ホーム > 学部後期課程版 > 文学部 > 死生学概論

Home > Under Graduate (3rd and 4th years) > Letters > Introduction to Death and Life Studies

2018年度 文学部 04180031 死生学概論 堀江 宗正
横断型
共通

死生学に関連する研究をおこなっている文学部・人文社会系研究科の教員が、死生学の主なトピックを取り上げて、現在の研究状況を概説する。それぞれ、人間の死と、死にゆく過程での生をめぐる諸問題、またそれらに関する思想や実践が取り上げられる。死生に関する多様なアプローチを学び、学際的思考の基礎を養う。なお、本講義は「応用倫理概論」と共に、部局横断型プログラム「死生学・応用倫理教育プログラム」の基幹講義である。

2018 Letters 04180031 Introduction to Death and Life Studies Norichika Horie
University-wide
Common

共通科目コード Common Course Code FLE-HU4201L1
開講学期 Semester S1S2
開講時限 Period
木曜2限 Thu 2nd
単位数 Credits 2
学年 Academic Year Other
他学部聴講 Open to other faculties 可 YES
USTEP生聴講 Permitted to USTEP Students 不可 NO
教室 Classroom
法文2号館 1番大教室
授業使用言語 Language in Lecture 日本語 Japanese
講義題目 Title 死生学の射程
授業計画 Schedule 以下は変更になる可能性もある。 死生学とは 人間の生と死 死生学と宗教 《死者性》の視点から 生きる意味を支えるもの 現象学からのアプローチ ケアの死生学 病苦の語りとケア 自殺に関する研究と対策 『万葉集』の死と生 仏教からみた死生 死をめぐる美術 生と死の社会学 死別の心理 犯罪被害者遺族の立場から 死生にまつわる宗教心理 いのちの教育 臨床現場の死生学
授業の方法 Teaching Methods 基本的に講義形式とする。ときに授業内で質疑応答の時間を儲ける。また、2回は生と死の問題に実践的に取り組んでいる人をゲスト講師として招き、より具体的な現場の問題に触れる。 
成績評価方法 Method of Evaluation 授業への参加(毎回、出席票に感想・質問等を記して提出)と期末試験によって評価する。期末試験では死生学の基本的な理論や用語についての知識や理解を確認するような問題を出す予定である。
教科書 Required Textbook
とくにない。
参考書 Reference Books 清水・会田編著『医療・介護のための死生学入門』 清水・島薗編著『ケア従事者のための死生学』 ヌーベルヒロカワ 島薗他編『死生学』1~5 東京大学出版会 その他、必要に応じて紹介する。
履修上の注意 Notes on Taking the Course 履修希望者数が教室の収容人数を超えるおそれがある場合は、本授業を履修する希望理由、本年度受講が必要な理由などにより審査して、履修の可否を決める場合がある。したがって、初回授業には必ず出席すること。 また、著しい遅刻、授業中の出入り、内職、居眠り等は、授業環境の劣悪化につながるので、厳に謹んでもらいたい。
学部横断型教育プログラム
University-wide Undergraduate Education Program
死生学・応用倫理教育プログラム Education Program for Death and Life Studies and Applied Ethics
全学部共通授業科目 Common undergraduate courses

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account