ホーム > 学部後期課程版 > 文学部 > 西洋史学特殊講義IV

Home > Under Graduate (3rd and 4th years) > Letters > Topics in Occidental History IV

2018年度 文学部 04181344 西洋史学特殊講義IV 橋場 弦

 古代ギリシア文明の遺産は数多いが、民主政という政治スタイルを発見し、意識化し、制度化したことの世界史的意義は大きい。民主政(デモクラティア)とは、社会を構成する全員が集団的意思決定の権利と責任に与る国制を意味するが、同時に、それを生きる市民たちにとっては身体性をともなった生活様式でもあった。エリートが考え出した理論や制度としてではなく、普通の市民が日常実践していた生活のスタイルとして、ポリスの民主政治のありさまを探究したい。

2018 Letters 04181344 Topics in Occidental History IV Yuzuru Hashiba

共通科目コード Common Course Code FLE-HU4J02L1
開講学期 Semester A1A2
開講時限 Period
木曜2限 Thu 2nd
単位数 Credits 2
学年 Academic Year Other
他学部聴講 Open to other faculties 可 YES
USTEP生聴講 Permitted to USTEP Students 可 YES
教室 Classroom
法文1号館 212教室
授業使用言語 Language in Lecture 日本語 Japanese
講義題目 Title ギリシア民主政の研究
授業計画 Schedule 古代ギリシア民主政にかかわるいくつかのトピックについて、実際にテクストを参照しながら探究する。ギリシア都市国家国制史全体の流れの中にアテナイ民主政をどのように位置づけるかを考えるとともに、アテナイ民主政を支えていた地域の市民生活、一人のトップを組織の長に頂くことなく集団的意思決定を行う「無頭性(acephalousness)」の原則などのテーマを扱う。その他、裁判制度、デマゴーグ、和解と大赦令などの論点を取り上げる。また近代において古代ギリシアの民主政がどのように受容されたのかについても考えてみたい。
授業の方法 Teaching Methods 講義形式による。適宜、パワーポイント、プリント、映像などを利用する。
成績評価方法 Method of Evaluation 学期末試験による。
教科書 Required Textbook
とくになし
参考書 Reference Books 橋場弦『民主主義の源流——古代アテネの実験』講談社学術文庫、2016年
履修上の注意 Notes on Taking the Course 西洋史のみならず、政治学、哲学、西洋古典学などを専門とする広範囲の学生諸君の参加を歓迎します。

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account