ホーム > 大学院版 > 検索結果

Home > Graduate > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
31D220-0992A
アジア太平洋地域文化演習I
Asian and Pacific Area Studies: Seminar I
阿古 智子
AKO Tomoko
A1A2 水曜4限
Wed 4th
中国の市民社会と民主化の行方

 国民の政治参加を厳しく制御し、言論の自由も保障していない中国のような非民主国家においても、経済的・社会的に幅広く普及しているインターネットを完全に封鎖することは不可能であり、ソーシャルメディアが形成する世論が大きな力を持つようになった。世論に監視される政治家や官僚は、民意を汲む努力を重ねる。あるいは、そう努力している姿を見せようとする。しかし、格差が拡大する中、民意は社会階層によって著しく分断されている。  「民主」には立憲主義的側面とポピュリズム的側面があると言われるが 、前者が大幅に欠落する中国の「人民民主」は、権力者の暴走を阻止する力が弱い。だが、民主国家においても、権力の腐敗や濫用を完全に防止することは不可能だ。大規模な商業資本や大手メディアが政治権力と結びつく可能性は常に存在しているし、ビッグデータ時代に入り、プライバシーの侵害などの危険性も高まっている。国際情勢が不安定になる中で、諜報活動や情報戦が激化し、テロの脅威などを理由に、国の安全が国民の権利に優先されるケースも増えていくだろう。その上、一般市民の間でも、匿名性が高いサイバー空間で言葉の暴力を許容する傾向が強まっており、本来、公権力によって裁かれるべき問題が私的に制裁され、「ネットいじめ」や「サイバーリンチ」と呼ばれる現象が広がっている。  本演習では、このようなメディアや社会の変容を視野に入れながら、教員より中国の市民社会と民主化の行方に関連する問題提起を行い、学生はそれぞれの研究の関心に従って文献購読や研究発表を行う。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-422 Komaba Bldg.8 Room 8-422
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D220-0992S
アジア太平洋地域文化演習I
Asian and Pacific Area Studies: Seminar I
阿古 智子
AKO Tomoko
S1S2 水曜4限
Wed 4th
中国の市民社会と民主化の行方

 国民の政治参加を厳しく制御し、言論の自由も保障していない中国のような非民主国家においても、経済的・社会的に幅広く普及しているインターネットを完全に封鎖することは不可能であり、ソーシャルメディアが形成する世論が大きな力を持つようになった。世論に監視される政治家や官僚は、民意を汲む努力を重ねる。あるいは、そう努力している姿を見せようとする。しかし、格差が拡大する中、民意は社会階層によって著しく分断されている。  「民主」には立憲主義的側面とポピュリズム的側面があると言われるが 、前者が大幅に欠落する中国の「人民民主」は、権力者の暴走を阻止する力が弱い。だが、民主国家においても、権力の腐敗や濫用を完全に防止することは不可能だ。大規模な商業資本や大手メディアが政治権力と結びつく可能性は常に存在しているし、ビッグデータ時代に入り、プライバシーの侵害などの危険性も高まっている。国際情勢が不安定になる中で、諜報活動や情報戦が激化し、テロの脅威などを理由に、国の安全が国民の権利に優先されるケースも増えていくだろう。その上、一般市民の間でも、匿名性が高いサイバー空間で言葉の暴力を許容する傾向が強まっており、本来、公権力によって裁かれるべき問題が私的に制裁され、「ネットいじめ」や「サイバーリンチ」と呼ばれる現象が広がっている。  本演習では、このようなメディアや社会の変容を視野に入れながら、教員より中国の市民社会と民主化の行方に関連する問題提起を行い、学生はそれぞれの研究の関心に従って文献購読や研究発表を行う。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-420 Komaba Bldg.8 Room 8-420
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D230-0970S
比較社会論I
Comparative Society I
阿古 智子
AKO Tomoko
S1S2 水曜4限
Wed 4th
中国の市民社会と民主化の行方

