ホーム > 大学院版 > 検索結果

Home > Graduate > Search Ressults

Codesort Course Titlesort Lecturersort Semestersort Week/Periodsort
31D230-0150A
国際協力論実験実習I
Experimental Studies: International Cooperation I
遠藤 貢
ENDO Mitsugi
A1A2 未定
To Be Arranged 
アフリカにおける紛争再考

アフリカでは今日に至るまで様々な紛争を経験してきた。しかし、理論や実証両面において十分に考慮された体系的な研究は十分に行われているとはいいがたいところもある。そこで、アフリカにとどまらず紛争研究に新たな知見を提供していると評価されている新しい著作を検討することで、新たな知見を得、今後の研究に行かすことを試みたい。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 未定 To Be Arranged
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M230-0150A
国際協力論実験実習I
Experimental Studies: International Cooperation I
遠藤 貢
ENDO Mitsugi
A1A2 未定
To Be Arranged 
アフリカにおける紛争再考

アフリカでは今日に至るまで様々な紛争を経験してきた。しかし、理論や実証両面において十分に考慮された体系的な研究は十分に行われているとはいいがたいところもある。そこで、アフリカにとどまらず紛争研究に新たな知見を提供していると評価されている新しい著作を検討することで、新たな知見を得、今後の研究に行かすことを試みたい。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 未定 To Be Arranged
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D220-0152A
多元世界解析演習III
Multi-dimensional Analysis of the World Structure: Seminar III
遠藤 貢
ENDO Mitsugi
A1A2 未定
To Be Arranged 
アフリカにおける紛争再考

アフリカでは今日に至るまで様々な紛争を経験してきた。しかし、理論や実証両面において十分に考慮された体系的な研究は十分に行われているとはいいがたいところもある。そこで、アフリカにとどまらず紛争研究に新たな知見を提供していると評価されている新しい著作を検討することで、新たな知見を得、今後の研究に行かすことを試みたい。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 未定 To Be Arranged
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D220-0152S
多元世界解析演習III
Multi-dimensional Analysis of the World Structure: Seminar III
遠藤 貢
ENDO Mitsugi
S1S2 火曜4限
Tue 4th
介入をめぐる国際政治

現代の国際社会(あるいはグローバルな社会)のもとでは、従来の国家像の修正を迫るような様々な現象が生じている。特に「介入」をめぐる問題系はその一つであるそこで、今学期はMichael Barnett ed. Paternalism beyond Borders, Cambridge University Press, 2017に収録された論文を輪読する予定にしている。なお、適宜関連テーマの個人発表を希望する履修者には、その機会を提供することも相談の上で調整する。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場2号館 303室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D230-0032S
国際交流論I
International Exchange I
遠藤 貢
ENDO Mitsugi
S1S2 火曜4限
Tue 4th
介入をめぐる国際政治

現代の国際社会(あるいはグローバルな社会)のもとでは、従来の国家像の修正を迫るような様々な現象が生じている。特に「介入」をめぐる問題系はその一つであるそこで、今学期はMichael Barnett ed. Paternalism beyond Borders, Cambridge University Press, 2017に収録された論文を輪読する予定にしている。なお、適宜関連テーマの個人発表を希望する履修者には、その機会を提供することも相談の上で調整する。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場2号館 303室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D290-0040S
紛争と和解・共生II
Conflict Peace and Coexistence II
遠藤 貢
ENDO Mitsugi
S1S2 火曜3限
Tue 3rd
アフリカにおける平和維持活動の課題

1990年代以降、紛争の発生とも連関する複雑な現象が途上地域において発生してきた。こうした経験をした国家や社会の再構築は、国際社会を巻き込む形で行われているものの、決して容易な作業ではない。そこで、本演習では、紛争と和解・共生という問題を考えるための文献購読、ならびに議論を行い、紛争の諸相、紛争後の国家と社会の可能性を学問的な立場から検討を行うことをねらいとする。今年度は、アフリカにおける平和維持活動の諸側面を扱った以下の文献を輪読する予定。Cedric de Coning, Linnea Gelot and John Karlsrud eds. The Future of African Peace Operation: From the Janjaweed to Boko Haram, London: Zed, 2016. 関係のほかの論文の紹介も可とする予定。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場8号館 8-206 Komaba Bldg.8 Room 8-206
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31D290-0050A
平和プロセスと国際協力I
Peace Process and International Cooperation I
遠藤 貢
ENDO Mitsugi
A1A2 未定
To Be Arranged 
失敗国家概念の再考と国際協力の隘路

1990年代以降、紛争の発生とも連関する複雑な現象が途上地域において発生してきた。その過程で、「失敗国家」や「破綻国家」という概念が広く用いられ、こうした国々に対する外部介入が行われて来た。しかし、氏の成果は必ずしも芳しいものではない。本演習では、「失敗国家」や「破綻国家」として対象化された国家への介入や援助の諸課題について検討する。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 未定 To Be Arranged
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M220-0152A
多元世界解析演習III
Multi-dimensional Analysis of the World Structure: Seminar III
遠藤 貢
ENDO Mitsugi
A1A2 未定
To Be Arranged 
アフリカにおける紛争再考

アフリカでは今日に至るまで様々な紛争を経験してきた。しかし、理論や実証両面において十分に考慮された体系的な研究は十分に行われているとはいいがたいところもある。そこで、アフリカにとどまらず紛争研究に新たな知見を提供していると評価されている新しい著作を検討することで、新たな知見を得、今後の研究に行かすことを試みたい。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 未定 To Be Arranged
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M220-0152S
多元世界解析演習III
Multi-dimensional Analysis of the World Structure: Seminar III
遠藤 貢
ENDO Mitsugi
S1S2 火曜4限
Tue 4th
介入をめぐる国際政治

現代の国際社会(あるいはグローバルな社会)のもとでは、従来の国家像の修正を迫るような様々な現象が生じている。特に「介入」をめぐる問題系はその一つであるそこで、今学期はMichael Barnett ed. Paternalism beyond Borders, Cambridge University Press, 2017に収録された論文を輪読する予定にしている。なお、適宜関連テーマの個人発表を希望する履修者には、その機会を提供することも相談の上で調整する。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場2号館 303室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese
31M230-0032S
国際交流論I
International Exchange I
遠藤 貢
ENDO Mitsugi
S1S2 火曜4限
Tue 4th
介入をめぐる国際政治

現代の国際社会(あるいはグローバルな社会)のもとでは、従来の国家像の修正を迫るような様々な現象が生じている。特に「介入」をめぐる問題系はその一つであるそこで、今学期はMichael Barnett ed. Paternalism beyond Borders, Cambridge University Press, 2017に収録された論文を輪読する予定にしている。なお、適宜関連テーマの個人発表を希望する履修者には、その機会を提供することも相談の上で調整する。

単位 Credit:2
他学部 Other Faculty:可 YES
教室 Room: 駒場2号館 303室
講義使用言語 Language:日本語 Japanese

open allclose all

この結果をMIMA Searchで可視化する

1-10 / 46 Results

Pagetop

マイリストを使うと、自身が興味を持つ科目をチェックできます。 チェックした科目は随時マイリストを開くことにより確認できます。 マイリストを使うためにはログインをしてください。 You can store courses which you are interested in into My List. You can view them at any time by opening My List page. Please sign in in order to use mylist.

Googleアカウントを使ってログイン
Sign in with Google account
Facebookアカウントを使ってログイン
Sign in with Facebook account
Twitterアカウントを使ってログイン
Sign in with Twitter account