ホーム > 大学院版 > 検索結果

Home > Graduate > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
31D340-0232A
共生への実践と政策I
Practices and Policies toward Mutual Understanding I
松本 和子
MATSUMOTO Kazuko
A1A2 水曜5限
Wed 5th
社会言語学文献・論文購読

本演習では、社会言語学の中でもとりわけ「contact-induced language change(接触によって引き起こされた言語変化)」に関する研究の理解を深めていくこととする。履修者は、理論的枠組みを踏まえた議論や発表が求められているため、一定の知識を有していることを履修条件とする。後期課程で開講されている「ことばと社会:社会言語学入門」や「言語の変異・変化I:共時的変異と変化」などを事前に履修されたい。詳細については開講時に説明するとともに、履修者とも相談の上、決めていくこととする。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場18号館 18号館メディアラボ2 Komaba Bldg. 18 Bldg. 18, Media Lab2
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M340-0232A
共生への実践と政策I
Practices and Policies toward Mutual Understanding I
松本 和子
MATSUMOTO Kazuko
A1A2 水曜5限
Wed 5th
社会言語学文献・論文購読

本演習では、社会言語学の中でもとりわけ「contact-induced language change(接触によって引き起こされた言語変化)」に関する研究の理解を深めていくこととする。履修者は、理論的枠組みを踏まえた議論や発表が求められているため、一定の知識を有していることを履修条件とする。後期課程で開講されている「ことばと社会:社会言語学入門」や「言語の変異・変化I:共時的変異と変化」などを事前に履修されたい。詳細については開講時に説明するとともに、履修者とも相談の上、決めていくこととする。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場18号館 18号館メディアラボ2 Komaba Bldg. 18 Bldg. 18, Media Lab2
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D340-0232S
共生への実践と政策I
Practices and Policies toward Mutual Understanding I
松本 和子
MATSUMOTO Kazuko
S1S2 火曜5限
Tue 5th
はじめて学ぶ社会言語学:ことばのバリエーションを考える

本演習では、主に共時的な視点から言語のヴァリエーション(変異)と変化への理解を深めていく。具体的には、既存のコーパスや方言地図、個人研究者がインターネットやフィールドワークを基に集めたデータをどのように分析し、結論に導くのか等を議論しながら理解を深めていく。同時に、社会言語学の研究で用いられる「apparent-time(見かけ上の時間)分析」や「real-time(経年)分析」、統計的手法、スタイルへの理解も深めていく。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場18号館 18号館メディアラボ2 Komaba Bldg. 18 Bldg. 18, Media Lab2
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M340-0232S
共生への実践と政策I
Practices and Policies toward Mutual Understanding I
松本 和子
MATSUMOTO Kazuko
S1S2 火曜5限
Tue 5th
はじめて学ぶ社会言語学:ことばのバリエーションを考える

本演習では、主に共時的な視点から言語のヴァリエーション(変異)と変化への理解を深めていく。具体的には、既存のコーパスや方言地図、個人研究者がインターネットやフィールドワークを基に集めたデータをどのように分析し、結論に導くのか等を議論しながら理解を深めていく。同時に、社会言語学の研究で用いられる「apparent-time(見かけ上の時間)分析」や「real-time(経年)分析」、統計的手法、スタイルへの理解も深めていく。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場18号館 18号館メディアラボ2 Komaba Bldg. 18 Bldg. 18, Media Lab2
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D200-0620A
異文化コミュニケーション論II
Crosscultual Communication II
松本 和子
MATSUMOTO Kazuko
A1A2 水曜5限
Wed 5th
社会言語学文献・論文購読

本演習では、社会言語学の中でもとりわけ「contact-induced language change(接触によって引き起こされた言語変化)」に関する研究の理解を深めていくこととする。履修者は、理論的枠組みを踏まえた議論や発表が求められているため、一定の知識を有していることを履修条件とする。後期課程で開講されている「ことばと社会:社会言語学入門」や「言語の変異・変化I:共時的変異と変化」などを事前に履修されたい。詳細については開講時に説明するとともに、履修者とも相談の上、決めていくこととする。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場18号館 18号館メディアラボ2 Komaba Bldg. 18 Bldg. 18, Media Lab2
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M200-0620A
異文化コミュニケーション論II
Crosscultual Communication II
松本 和子
MATSUMOTO Kazuko
A1A2 水曜5限
Wed 5th
社会言語学文献・論文購読

