ホーム > 学部後期課程版 > 文学部 > 応用倫理特殊講義II

Home > Under Graduate (3rd and 4th years) > Letters > Topics in the Applied Ethics II

2018年度 文学部 04180072 応用倫理特殊講義II 福永 真弓
横断型
共通

人新世においてわたしたちは、人びとの生と、わたしたちが生きる場所に関するどのような新たな想像力を必要とされているのだろうか。本授業では、環境正義、再自然化、科学技術と身体性など、具体的な「環境と社会」問題の検討を行う。新しい唯物論、モノとコトのエスノグラフィー、サイボーグ・フェミニズム、場所論などの議論を手がかりに、生と場所の環境倫理について論じる。

2018 Letters 04180072 Topics in the Applied Ethics II FUKUNAGA Mayumi
University-wide
Common

共通科目コード Common Course Code FLE-HU4205L1
開講学期 Semester A2
開講時限 Period
集中 Intensive 
単位数 Credits 2
学年 Academic Year Other
他学部聴講 Open to other faculties 可 YES
USTEP生聴講 Permitted to USTEP Students 不可 NO
教室 Classroom
法文1号館 114教室
授業使用言語 Language in Lecture 日本語 Japanese
講義題目 Title 生と場所の環境倫理
授業計画 Schedule 第1回 人新世とは何か 第2回 生きものとしての食べもの、生きものでない食べもの 第3回 台所と食料庫の政治学 第4回 食の倫理を考える(第2、3回を踏まえて) 第5回 被害・加害をめぐる忘却と記憶 第6回 「核」をめぐる忘却:第五福竜丸事件 第7回 公害事件をめぐる忘却 第8回 生きられた場所の記憶と贈与(第5、6、7回を踏まえて) 第9回 環境人種差別と環境正義運動 第10回 環境正義とグローバリゼーション 第11回 気候変動と気候正義 第12回 環境正義論の射程と理論 第13回 まとめと討論:生と場所の環境倫理
授業の方法 Teaching Methods 本授業では、講師・授業参加者同士の討論の時間を設ける。ゲストスピーカーも予定している。授業に参加する前に指定された文献を読むことが求められる。
成績評価方法 Method of Evaluation 出席、授業への積極的参加度、レポート(ミニレポート2回と最終レポート)で総合評価する(20%、40%、40%)。遅刻は開始後25分までの遅刻を出席扱いとする。ミニレポートは授業時間内に書くものとする。
教科書 Required Textbook
必要な文献は配布する。
参考書 Reference Books 吉永明弘・福永真弓、2018『未来の環境倫理学』勁草書房。
履修上の注意 Notes on Taking the Course ゲストスピーカーの都合により学外に出る可能性があります。
学部横断型教育プログラム
University-wide Undergraduate Education Program
死生学・応用倫理教育プログラム Education Program for Death and Life Studies and Applied Ethics
全学部共通授業科目 Common undergraduate courses

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account