ホーム > 学部後期課程版 > 文学部 > 現代文芸論概説I

Home > Under Graduate (3rd and 4th years) > Letters > Outline History of Contemporary Literary Studies I

2018年度 文学部 04183811 現代文芸論概説I 大橋 洋一

20世紀と21世紀の文学批評および文化理論にを概説する。20世紀の批評理論を、英米圏のフィルターを通して、理論の概要を解説し、その適用方法を実例とともに示し、理論にもとづく実践を試みる。21世紀も10年後半に入る現在、新しい批評の流れもあわせて紹介する。前半は形式重視の理論、後半は内容分析が主となる。 また理論的に考察に対する偏見を払拭し、理論的考察の意義と重要性を明確にしたい。

2018 Letters 04183811 Outline History of Contemporary Literary Studies I Yoichi Ohashi

共通科目コード Common Course Code FLE-HU4V01L1
開講学期 Semester S1S2
開講時限 Period
月曜2限 Mon 2nd
単位数 Credits 2
学年 Academic Year Other
他学部聴講 Open to other faculties 可 YES
USTEP生聴講 Permitted to USTEP Students 可 YES
教室 Classroom
法文1号館 113教室
授業使用言語 Language in Lecture 日本語 Japanese
講義題目 Title 文学批評理論概説
授業計画 Schedule 第1回20世紀批評理論の流れ 第2回Englishの誕生--文学批評と文化研究 第3回アメリカ新批評 第4回ロシアフォルマリズムと受容理論 第5回構造主義 第6回ポスト構造主義 第7回精神分析 第8回フェミニズム批評 第9回ジェンダー批評 第10回新歴史主義/カルチュラル・スタディーズ 第11回ポストコロニアリズム 第12回エコクリティシズム 第13回21世紀批評における4つのターン
授業の方法 Teaching Methods 講義形式。 毎回プリントを配布する。プリントは電子化しているため、希望者にはデータでも提供する。 質疑応答の時間は基本的に設けない。 コメント、質問は、口頭、文書、メールで、いつでも受けつける。また重要な質問やコメントは、履修者にも紹介する。
成績評価方法 Method of Evaluation 前半と後半の計2回のレポート
教科書 Required Textbook
教科書はない。
参考書 Reference Books 毎回、関連分野の文献を多数紹介する。
履修上の注意 Notes on Taking the Course 予備知識は全く必要ない 課題となる分析対象は、英米圏の作品となる。原文でも翻訳でも可。

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account