 国民の政治参加を厳しく制御し、言論の自由も保障していない中国のような非民主国家においても、経済的・社会的に幅広く普及しているインターネットを完全に封鎖することは不可能であり、ソーシャルメディアが形成する世論が大きな力を持つようになった。世論に監視される政治家や官僚は、民意を汲む努力を重ねる。あるいは、そう努力している姿を見せようとする。しかし、格差が拡大する中、民意は社会階層によって著しく分断されている。  「民主」には立憲主義的側面とポピュリズム的側面があると言われるが 、前者が大幅に欠落する中国の「人民民主」は、権力者の暴走を阻止する力が弱い。だが、民主国家においても、権力の腐敗や濫用を完全に防止することは不可能だ。大規模な商業資本や大手メディアが政治権力と結びつく可能性は常に存在しているし、ビッグデータ時代に入り、プライバシーの侵害などの危険性も高まっている。国際情勢が不安定になる中で、諜報活動や情報戦が激化し、テロの脅威などを理由に、国の安全が国民の権利に優先されるケースも増えていくだろう。その上、一般市民の間でも、匿名性が高いサイバー空間で言葉の暴力を許容する傾向が強まっており、本来、公権力によって裁かれるべき問題が私的に制裁され、「ネットいじめ」や「サイバーリンチ」と呼ばれる現象が広がっている。  本演習では、このようなメディアや社会の変容を視野に入れながら、教員より中国の市民社会と民主化の行方に関連する問題提起を行い、学生はそれぞれの研究の関心に従って文献購読や研究発表を行う。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-420 Komaba Bldg.8 Room 8-420
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D230-1021A
相関社会科学演習II
Seminar: Interdisciplinary Studies in Social Sciences II
阿古 智子
AKO Tomoko
A1A2 水曜4限
Wed 4th
中国の市民社会と民主化の行方

 国民の政治参加を厳しく制御し、言論の自由も保障していない中国のような非民主国家においても、経済的・社会的に幅広く普及しているインターネットを完全に封鎖することは不可能であり、ソーシャルメディアが形成する世論が大きな力を持つようになった。世論に監視される政治家や官僚は、民意を汲む努力を重ねる。あるいは、そう努力している姿を見せようとする。しかし、格差が拡大する中、民意は社会階層によって著しく分断されている。  「民主」には立憲主義的側面とポピュリズム的側面があると言われるが 、前者が大幅に欠落する中国の「人民民主」は、権力者の暴走を阻止する力が弱い。だが、民主国家においても、権力の腐敗や濫用を完全に防止することは不可能だ。大規模な商業資本や大手メディアが政治権力と結びつく可能性は常に存在しているし、ビッグデータ時代に入り、プライバシーの侵害などの危険性も高まっている。国際情勢が不安定になる中で、諜報活動や情報戦が激化し、テロの脅威などを理由に、国の安全が国民の権利に優先されるケースも増えていくだろう。その上、一般市民の間でも、匿名性が高いサイバー空間で言葉の暴力を許容する傾向が強まっており、本来、公権力によって裁かれるべき問題が私的に制裁され、「ネットいじめ」や「サイバーリンチ」と呼ばれる現象が広がっている。  本演習では、このようなメディアや社会の変容を視野に入れながら、教員より中国の市民社会と民主化の行方に関連する問題提起を行い、学生はそれぞれの研究の関心に従って文献購読や研究発表を行う。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-422 Komaba Bldg.8 Room 8-422
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M220-0992A
アジア太平洋地域文化演習I
Asian and Pacific Area Studies: Seminar I
阿古 智子
AKO Tomoko
A1A2 水曜4限
Wed 4th
中国の市民社会と民主化の行方

 国民の政治参加を厳しく制御し、言論の自由も保障していない中国のような非民主国家においても、経済的・社会的に幅広く普及しているインターネットを完全に封鎖することは不可能であり、ソーシャルメディアが形成する世論が大きな力を持つようになった。世論に監視される政治家や官僚は、民意を汲む努力を重ねる。あるいは、そう努力している姿を見せようとする。しかし、格差が拡大する中、民意は社会階層によって著しく分断されている。  「民主」には立憲主義的側面とポピュリズム的側面があると言われるが 、前者が大幅に欠落する中国の「人民民主」は、権力者の暴走を阻止する力が弱い。だが、民主国家においても、権力の腐敗や濫用を完全に防止することは不可能だ。大規模な商業資本や大手メディアが政治権力と結びつく可能性は常に存在しているし、ビッグデータ時代に入り、プライバシーの侵害などの危険性も高まっている。国際情勢が不安定になる中で、諜報活動や情報戦が激化し、テロの脅威などを理由に、国の安全が国民の権利に優先されるケースも増えていくだろう。その上、一般市民の間でも、匿名性が高いサイバー空間で言葉の暴力を許容する傾向が強まっており、本来、公権力によって裁かれるべき問題が私的に制裁され、「ネットいじめ」や「サイバーリンチ」と呼ばれる現象が広がっている。  本演習では、このようなメディアや社会の変容を視野に入れながら、教員より中国の市民社会と民主化の行方に関連する問題提起を行い、学生はそれぞれの研究の関心に従って文献購読や研究発表を行う。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-422 Komaba Bldg.8 Room 8-422
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M220-0992S
アジア太平洋地域文化演習I
Asian and Pacific Area Studies: Seminar I
阿古 智子
AKO Tomoko
S1S2 水曜4限
Wed 4th
中国の市民社会と民主化の行方

