ホーム > 学部後期課程版 > 文学部 > 応用倫理演習III

Home > Under Graduate (3rd and 4th years) > Letters > Seminar for Applied Ethics III

2018年度 文学部 04180083 応用倫理演習III 堀江 宗正
横断型
共通

宗教・哲学・倫理の領域にわたる自然・環境・生命に関する思想を探求する。 今期は「日本人は森や里山を大事にしてきた」という言説を再考するための準備作業として、環境史やエコクリティシズムの研究を見ていきたい。それを通して、批判的な人文知が人と自然の持続可能性にどのような役割を果たせるのかを考えたい。

2018 Letters 04180083 Seminar for Applied Ethics III Norichika Horie
University-wide
Common

共通科目コード Common Course Code FLE-HU4206S1
開講学期 Semester S1S2
開講時限 Period
火曜2限 Tue 2nd
単位数 Credits 2
学年 Academic Year Other
他学部聴講 Open to other faculties 可 YES
USTEP生聴講 Permitted to USTEP Students 不可 NO
教室 Classroom
法文1号館 117教室
授業使用言語 Language in Lecture 日本語 Japanese
講義題目 Title 環境思想研究 里山論を読む
授業計画 Schedule 1 イントロ   「里山」推進派の議論から 2 深町加津枝・佐久間大輔「里山研究の系譜」   岡田航「「里山」概念の誕生と変容過程の林業政策史」 3 『里山という物語』結城正美「序言」   結城正美「里山言説の地勢学」 4 生田省悟「なぜ里山なのか――近代の自然言説から」 5 湯本貴和「里山――その実態の歴史的変遷と現代的表象」   中村俊彦・本田裕子「里山・里海の語法と概念の変遷」 6 カティ・リンドストロム「日本の景観を飲み込む〈里山〉」   青田麻未「芸術祭と里山・里海――環境美学の視点から」 7 黒田智「中世日本の「里」と「山」」   水野章二「中世里山の資源管理」『里山の成立――中世の環境と資源』 8 佐久間大輔「里山環境の歴史性を追う」   富樫均・田中義文・興津昌宏「長野市飯綱高原の人間活動が自然環境に与えた影響とその変遷」   富樫均「過去100年にわたる里山の環境変遷復元の試み」 9 深町加津枝・奥敬一・横張真「京都府上世屋・五十河地区を事例とした里山の経年的変容過程の解明」   高橋傑「東京近郊の里山が辿った歴史――横浜市港北区日吉周辺を中心に」 10 秋津元輝「二〇世紀日本社会における「山村」の発明」 11 Mark Meli, “High-Vision Satoyama: Japanese Agrarian Landscape for Home and Abroad (NHKの里山)” 12 松村正治「里山ボランティアにかかわる生態学的ポリティクスへの抗い方」 13 レポートに基づく議論
授業の方法 Teaching Methods  初回授業では、この演習の狙いと「里山」推進派の主張を紹介し、受講生の自己紹介をおこなう。2回目以降は、予めテキストを読み、授業冒頭に、A4用紙で「予習ノート」を提出する(人数分をプリントアウト)。予習ノートの構成は以下の通りとする。 〈要約〉10~15行程度で指定範囲を要約(適宜文末括弧で頁番号記入)。特に重要な要点に下線を引く(頁番号必須)。 〈疑問〉下線を引いた重要な論点について疑問をぶつける(1個でよい)。cf. 疑問の作り方:著者の主張にReally? Why/How? So what? いつ?どこ?誰?何?言葉の意味・定義?具体的に?などの言葉をぶつけ、疑問文を作る。 注意:テキストに書いてあることを自問自答しない。辞書を引いたり、ネットで検索すれば分かるようなことを自問自答しない。 〈自分なりの答え〉上記の疑問について、自分が著者ならどう答えるかを考える。また、別の資料でその答えを導き出してもかまわない。 
成績評価方法 Method of Evaluation 平常点(60%)とレポート(40%)による。 レポートの内容:授業との関連性が深いテーマを各自設定する。必ず事前に教員に相談し、了承を得ること(完全に自由にすると関連性の薄いものばかりになる傾向があるので)。字数は自由。ただし短すぎて十分に論じられていなければ不合格リスクあり。長くても引用ばかりなら不可。剽窃は言語道断。レポートでの主張に合った中身の見えるタイトルを付ける。冒頭3行で言いたいことをまとめる。これを授業内で発表し、討論。事前相談はOK。剽窃は絶対不可。
教科書 Required Textbook
講読するテキストはPDFで配布する。受講希望者は初回授業を受けたあと、下記メールアドレスへ連絡をすること。
参考書 Reference Books 適宜示す。
履修上の注意 Notes on Taking the Course 遅刻しないこと。休まないこと。やむを得ず欠席するときは事前に連絡をすること。
学部横断型教育プログラム
University-wide Undergraduate Education Program
死生学・応用倫理教育プログラム Education Program for Death and Life Studies and Applied Ethics
全学部共通授業科目 Common undergraduate courses

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account