ホーム > 学部後期課程版 > 文学部 > インド哲学史概説I

Home > Under Graduate (3rd and 4th years) > Letters > History of Indian Philosophy I

2018年度 文学部 04180311 インド哲学史概説I 加藤 隆宏

授業の目標 ・インド哲学史を概観し、インド固有の哲学・宗教に関する基礎的知識が身に付く。 ・インド哲学史上の重要な議論の考察を通じ、哲学的に思索する訓練を行うことができる。 ・インド宗教の歴史的・思想的背景の比較を通じ、宗教の普遍的な意義について考えられるようになる。 ・古代インド固有の哲学的議論が現代人の私たちにとってどのような意味があるのかを模索できるようになる。 授業の概要 インドといえば、近年ではIT産業などの目覚ましい発展や経済成長などに焦点が当てられがちであるが、他方で、長きにわたり神秘の国・宗教の国として人々を魅了し続けてきた。一年の講義を通じて、受講者はインド思想や仏教に関する知識はもちろんのこと、大国インドについての理解を深めることになる。 前半15回の講義でヴェーダやウパニシャッドに始まるインド思想史を時間軸に沿って概観し、後半15回の講義では哲学的議論のトピックについて哲学文献の講読を通じて個別に見ていきたい。講義ではなるべく原典(の邦訳)を参照し、古代インドの聖仙やブッダ、あるいはインドで活躍した思想家たち言葉に耳を傾けたいと思う。

2018 Letters 04180311 History of Indian Philosophy I Takahiro Kato

共通科目コード Common Course Code FLE-HU4C02L1
開講学期 Semester S1S2
開講時限 Period
水曜2限 Wed 2nd
単位数 Credits 2
学年 Academic Year Other
他学部聴講 Open to other faculties 可 YES
USTEP生聴講 Permitted to USTEP Students 可 YES
教室 Classroom
法文1号館 214教室
授業使用言語 Language in Lecture 日本語 Japanese
授業計画 Schedule (第1回) イントロダクション (第2回) 古代インド神話―ヴェーダ文献 (第3回) ヴェーダからウパニシャッドへ (第4回) 非正統派の哲学と沙門宗教―初期ジャイナ教 (第5回) 沙門宗教の興隆―初期仏教 (第6回) 大乗仏教の成立と展開 (第7回) 仏教の諸体系 (第8回) 正統バラモン哲学(1)サーンキヤ・ヨーガ学派 (第9回) 正統バラモン哲学(2)ニヤーヤ・ヴァイシェーシカ学派 (第10回) 正統バラモン哲学(3)ミーマーンサー・ヴェーダーンタ学派 (第11回) 正統バラモン哲学(4)文法学と言語哲学 (第12回) 外来思想の影響と新思潮 (第13回) 近代インド思想―ガンディー (第14回) 西洋からみたインド (第15回) 授業の総括
授業の方法 Teaching Methods 講義形式
成績評価方法 Method of Evaluation 授業の最後に行う確認テスト(70%)とリアクションペーパーを含む平常点(30%)により総合的に評価する。
教科書 Required Textbook
授業資料はWeb上に公開する。各自DLするなどして準備すること。
参考書 Reference Books 参考書・参考資料等 『インド思想史』 早島鏡正他著、東京大学出版会、1982年 『インド思想史第二版』 中村元著、岩波全書、1968年 『インドの思想』 川崎信定著、放送大学教育振興会、1993年 『インド思想史』 J・ゴンダ著、鎧淳訳、岩波文庫、2002年 その他、授業中に紹介する。
履修上の注意 Notes on Taking the Course ・準備学習においては、Web上にアップされている資料を手元に準備し、一通り目を通しておくこと。 ・事後学習においては、授業で紹介した参考資料などを参照しながら、授業のノートなどを整理する。特に、カタカナや漢字の固有名詞等が頻出するので、混乱しないように気を付けること。

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account