ホーム > 学部後期課程版 > 文学部 > 中国語学中国文学演習VII

Home > Under Graduate (3rd and 4th years) > Letters > Seminar in Chinese Language and Literature VII

2018年度 文学部 04182467 中国語学中国文学演習VII 鈴木 将久

本授業では、二〇世紀初頭から現在にいたる中国近現代文学の重要な作品を日本語の翻訳で読む。作品の読解に当たっては、関連する資料を調査することによって、作品の意味を時代の流れの中において立体的に理解することが求められる。それによって、現代中国文化への理解を深めることが本授業の目標である。

2018 Letters 04182467 Seminar in Chinese Language and Literature VII SUZUKI Masahisa

共通科目コード Common Course Code FLE-HU2O03S1
開講学期 Semester S1S2
開講時限 Period
金曜2限 Fri 2nd
単位数 Credits 2
学年 Academic Year Other
他学部聴講 Open to other faculties 可 YES
USTEP生聴講 Permitted to USTEP Students 可 YES
教室 Classroom
駒場1号館 117教室
Komaba Bldg.1 Room 117
授業使用言語 Language in Lecture 日本語 Japanese
講義題目 Title 中国近現代文学を読む
授業計画 Schedule 第1回:ガイダンス「中国文学を読むための準備」 第2回:魯迅「阿Q正伝」 第3回:郁達夫「春風沈酔の夜」 第4回:茅盾「林商店」 第5回:巴金「リラの花散る頃」 第6回:張愛玲「封鎖」 第7回:丁玲「霞村にいた時」 第8回:趙樹理「小二黒の結婚」 第9回:張承志「緑夜」 第10回:莫言「秋の水」 第11回:高行健「おじいさんに買った釣り竿」 第12回:史鉄生「私と地壇」 第13回:余華「四月三日の事件」 第14回:徐則臣「この数年僕はずっと旅している」 第15回:まとめ
授業の方法 Teaching Methods 毎回一篇の小説作品を読解する。参加者は事前に作品を読み、背景を理解するための準備をしてくることが求められる。授業の前半において教員が背景の説明を行う。授業の後半では授業参加者がそれぞれ自分の作品読解を述べ、全体で討論を行う。
成績評価方法 Method of Evaluation レポート(50%)および授業への参加度(50%)
教科書 Required Textbook
プリント教材を準備する。
参考書 Reference Books 特になし。授業中に適宜紹介する。
履修上の注意 Notes on Taking the Course 特になし。
その他 Others 特になし。

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account