 国民の政治参加を厳しく制御し、言論の自由も保障していない中国のような非民主国家においても、経済的・社会的に幅広く普及しているインターネットを完全に封鎖することは不可能であり、ソーシャルメディアが形成する世論が大きな力を持つようになった。世論に監視される政治家や官僚は、民意を汲む努力を重ねる。あるいは、そう努力している姿を見せようとする。しかし、格差が拡大する中、民意は社会階層によって著しく分断されている。  「民主」には立憲主義的側面とポピュリズム的側面があると言われるが 、前者が大幅に欠落する中国の「人民民主」は、権力者の暴走を阻止する力が弱い。だが、民主国家においても、権力の腐敗や濫用を完全に防止することは不可能だ。大規模な商業資本や大手メディアが政治権力と結びつく可能性は常に存在しているし、ビッグデータ時代に入り、プライバシーの侵害などの危険性も高まっている。国際情勢が不安定になる中で、諜報活動や情報戦が激化し、テロの脅威などを理由に、国の安全が国民の権利に優先されるケースも増えていくだろう。その上、一般市民の間でも、匿名性が高いサイバー空間で言葉の暴力を許容する傾向が強まっており、本来、公権力によって裁かれるべき問題が私的に制裁され、「ネットいじめ」や「サイバーリンチ」と呼ばれる現象が広がっている。  本演習では、このようなメディアや社会の変容を視野に入れながら、教員より中国の市民社会と民主化の行方に関連する問題提起を行い、学生はそれぞれの研究の関心に従って文献購読や研究発表を行う。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-420 Komaba Bldg.8 Room 8-420
講義使用言語 Language:中国語 Others
31M230-0970S
比較社会論I
Comparative Society I
阿古 智子
AKO Tomoko
S1S2 水曜4限
Wed 4th
中国の市民社会と民主化の行方

 国民の政治参加を厳しく制御し、言論の自由も保障していない中国のような非民主国家においても、経済的・社会的に幅広く普及しているインターネットを完全に封鎖することは不可能であり、ソーシャルメディアが形成する世論が大きな力を持つようになった。世論に監視される政治家や官僚は、民意を汲む努力を重ねる。あるいは、そう努力している姿を見せようとする。しかし、格差が拡大する中、民意は社会階層によって著しく分断されている。  「民主」には立憲主義的側面とポピュリズム的側面があると言われるが 、前者が大幅に欠落する中国の「人民民主」は、権力者の暴走を阻止する力が弱い。だが、民主国家においても、権力の腐敗や濫用を完全に防止することは不可能だ。大規模な商業資本や大手メディアが政治権力と結びつく可能性は常に存在しているし、ビッグデータ時代に入り、プライバシーの侵害などの危険性も高まっている。国際情勢が不安定になる中で、諜報活動や情報戦が激化し、テロの脅威などを理由に、国の安全が国民の権利に優先されるケースも増えていくだろう。その上、一般市民の間でも、匿名性が高いサイバー空間で言葉の暴力を許容する傾向が強まっており、本来、公権力によって裁かれるべき問題が私的に制裁され、「ネットいじめ」や「サイバーリンチ」と呼ばれる現象が広がっている。  本演習では、このようなメディアや社会の変容を視野に入れながら、教員より中国の市民社会と民主化の行方に関連する問題提起を行い、学生はそれぞれの研究の関心に従って文献購読や研究発表を行う。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-420 Komaba Bldg.8 Room 8-420
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M230-1021A
相関社会科学演習II
Seminar: Interdisciplinary Studies in Social Sciences II
阿古 智子
AKO Tomoko
A1A2 水曜4限
Wed 4th
中国の市民社会と民主化の行方

