん、他の様々な場面で、共感やケアの重要性が盛んに指摘されている。にもかかわらず、それらの内実は十分には吟味されていない。こういった現状を踏まえ、臨床をめぐる倫理における鍵概念である「共感」と「ケア」について、それが指示する事象の豊かさを尊重しつつ、その意味内容を批判的に検討していきたい。  より具体的には以下のように講義を進める。まず英語圏で1980年代以降に登場してきたケアの倫理(Ethics of Care)において、共感やケア、またそれらの概念と不可分な、感受性や受容性といった概念が、どのようなものとして捉えられてきたのかを検討する。とりわけ、ケアの倫理の代表的な論者であるキャロル・ギリガン、ネル・ノディングズ、エヴァ・キテイの議論を見ていく。その上で昨今盛り上がりを見せている(フェミニストによる)社会的な徳認識論(Virtue Epistemology)の知見を取り入れつつ、共感やケア(また感受性や受容性)の認知的側面に関する考察を、いっそう深く掘り下げていくことになる。その際、徳認識論の中心的な概念である「認識をめぐる責任」(epistemic responsibility)や「認識をめぐる不正義」(epistemic injustice)に関する最新の議論を主に見ていく。そうすることでケアの倫理(また広義の臨床倫理)の新たな展開――認識論的な展開――を試みたい。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 113教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
04180045
FLE-HU4202L1
横断型 University-wide 共通 Common
死生学特殊講義V
Topics in Death and Life Studies V
早川 正祐
A1A2 木曜4限
Thu 4th
自律についての関係的なアプローチの展開

 1990年代から2000年代にかけて英語圏で新たに登場してきた「関係的な自律論」(relational autonomy)について批判的に検討し、その臨床的応用も試みる。  従来の個人主義的な自律論は、個人の独立性と他者からの不干渉を基調とする自己決定を核としてきた。それに対して関係的な自律論は、人間の相互依存性と傷つきやすさに着目し、一定の依存関係や社会的環境の中で育まれるものとして自律を捉える。講義では、関係的自律論において、従来の自律論の中心的諸概念、すなわち自己決定・反省性・合理性・自己理解・統合性等がどう捉え直されているのか、またどう捉え直されるべきなのかを考察する。その上で、医療従事者・患者・患者家族、それを取り巻く社会的/文化的環境という要素を考慮しつつ、関係的な自律の概念を、臨床における共同的な意思決定プロセス(shared decision-making process)に相応しいものへと発展させる。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 214教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
04180046
FLE-HU4202L1
横断型 University-wide 共通 Common
死生学特殊講義VI
Topics in Death and Life Studies VI
榊原 哲也
Tetsuya Sakakibara
S1S2 金曜5限
Fri 5th
死生のケアの現象学

 看護ケア理論や看護ケアの質的研究において、現象学という哲学が注目を集めて久しい。それは、あらゆる事象を「生活世界」における「意味」体験の次元から捉え直そうとする現象学的哲学の営みが、個々の患者やその家族の「病い」の体験を理解する視点と、それに対処する方途を与えうると期待されているからである。  本講義では、「現象学」という哲学の基本的な理解をもとに、「ケア」がどのような営みであり、また死生のケアにはどのような視点が必要かを、受講者が理解できるようになることを目標とする。  自然科学的・医学的なものの見方の特徴を明らかにしたあと、そうした見方では捉えられない生活世界的意味経験とケアの営みを、現象学という哲学がどのように明らかにしていくのかを、主としてベナーの現象学的人間観と現象学的看護理論に即して概説する。さらに、わが国で近年展開されている現象学的看護研究を概観し、「死生のケアの現象学」のさらなる可能性について考えたい。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 312教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
04180047
FLE-HU4202L1
横断型 University-wide 共通 Common
死生学特殊講義VII
Topics in Death and Life Studies VII
大塚 類
S1S2 木曜4限
Thu 4th
事例から読み解く生きづらさ

私たちはさまざまな生きづらさに晒されています。児童虐待や発達障碍のような、周囲からも認知され、当人も自覚しうるような生きづらさもあれば、「コミュ障」「異性にもてない」「毒親を持て余している」など、当人が自覚できなかったり、したくなかったりする生きづらさもあるでしょう。本講義では、私たち誰もが思い当たるような日常の生きづらさの事例に基づき、それらを哲学的な観点(自己意識、身体性、他者意識、世間、他者理解など)から考察することを試みます。そうすることで、生きづらさをより深い次元で捉えなおすと同時に、受講者ひとりひとりの自己理解や他者理解が深まることを目指します。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文2号館 1番大教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
04180051
FLE-HU4203S1
横断型 University-wide 共通 Common
死生学演習I
Seminar in Death and Life Studies I
早川 正祐
A1A2 金曜4限
Fri 4th
病いの語りをめぐる倫理

 人間は、病いとともに生きていくことを余儀なくされたとき、これまで自明視していた自分の人生の意味を深く問い直すようになる。このような意味の問い直しの過程で、当事者が語るということや他者がそれを聞き届けるということは、極めて重要な役割をもっている。しかしながら、ここで注意すべきは、病いの苦しみを語ることやそれを聞き届けることが、多くの場合、困難に満ちたものになるという点である。それゆえ、その困難さを念頭に置きつつ、病いをめぐる体験とその意味について考察することが求められる。  そこで本演習では、病いに関する物語論の古典であるアーサー・フランクの『傷ついた物語の語り手――身体・病い・倫理』=Arthur W. Frank, The Wounded Storyteller: Body, illness, and Ethicsを講読する(訳本でも可)ことで、病いの語りがどのような複雑な意味と効果をもつのかをその社会的含意も含めて考えていく。より具体的には、病いの語りの三類型である回復の語り・混沌の語り・探究の語りがどのようなものであるのか、また相互にどのような関係にあるのかを考察する。それと同時に、コミュニケーション・身体・脆さ(vulnerability)・傾聴・証言・苦しみ・多声性といった臨床倫理における重要概念が、どのように捉えられているのかを検討する。とりわけ、ポジティヴな回復の語りがはらむネガティヴな性格や、私たちの身体や生産性重視の社会がはらむ閉鎖的・排他的な側面等を批判的に見ていく。そのことを通して、従来の臨床倫理では見落とされている、病いの複雑な体験に根ざした倫理や責任のあり方、またコミュニケーションのあり方を根本的に考察する。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 法文1号館 219教室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 22 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account