ホーム > 学部後期課程版 > 工学部 > アントレプレナーシップI

Home > Under Graduate (3rd and 4th years) > Engineering > EntrepreneurshipI

2018年度 工学部 FEN-CO4431L1 アントレプレナーシップI 長谷川 克也

「アントレプレナーシップ」を辞書で引くと「起業家であること、起業家としての活動、起業家精神」といった訳語が並んでいます。周りを見回すと大企業や公的機関や研究機関で働く人が大多数の環境に居る皆さんにとって「起業」は別世界の出来事かもしれません。 本講義では「アントレプレナーシップ」という言葉の意味を起業よりも広く取り、「自らのコントロール可能な範囲を越えて好機とリソースを追い求め、社会の課題を解決することにより新たな価値を創造して維持可能な形で提供し続けること」と定め、これを実現するためのマインドセットと基礎知識を提供します。授業では主に起業について話しますが、学ぶ内容自体は大企業や公的機関、研究機関に属していても有用なものです。 「アントレプレナーシップ」科目は、I(S1ターム)、II(S2ターム)、III(A1ターム)の3科目で構成されます。「アントレプレナーシップI」では、主に起業家をゲスト講師として迎え、アントレプレナーシップのマインドセットとスタートアップのアイデアについて学びます。「アントレプレナーシップII」では、将来皆さんが起業することになった時に知っておく必要がある基礎知識や考え方を講義形式とゲスト講師から学びます。「アントレプレナーシップIII」では、ビジネスアイデアを議論しながら起業家の思考法をワークショップ形式で学びます。

2018 Engineering FEN-CO4431L1 EntrepreneurshipI

共通科目コード Common Course Code FEN-CO4431L1
開講学期 Semester S1
開講時限 Period
水曜6限 Wed 6th
単位数 Credits 1
学年 Academic Year B3 B4
他学部聴講 Open to other faculties 可 YES
USTEP生聴講 Permitted to USTEP Students 不可 NO
教室 Classroom
工学部新2号館 工213号講義室
授業使用言語 Language in Lecture 日本語 Japanese
授業計画 Schedule S1タームの「アントレプレナーシップI」では、主に起業家をゲスト講師として迎え、身近なロールモデルから起業の経緯やリアルな事業の現場、キャリアとしてのスタートアップ、大企業への就職と起業の違いなどを学びます。 第1回(4/11)「オリエンテーション、アイデアの出し方」 第2回(4/18)「スタートアップを始める前に」  (ゲスト講演)TomyK代表 鎌⽥富久⽒         エレファンテック(株)清⽔信哉⽒ 第3回(4/25)「チームの作り方」  (ゲスト講演)(株)情報医療 原聖悟⽒、巣籠悠輔⽒  第4回(5/2)「アイデアの検証方法」 第5回(5/9)「社会的インパクトとリソースの獲得」  (ゲスト講演)アストロスケール 岡⽥光信 ⽒         WOTA(株) 北川⼒ ⽒ 第6回(5/16) 「スタートアップで働くというキャリア」 第7回(5/23)「ピボットとM&A」  (ゲスト講演)popIn(株) 程 涛⽒         Mist Technologies(株)⽥中晋太郎⽒、井上碩⽒
授業の方法 Teaching Methods ・本科目は後期教養授業科目として登録されており、工学部以外からの履修も歓迎します。 ・本科目は大学院の科目としても登録されていますので、大学院生は科目コード3799-371の科目で履修登録して下さい。 ・単位取得が不要な場合は、アントレプレナー道場への登録だけで聴講も可能です。詳細は初回(4/11)講義で説明します。 ・本科目では、受講者とのコミュニケーションに email や Slack を多用します。受講者は UTAS 上の履修登録だけでなく、必ず下記「東京大学アントレプレナー道場」の申込フォームから web 登録をしてから出席してください。4月以降、申込フォームに登録したメールアドレスにslackの招待メールが届きますのでslackの登録をして下さい。 http://www.ducr.u-tokyo.ac.jp/activity/venture/education/dojo.html ・本講義では、講義中にwebコンテンツやwebツールにアクセスすることがあります。インターネット接続が可能なデバイス(望ましくはノートPC、なければスマートフォン等)を持参することを推奨します。 ・教室入場時に学生証の提示による身分確認を行います。学生証を忘れずにお持ちください。
成績評価方法 Method of Evaluation 下記により評価します。  ・出席状況や授業中の小テスト  ・宿題の提出状況  ・レポート(1~2回)
その他 Others 前提となる知識と項目:下記のような方を主な受講対象者と想定しています。 • 起業に興味のある人 • 新製品の開発に興味のある人 • 新規事業に携わることに興味のある人 • 将来のキャリアに悩む人 本講義の一つの目的は起業など別世界の出来事だと考えている皆さんに起業を身近に感じて頂き、キャリアの選択肢を広げてもらうことですので、やりたいことが見つからない人、起業のアイデアが無い人の参加も歓迎します。 何かを始めることできっとやりたいことも見つかるはずです。またアントレプレナーシップを学んでみて、やっぱり違ったという場合も、自分の向き不向きを知るうえで重要なことです。この授業が皆さんのキャリアに新しい選択肢を提供できることを願っています。 事後履修:アントレプレナーシップII,アントレプレナーシップIII

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account