ホーム > 学部後期課程版 > 文学部 > 芸術学概論

Home > Under Graduate (3rd and 4th years) > Letters > Introduction to Theory of Art

2018年度 文学部 04180611 芸術学概論 渡辺 裕

「芸術学」は長いこと、現実の生活や環境から切り離された美術館やコンサートでの「純粋鑑賞」体験をモデルに形作られてきたが、近年では美術や音楽といった既成の芸術ジャンルの枠をこえた「視覚文化」「聴覚文化」といった概念が提唱され、社会や環境との関係の中での「感性文化」の全体的ありようへと視野が広げられるなか、狭義の「芸術」に対する見方もまた大きく変わりつつある。この講義では、芸術が近代的な共同体の形成過程において果たしてきた役割や、現代の都市環境の中でわれわれの感性が様々な芸術と時には結びつき、時にはぶつかり合いつつ形作られている状況、さらには、われわれの感性やものの見方が様々なメディアとの関わりの中で歴史的・文化的に形作られ、変容されてきたメカニズムなどを考察し、「感性文化」の様々な側面をその具体層において捉えてゆきたい。

2018 Letters 04180611 Introduction to Theory of Art WATANABE Hiroshi

共通科目コード Common Course Code FLE-HU4F02L1
開講学期 Semester S1S2
開講時限 Period
月曜4限 Mon 4th
単位数 Credits 2
学年 Academic Year Other
他学部聴講 Open to other faculties 可 YES
USTEP生聴講 Permitted to USTEP Students 可 YES
教室 Classroom
法文2号館 1番大教室
授業使用言語 Language in Lecture 日本語 Japanese
講義題目 Title 感性文化とメディア論
授業計画 Schedule 今のところ、以下のようなテーマを順次取り上げることを予定している(取り上げるテーマは変更することがありうる)。 ・感性文化と芸術:うたでつくる共同体   −合唱文化のグローバル・ヒストリー   −校歌・応援歌と「替え歌」の文化   −座敷芸と歌本の近代  ・都市環境のなかの感性文化   −発車メロディと著作権   −高速道路と都市の景観   −コンテンツ・ツーリズムとまちづくり     ・感性文化のメディア考古学   −耳で聴くオリンピック:ラジオ実況中継のつくる世界   −戦争と音響   −デジタル・リマスター時代の「芸術作品」の概念            
授業の方法 Teaching Methods 講義形式。 映像や音を実際に体験して、そこから出発し、考えてゆく授業を目指すが、「感性文化」を考える際のポイントは、われわれの感性自体が歴史的・社会的に形作られ、変容してゆくものであるという認識にある。自分の感性の狭い世界に閉じこもることなく、それ自体を対象化し、多様な価値観の中で相対化してゆく思考を通して、いかに豊かな世界が現れ出てくるかということを肌で感じてほしい。
成績評価方法 Method of Evaluation 学期末に課するレポートによる
教科書 Required Textbook
特になし
参考書 Reference Books 初回授業時に講義内容に関連する主要な文献の一覧表を記載したプリントを配付する。また、授業に関連する資料を提供するためのデータ・ボックスをインターネット上に開設するので、適宜アクセスして参照すること。
履修上の注意 Notes on Taking the Course 特になし

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account