ホーム > 学部後期課程版 > 教養学部 > グローバル教養特別演習IV(1)

Home > Under Graduate (3rd and 4th years) > Arts and Sciences > Seminar in Global Liberal Arts IV (1)

2017年度 教養学部 08F140801 グローバル教養特別演習IV(1) 東 大作
横断型

This course will consist of Japanese students and international students. The course will be conducted in English. We will discuss the cases of international conflicts in which I myself committed to making TV documentaries, including “Dialogues of Former Enemies in the Vietnam War,” “North Korea Nuclear Crisis”, and “Rebuilding Iraq: Challenges of the United Nations.” We will also discuss “Afghan Peacebuilding” for which I worked as a UN Political Affairs Officer, stationing in Kabul in 2010, as well as activities of “UN Peace Building Commission” which I served as a Minister-Counsellor in the Japanese mission to the United Nations. Through the courses, we will review my TV documentaries, read related documents, and discuss what policies Japan or the international community should take to solve these conflicts in the future. Another objective of this course is to make international friends and establish network by the Japanese students and international students. この授業は、大学3-4年生と留学生による合同授業です。そのため基本的には英語で授業を行います(指導教官との個人的な相談は日本語でもOKです)。授業では、私がNHK時代に制作したテレビドキュメンタリー、「ベトナム戦争・敵との対話」「北朝鮮核問題」「イラクの国家再建」等を見ながら、国際紛争とその要因について考察していきます。更に、2010年に国連政務官・和解再統合チームリーダとして勤務した「アフガニスタンの平和構築」や、2012年から14年まで、国連日本政府代表部の公使参事官として関わった国連・平和構築委員会の活動などの紹介を交えながら、国際紛争を解決し、持続的な平和を作るための方法を考えていきます。また留学生との交流を深めたり、今後のネットワーク作りも授業の大きな目的です。

2017 Arts and Sciences 08F140801 Seminar in Global Liberal Arts IV (1) HIGASHI Daisaku
University-wide

共通科目コード Common Course Code FAS-FA4E08S3
開講学期 Semester A1A2
開講時限 Period
木曜4限 Thu 4th
単位数 Credits 2
学年 Academic Year Other
他学部聴講 Open to other faculties 可 YES
USTEP生聴講 Permitted to USTEP Students 可 YES
教室 Classroom
21KOMCEE East K214
21KOMCEE East Room K214
授業使用言語 Language in Lecture 英語 English
講義題目 Title International Conflicts and Challenges of Creating Sustainable Peace 国際紛争と持続的平和作りに向けた試練
授業計画 Schedule The course will be developed through the discussion among students on each topic. Topic 1) “Dialogue of Former Enemies in the Vietnam War,” and its implication for Japan Topic 2) “Struggle to Avoid Nuclear Conflict in Korea” and Japan policies to the North Korea Topic 3) “Rebuilding Iraq; Challenges of the UN” and the ongoing challenges in rebuilding Iraq Topic 4) “Afghan Peacebuilding” Reconciliation with Insurgency and Japanese commitments. Topic 5) Challenges of Peace Building Activities: UN Peace Building Commission and its diffficulties 個別のテーマについて、生徒と留学生による議論を通じて理解を深めていく予定です。 テーマ1)「ベトナム戦争・敵との対話」と日本への示唆 テーマ2)「北朝鮮核問題」と日本の対北政策 テーマ3)「イラク国家再建」と今も続く試練 テーマ4)「アフガニスタン平和構築:反政府勢力との和解」と日本の支援策 テーマ5)「今国連の平和構築活動に問われているもの。平和構築の課題」
授業の方法 Teaching Methods The course will be conducted in the style of seminar (discussion). 授業は基本的に演習形式で行います。
成績評価方法 Method of Evaluation The students will be evaluated by reports, presentations, and participation レポートや発表、授業参加などで総合的に評価します。
教科書 Required Textbook
“Challenges of Constructing Legitimacy in Peacebuilding: Afghanistan, Iraq, Sierra Leone, and East Timor (Daisaku Higashi: Routledge 2015). 「平和構築~アフガン、東チモールの現場から」著者 東 大作(岩波新書 2009) 「我々はなぜ戦争をしたのか ~米国ベトナム・敵との対話~」著者 東 大作(平凡社ライブラリー2010)
学部横断型教育プログラム
University-wide Undergraduate Education Program
国際総合日本学教育プログラム Global Japan Studies Program

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Facebookアカウントを使ってログイン
Sign in with Facebook account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account