本演習では、社会言語学の中でもとりわけ「contact-induced language change(接触によって引き起こされた言語変化)」に関する研究の理解を深めていくこととする。履修者は、理論的枠組みを踏まえた議論や発表が求められているため、一定の知識を有していることを履修条件とする。後期課程で開講されている「ことばと社会:社会言語学入門」や「言語の変異・変化I:共時的変異と変化」などを事前に履修されたい。詳細については開講時に説明するとともに、履修者とも相談の上、決めていくこととする。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場18号館 18号館メディアラボ2 Komaba Bldg. 18 Bldg. 18, Media Lab2
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D200-0620S
異文化コミュニケーション論II
Crosscultual Communication II
松本 和子
MATSUMOTO Kazuko
S1S2 火曜5限
Tue 5th
はじめて学ぶ社会言語学:ことばのバリエーションを考える

本演習では、主に共時的な視点から言語のヴァリエーション(変異)と変化への理解を深めていく。具体的には、既存のコーパスや方言地図、個人研究者がインターネットやフィールドワークを基に集めたデータをどのように分析し、結論に導くのか等を議論しながら理解を深めていく。同時に、社会言語学の研究で用いられる「apparent-time(見かけ上の時間)分析」や「real-time(経年)分析」、統計的手法、スタイルへの理解も深めていく。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場18号館 18号館メディアラボ2 Komaba Bldg. 18 Bldg. 18, Media Lab2
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D200-1542A
言語情報科学特殊研究I
Special Research: Language and Information Sciences I
松本 和子
MATSUMOTO Kazuko
A1A2 火曜5限
Tue 5th
社会言語学入門

本演習では、社会とことばとの密接な関係への理解を深めていくことを目指す。具体的には、基礎知識習得のため、社会言語学の入門書を基本書として輪読しながら、言語変異と変化、スタイル、言語意識、言語選択、社会階級、社会的ネットワーク、実践共同体、ジェンダー、言語接触などに関する代表的な研究論文や基本的な議論に考察を加えていく予定である。受講者は必ずしも社会言語学に関する事前知識を必要としないが、「ことば」に興味と関心を抱いていることは講義の理解を深める上で役立つ。用いる文献は英書であるが、対象地域はアジアやヨーロッパなど、世界各地に存在する多言語社会、多方言社会に及ぶものであり、英語圏に限定されない。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-113 Komaba Bldg.8 Room 8-113
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M200-0620S
異文化コミュニケーション論II
Crosscultual Communication II
松本 和子
MATSUMOTO Kazuko
S1S2 火曜5限
Tue 5th
はじめて学ぶ社会言語学:ことばのバリエーションを考える

本演習では、主に共時的な視点から言語のヴァリエーション(変異)と変化への理解を深めていく。具体的には、既存のコーパスや方言地図、個人研究者がインターネットやフィールドワークを基に集めたデータをどのように分析し、結論に導くのか等を議論しながら理解を深めていく。同時に、社会言語学の研究で用いられる「apparent-time(見かけ上の時間)分析」や「real-time(経年)分析」、統計的手法、スタイルへの理解も深めていく。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場18号館 18号館メディアラボ2 Komaba Bldg. 18 Bldg. 18, Media Lab2
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M200-1542A
言語情報科学特殊研究I
Special Research: Language and Information Sciences I
松本 和子
MATSUMOTO Kazuko
A1A2 火曜5限
Tue 5th
社会言語学入門

本演習では、社会とことばとの密接な関係への理解を深めていくことを目指す。具体的には、基礎知識習得のため、社会言語学の入門書を基本書として輪読しながら、言語変異と変化、スタイル、言語意識、言語選択、社会階級、社会的ネットワーク、実践共同体、ジェンダー、言語接触などに関する代表的な研究論文や基本的な議論に考察を加えていく予定である。受講者は必ずしも社会言語学に関する事前知識を必要としないが、「ことば」に興味と関心を抱いていることは講義の理解を深める上で役立つ。用いる文献は英書であるが、対象地域はアジアやヨーロッパなど、世界各地に存在する多言語社会、多方言社会に及ぶものであり、英語圏に限定されない。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-113 Komaba Bldg.8 Room 8-113
講義使用言語 Language:日本語 Japanese

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 169 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Facebookアカウントを使ってログイン
Sign in with Facebook account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account