ホーム > 学部後期課程版 > 文学部 > 社会心理学概論I

Home > Under Graduate (3rd and 4th years) > Letters > Introduction to Social Psychology I

2018年度 文学部 04184201 社会心理学概論I 村本 由紀子
横断型

本講義では、①対人関係ならびに集団における人の意識および行動についての心の過程、②二との態度および行動、③家族、集団および文化が個人におよぼす影響について扱う。 特に、組織・集団、群集、共同体といったマクロな社会環境と、そこに身を置くマイクロな個人との相互構成関係に焦点を当て、関連する社会心理学理論の概説を行う。

2018 Letters 04184201 Introduction to Social Psychology I MURAMOTO Yukiko
University-wide

共通科目コード Common Course Code FLE-HU4Y01L1
開講学期 Semester S1S2
開講時限 Period
火曜4限 Tue 4th
単位数 Credits 2
学年 Academic Year Other
他学部聴講 Open to other faculties 可 YES
USTEP生聴講 Permitted to USTEP Students 可 YES
教室 Classroom
法文2号館 2番大教室
授業使用言語 Language in Lecture 日本語 Japanese
講義題目 Title 社会・集団・家族心理学
授業計画 Schedule 初回はガイダンス。第2回以降、次のようなトピックスに関して講義を進める。 ・認知の共有と社会的リアリティ ・集団規範の生成と維持 ・意思決定システムとしての組織 ・社会的アイデンティティという概念をめぐって ・消費行動のグループ・ダイナミクス ・マーケットを動かす見えない力 ・個人の限定合理性と集合行動 ・集団と集合状態の曖昧な境界 ・家族という集団 ・現代社会の社会的ジレンマ ・木を見る西洋人、森を見る東洋人 ・「文化差の心理学」を超えて
授業の方法 Teaching Methods ビジュアル教材等を使用しながら、時事の話題や具体的研究例に即してトピックスの解説を行う。
成績評価方法 Method of Evaluation 授業時間中の課題提出等と、最終試験の成績により評価する。
教科書 Required Textbook
特に定めない。
参考書 Reference Books 池田謙一・唐沢穣・工藤恵理子・村本由紀子(2010) 『社会心理学』, 有斐閣. リチャード・E・ニスベット(村本由紀子・訳)(2004)『木を見る西洋人、森を見る東洋人:思考の違いはいかにして生まれるか』, ダイヤモンド社. その他の文献は授業中に随時紹介する。
履修上の注意 Notes on Taking the Course 社会心理学概論Ⅱを履修中もしくは履修済であることが望ましい。
学部横断型教育プログラム
University-wide Undergraduate Education Program
こころの総合人間科学教育プログラム Program for Human Integrative Science and Education of Mind

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account