ホーム > 大学院版 > 検索結果

Home > Graduate > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
31D230-1210A
国際社会科学特殊研究V
Specific Course: International Studies V
古城 佳子
KOJO Yoshiko
A1A2 月曜2限 火曜4限
Mon 2nd Tue 4th

開講時に指示する

単位 Credit:4
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-110 Komaba Bldg.8 Room 8-110
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M230-1210A
国際社会科学特殊研究V
Specific Course: International Studies V
古城 佳子
KOJO Yoshiko
A1A2 月曜2限 火曜4限
Mon 2nd Tue 4th

開講時に指示する

単位 Credit:4
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-110 Komaba Bldg.8 Room 8-110
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D290-0361A
人間の安全保障演習IX
Seminar on Human Security IX
古城 佳子
KOJO Yoshiko
A1A2 月曜4限
Mon 4th
国際政治

国際政治の概説的な講義を行う。現実の国際政治を解説・論評することを主旨とする授業ではないが、履修することにより、現実の国際政治をよりよく理解し、課題を発見し追究する基盤的能力を養うことを目指している。なお、この授業は総合社会科学科国際関係論分科の学生にとっては必修科目であるが、国際政治について学習を深めたい院生は講義を履修することができる。

単位 Credit:4
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-210 Komaba Bldg.8 Room 8-210
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M290-0361A
人間の安全保障演習IX
Seminar on Human Security IX
古城 佳子
KOJO Yoshiko
A1A2 月曜4限
Mon 4th
国際政治

国際政治の概説的な講義を行う。現実の国際政治を解説・論評することを主旨とする授業ではないが、履修することにより、現実の国際政治をよりよく理解し、課題を発見し追究する基盤的能力を養うことを目指している。なお、この授業は総合社会科学科国際関係論分科の学生にとっては必修科目であるが、国際政治について学習を深めたい院生は講義を履修することができる。

単位 Credit:4
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-210 Komaba Bldg.8 Room 8-210
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D230-0341A
国際政治経済論II
International Political Economy II
古城 佳子
KOJO Yoshiko
A1A2 金曜2限
Fri 2nd
国際経済の変容と国際政治

国際政治経済論は国際政治学の一分野であり、国際政治における課題を研究する分野として発展してきた。従って、国際政治学における理論的な課題との関係を念頭においた分析の視角を持つことが重要である。現実の国際政治経済は、国家と市場の比喩で表されるように政治と経済との関連だけでなく、国家の政策決定は、国際的要素ばかりではなく国内的要素にも影響を受けることは言うまでもない。国際関係における経済交流の増大は国際政治をどのように変容させているのかという問いに答えるには、国内的要因の考察が欠かせない。近年、国際政治学では、これらの2つの分析レベルをどのように結びつけるのか、という点に焦点をあてた研究が盛んに行われている。本演習では、これらの研究を検討することによって、2つの分析レベルの関連についての問題を考える。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-210 Komaba Bldg.8 Room 8-210
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D230-0461S
国際関係論実験実習I
Experimental Studies: International Relations I
古城 佳子
KOJO Yoshiko
S1S2 火曜3限
Tue 3rd
国際制度の政治経済学

国際制度は様々な問題領域で増加しており、現在の国際関係においてほとんどの問題領域で国際制度は、なんらかの形で(明示的なルールから暗黙の規範まで)存在している。現状では、国際組織がグローバル・ガバナンスに欠かせない行為主体(アクター)と評価される一方、グローバルな国際組織(WTO、IMF、国連)への批判があるようにその実効性に懐疑的な見方もある。国際制度論への理解を深めることを目的としている。  本授業は演習であり、参加者が指定文献を読むのは大前提。報告担当者が論点を整理し、参加者はそれについての討論に知的貢献を行うことが求められる。本授業の目標は、演習への知的貢献を行うことによって、国際制度論についての政治経済学的なアプローチを修得することである。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場2号館 303室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M230-0341A
国際政治経済論II
International Political Economy II
古城 佳子
KOJO Yoshiko
A1A2 金曜2限
Fri 2nd
国際経済の変容と国際政治

国際政治経済論は国際政治学の一分野であり、国際政治における課題を研究する分野として発展してきた。従って、国際政治学における理論的な課題との関係を念頭においた分析の視角を持つことが重要である。現実の国際政治経済は、国家と市場の比喩で表されるように政治と経済との関連だけでなく、国家の政策決定は、国際的要素ばかりではなく国内的要素にも影響を受けることは言うまでもない。国際関係における経済交流の増大は国際政治をどのように変容させているのかという問いに答えるには、国内的要因の考察が欠かせない。近年、国際政治学では、これらの2つの分析レベルをどのように結びつけるのか、という点に焦点をあてた研究が盛んに行われている。本演習では、これらの研究を検討することによって、2つの分析レベルの関連についての問題を考える。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-210 Komaba Bldg.8 Room 8-210
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M230-0461S
国際関係論実験実習I
Experimental Studies: International Relations I
古城 佳子
KOJO Yoshiko
S1S2 火曜3限
Tue 3rd
国際制度の政治経済学

国際制度は様々な問題領域で増加しており、現在の国際関係においてほとんどの問題領域で国際制度は、なんらかの形で(明示的なルールから暗黙の規範まで)存在している。現状では、国際組織がグローバル・ガバナンスに欠かせない行為主体(アクター)と評価される一方、グローバルな国際組織(WTO、IMF、国連)への批判があるようにその実効性に懐疑的な見方もある。国際制度論への理解を深めることを目的としている。  本授業は演習であり、参加者が指定文献を読むのは大前提。報告担当者が論点を整理し、参加者はそれについての討論に知的貢献を行うことが求められる。本授業の目標は、演習への知的貢献を行うことによって、国際制度論についての政治経済学的なアプローチを修得することである。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場2号館 303室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
45901-98
統計財務保険特論VIII
Statistics Finance Actuary VIII
青沼 君明
Kimiaki Aonuma
A1A2 水曜2限
Wed 2nd
リスク評価とビジネス・モデルの構築(基礎)

企業経営では、不確実性(リスク)の評価が不可欠である。この授業では、こうした不確実性の評価に不可欠となる、金融統計や数理ファイナンスの基礎とツールとして実装するためのプログラミング手法について解説する。その上で、それらをコントロールための金融商品やビジネス評価モデルの構築について学ぶ。Excelを使ってモデル開発、評価ツール開発の演習を行うことで、理論を実践するプロセスについても学ぶ。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
45901-99
統計財務保険特論IX
Statistics Finance Actuary IX
青沼 君明
Kimiaki Aonuma
S1S2 水曜2限
Wed 2nd
リスク評価とビジネス・モデルの構築(応用)

企業経営では、収益とコストのバランスだけでなく、リスクのコントロールが重要である。もっと積極的な言い方をすれば、企業は何らかのリスクを取ることで、ビジネス機会を得ている。リスクは、利益やコストの不確実性であるが、これを計量化しない限りビジネス上の判断はできない。本講義では、リスクなどを計量化するためのモデルの概念を学び、モデル構築と評価、さらにはそれらを用いたリスクコントロールの具体的な方法、それを実用化するためのプロセスなどを学ぶ。理論の導出よりも理論の利用法・応用を重視し、その理論を実務で適用する具体的な手順などについて解説する。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
講義使用言語 Language:日本語 Japanese

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 106 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Facebookアカウントを使ってログイン
Sign in with Facebook account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account