ホーム > 学部後期課程版 > 文学部 > 韓国朝鮮文化特殊講義I

Home > Under Graduate (3rd and 4th years) > Letters > Topics in Korean Culture I

2018年度 文学部 04185241 韓国朝鮮文化特殊講義I 六反田 豊

朝鮮時代(1392-1910)の歴史について、経済・財政の側面から考察する。今期は、高麗最末期の1391年に制定され、朝鮮時代前半期の土地制度史を考えるうえで重要な土地分給制度である科田法に焦点を合わせ、その制定過程と制度の内容を概観したのち、朝鮮前近代土地制度史上における科田法制定の意義を検討する。

2018 Letters 04185241 Topics in Korean Culture I Yutaka Rokutanda

共通科目コード Common Course Code FLE-XX4305L1
開講学期 Semester S1S2
開講時限 Period
金曜2限 Fri 2nd
単位数 Credits 2
学年 Academic Year Other
他学部聴講 Open to other faculties 可 YES
USTEP生聴講 Permitted to USTEP Students 可 YES
教室 Classroom
国際学術総合研究棟 3番大教室
授業使用言語 Language in Lecture 日本語 Japanese
講義題目 Title 朝鮮時代史論
授業計画 Schedule 第1回:ガイダンス・文献案内 第2回:朝鮮前近代土地制度史研究と科田法 第3回:高麗田柴科と高麗後期の土地兼併 第4回:科田法概観(1):科田法の制定過程① 第5回:科田法概観(2):科田法の制定過程② 第6回:科田法概観(3):科田法における土地支給 第7回:科田法概観(4):科田法の諸規定 第8回:科田法をめぐる学説史の検討(1):戦前期~1970年代 第9回:科田法をめぐる学説史の検討(2):1980年代以降 第10回:土地制度史上における科田法制定の意義(1):高麗田柴科と科田法 第11回:土地制度史上における科田法制定の意義(2):収租権と科田法① 第12回:土地制度史上における科田法制定の意義(3):収租権と科田法② 第13回:土地制度史上における科田法制定の意義(4):土地所有と科田法
授業の方法 Teaching Methods 講義形式による。
成績評価方法 Method of Evaluation 学期末に実施する筆記試験(70%)と授業への参加状況(30%)により評価する。
教科書 Required Textbook
なし。授業中に適宜資料を配付する。
参考書 Reference Books 参考文献については、授業中に適宜紹介する。
履修上の注意 Notes on Taking the Course なし。

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account