ホーム > 学部後期課程版 > 文学部 > 死生学特殊講義IV

Home > Under Graduate (3rd and 4th years) > Letters > Topics in Death and Life Studies IV

2018年度 文学部 04180044 死生学特殊講義IV 早川 正祐
横断型
共通

 医療・福祉はもちろん、他の様々な場面で、共感やケアの重要性が盛んに指摘されている。にもかかわらず、それらの内実は十分には吟味されていない。こういった現状を踏まえ、臨床をめぐる倫理における鍵概念である「共感」と「ケア」について、それが指示する事象の豊かさを尊重しつつ、その意味内容を批判的に検討していきたい。  より具体的には以下のように講義を進める。まず英語圏で1980年代以降に登場してきたケアの倫理(Ethics of Care)において、共感やケア、またそれらの概念と不可分な、感受性や受容性といった概念が、どのようなものとして捉えられてきたのかを検討する。とりわけ、ケアの倫理の代表的な論者であるキャロル・ギリガン、ネル・ノディングズ、エヴァ・キテイの議論を見ていく。その上で昨今盛り上がりを見せている(フェミニストによる)社会的な徳認識論(Virtue Epistemology)の知見を取り入れつつ、共感やケア(また感受性や受容性)の認知的側面に関する考察を、いっそう深く掘り下げていくことになる。その際、徳認識論の中心的な概念である「認識をめぐる責任」(epistemic responsibility)や「認識をめぐる不正義」(epistemic injustice)に関する最新の議論を主に見ていく。そうすることでケアの倫理(また広義の臨床倫理)の新たな展開――認識論的な展開――を試みたい。

2018 Letters 04180044 Topics in Death and Life Studies IV
University-wide
Common

共通科目コード Common Course Code FLE-HU4202L1
開講学期 Semester S1S2
開講時限 Period
木曜3限 Thu 3rd
単位数 Credits 2
学年 Academic Year Other
他学部聴講 Open to other faculties 可 YES
USTEP生聴講 Permitted to USTEP Students 不可 NO
教室 Classroom
法文1号館 113教室
授業使用言語 Language in Lecture 日本語 Japanese
講義題目 Title 共感とケアの哲学
授業計画 Schedule おおよそ以下のように進める予定である(進度等によって多少の変更はありうる) 1. 行為論におけるケア概念についての批判的考察 2. ギリガンのケアの倫理 3. ノディングズのケアの倫理 4. キテイのケアの倫理 5. 共感の諸相についての考察 6. 共感と認識をめぐる不正義 7. 共感と認識をめぐる責任 8. 臨床における共感と認識をめぐる責任
授業の方法 Teaching Methods 基本的には講義形式で行うが、必要に応じてディスカッションを行う。
成績評価方法 Method of Evaluation 授業への参加度(簡単なリアクションペーパー等を含む)と期末レポート
教科書 Required Textbook
特になし
参考書 Reference Books ・Harry Frankfurt, The Importance of What We Care About (1988), The Reason of Love (2004) ・Carol Gilligan, In a Different Voice (1982)=『もうひとつの声―男女の道徳観のちがいと女性のアイデンティティ』(川島書店) ・Nel Noddings, Caring: A Feminine [Relational] Approach to Ethics & Moral Education (1984)= 『ケアリング―倫理と道徳の教育 女性の観点から』 ・Eva Feder Kittay, Love’s Labor: Essays on Women, Equality and Dependency (1999)=『愛の労働あるいは依存とケアの正義論』(白澤社) ・Martin L. Hoffman, Empathy and Moral Development: Implications for Caring (2001)=『共感と道徳性の発達心理学―思いやりと正義とのかかわりで』(川島書店) ・Miranda Fricker, Epistemic Injustice: Power and the Ethics of Knowing (2007) ・Jose Medina, The Epistemology of Resistance: Gender and Racial Oppression, and Resistant Imaginations (2013) ・Arthur W. Frank, The Wounded Storyteller: Body, Illness & Ethics (1992)=『傷ついた物語の語り手―身体・病い・倫理』 ・Jodi Halpern, From Detached Concern to Empathy: Humanizing Medical Practice (2001)
履修上の注意 Notes on Taking the Course 特になし
学部横断型教育プログラム
University-wide Undergraduate Education Program
死生学・応用倫理教育プログラム Education Program for Death and Life Studies and Applied Ethics
全学部共通授業科目 Common undergraduate courses

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account