 国民の政治参加を厳しく制御し、言論の自由も保障していない中国のような非民主国家においても、経済的・社会的に幅広く普及しているインターネットを完全に封鎖することは不可能であり、ソーシャルメディアが形成する世論が大きな力を持つようになった。世論に監視される政治家や官僚は、民意を汲む努力を重ねる。あるいは、そう努力している姿を見せようとする。しかし、格差が拡大する中、民意は社会階層によって著しく分断されている。  「民主」には立憲主義的側面とポピュリズム的側面があると言われるが 、前者が大幅に欠落する中国の「人民民主」は、権力者の暴走を阻止する力が弱い。だが、民主国家においても、権力の腐敗や濫用を完全に防止することは不可能だ。大規模な商業資本や大手メディアが政治権力と結びつく可能性は常に存在しているし、ビッグデータ時代に入り、プライバシーの侵害などの危険性も高まっている。国際情勢が不安定になる中で、諜報活動や情報戦が激化し、テロの脅威などを理由に、国の安全が国民の権利に優先されるケースも増えていくだろう。その上、一般市民の間でも、匿名性が高いサイバー空間で言葉の暴力を許容する傾向が強まっており、本来、公権力によって裁かれるべき問題が私的に制裁され、「ネットいじめ」や「サイバーリンチ」と呼ばれる現象が広がっている。  本演習では、このようなメディアや社会の変容を視野に入れながら、教員より中国の市民社会と民主化の行方に関連する問題提起を行い、学生はそれぞれの研究の関心に従って文献購読や研究発表を行う。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-422 Komaba Bldg.8 Room 8-422
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D230-1140A
横断型 University-wide 共通 Common
国際社会科学特別講義IV
Specific Lecture: International Studies IV
川島 真
KAWASHIMA Shin
A1A2 木曜5限
Thu 5th
書き直される中国近現代史(その11)

 この講義は、2018年度で第11回目を迎える。第一年度(2008度)は人物評価を、第二年度(2009年度)は事件・運動を,第三年度(2010年度)はローカルな空間や社会集団を基軸に講義を組み立て,第四年度(2011年度)は史料・資料に焦点を当て、第五年度(2012年度)は主に若手研究者をゲストに招き、その視線から見た新しい研究動向を扱い、第六年度(2013年度)は昨今進展著しい戦後東アジア国際政治史、東アジア冷戦史について、第七年度は日中戦争史について多様な角度から検討し、第八年度は「中国史の境界線−異質・多元・包摂−」として中国史の多様な語り方を考察し、第九回は「現代中国理解講座:現代中国への視線−歴史の視座と多様性−」として、政治、法律、行政、外交、経済、社会、思想文化などの多様な面から現代中国を論じ、第十回は「近現代日中関係史:歴史・記憶・展望」として、多様な近現代日中関係史に対する新たな研究についての講義をおこなった。これらの内容は、東京大学現代中国研究拠点(社会科学研究所)ウェブサイトに掲載されている(http://web.iss.u-tokyo.ac.jp/kyoten/)。  今年は第十一回目にあたるが、「近現代中国の秩序観:国家・社会・経済・国際関係」として、これからの中国が構築していくであろう様々な場や分野での秩序について歴史的に考察する。  授業はさまざまな世代の第一線の研究者によるオムニバス講義とする。  授業時間は木曜日5限、評価は出席と学期末のレポートによる。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-210 Komaba Bldg.8 Room 8-210
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M230-1140A
横断型 University-wide 共通 Common
国際社会科学特別講義IV
Specific Lecture: International Studies IV
川島 真
KAWASHIMA Shin
A1A2 木曜5限
Thu 5th
書き直される中国近現代史(その11)

 この講義は、2018年度で第11回目を迎える。第一年度(2008度)は人物評価を、第二年度(2009年度)は事件・運動を,第三年度(2010年度)はローカルな空間や社会集団を基軸に講義を組み立て,第四年度(2011年度)は史料・資料に焦点を当て、第五年度(2012年度)は主に若手研究者をゲストに招き、その視線から見た新しい研究動向を扱い、第六年度(2013年度)は昨今進展著しい戦後東アジア国際政治史、東アジア冷戦史について、第七年度は日中戦争史について多様な角度から検討し、第八年度は「中国史の境界線−異質・多元・包摂−」として中国史の多様な語り方を考察し、第九回は「現代中国理解講座:現代中国への視線−歴史の視座と多様性−」として、政治、法律、行政、外交、経済、社会、思想文化などの多様な面から現代中国を論じ、第十回は「近現代日中関係史:歴史・記憶・展望」として、多様な近現代日中関係史に対する新たな研究についての講義をおこなった。これらの内容は、東京大学現代中国研究拠点(社会科学研究所)ウェブサイトに掲載されている(http://web.iss.u-tokyo.ac.jp/kyoten/)。  今年は第十一回目にあたるが、「近現代中国の秩序観:国家・社会・経済・国際関係」として、これからの中国が構築していくであろう様々な場や分野での秩序について歴史的に考察する。  授業はさまざまな世代の第一線の研究者によるオムニバス講義とする。  授業時間は木曜日5限、評価は出席と学期末のレポートによる。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-210 Komaba Bldg.8 Room 8-210
講義使用言語 Language:日本語 Japanese

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 19 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account