ホーム > 学部後期課程版 > 文学部 > 文化人類学

Home > Under Graduate (3rd and 4th years) > Letters > Cultural Anthropology

2018年度 文学部 04185503 文化人類学 本田 洋

学的規範としてフィールドワークと民族誌の方法が確立されてからの社会人類学の方法論的展開について,民族誌の叙述における分析・解釈の深化と,それを可能にした理論的視角を中心に解説する。機能主義,構造機能主義から構造機能主義批判と相互行為論的アプローチへと展開した20世紀初頭以降の英国社会人類学を主軸とし,構造主義,北米文化人類学と解釈人類学,ならびにブルデューの実践理論も参照しながら,今日の社会人類学における方法論的基盤を捉えなおすことを目標とする。文学部・人文社会系研究科の授業としては,学的教養としての社会・文化人類学,すなわち隣接諸分野から社会・文化人類学の研究業績を参照する際に踏まえるべき知識や理論・方法論の理解を目論むものでもある。

2018 Letters 04185503 Cultural Anthropology HONDA Hiroshi

共通科目コード Common Course Code FLE-XX4311L1
開講学期 Semester A1A2
開講時限 Period
火曜5限 Tue 5th
単位数 Credits 2
学年 Academic Year Other
他学部聴講 Open to other faculties 可 YES
USTEP生聴講 Permitted to USTEP Students 可 YES
教室 Classroom
法文1号館 112教室
授業使用言語 Language in Lecture 日本語 Japanese
講義題目 Title 社会人類学方法論 Topics in Social Anthropology
授業計画 Schedule 初回はイントロダクション,2回目は機能主義以前の人類学の動向を概観し,3回目から本論に入る。民族誌の方法と学的規範化(機能主義),構造機能主義の民族誌と理論(デュルケーム社会学との関係),構造主義と親族研究,構造機能主義批判と相互行為論,北米文化人類学と文化相対主義,解釈人類学,実践理論といったテーマについて,それぞれ1~2回ずつかけて講義する予定である。おおむね次のような計画で授業を行う。 ・序説:社会人類学の課題と方法 ・19世紀後半~20世紀初頭の人類学・民族学:進化主義,伝播論,フィールドワーク ・学的規範としての民族誌:マリノフスキーと『西太平洋の遠洋航海者』 ・民族誌叙述と理論的視角:機能主義・構造機能主義とデュルケーム社会学 ・構造機能主義と構造主義:実体論的思考様式から関係的思考様式へ ・親族体系の構造分析:限定交換から一般交換へ ・構造機能主義批判からの展開:構造的観点,社会人類学の再構想,個人・行為中心的接近 ・相互行為・社会過程論的アプローチの展開:バルトとターナー ・北米文化人類学の形成:文化の概念と文化相対主義 ・解釈人類学:厚い記述と深い遊び ・ブルデューの親族研究:父方平行イトコ婚の再分析と婚姻戦略 ・ブルデューの実践理論:主観主義,客観主義,実践,ハビトゥス ・社会人類学における記述と理論
授業の方法 Teaching Methods 授業は基本的に講義形式で行うが,電子メールでリアクション・ペーパーを提出してもらい,授業中にそれに対する回答やコメントを行うことで,相互性を確保する。
成績評価方法 Method of Evaluation 期末レポートと平常点(リアクションペーパー)。
教科書 Required Textbook
特に指定しない。
参考書 Reference Books 授業中に指示する。
履修上の注意 Notes on Taking the Course 特になし。

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account